プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

聖闘士星矢Ω 第60話「鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!」

・聖闘士星矢Ω第60話の感想(のようなもの)です。


・って、もう60話ですかー。最近1クール、長くても2クールのアニメが多いので、この話数はなんだかとっても新鮮です。『トリコ』も見てるけど、最近録りだめてるような状態だから(^^;


・鋼鉄聖闘士たちの基地にたどり着いた光牙と昴。
しかし、そこは襲撃に遭った後で、もぬけの殻。更に、3級パラサイト・ハティ達の襲撃を受ける。

しかし、ハティは戦いの途中で何故か撤退。
そこに、昴の仲間である鋼鉄聖闘士のエルナが現れ、光牙達は現在の鋼鉄聖闘士達のキャンプに案内されます。

そこにいたのは無事だった鋼鉄聖闘士達と、その教師であるかつての青銅聖闘士、蛮と那智でした。
必要最低限の装備しか持ちだせなかった彼らは、戦力を保持する為にもパライストラへ向かうと言います。

蛮たちからパライストラへの同行を求められた光牙はそれを承知。しかし、先の戦いで鋼鉄聖衣を壊されてしまった昴は、聖衣を軽く見ている事を蛮に叱られ、その場を飛び出してしまいます。

そこで、エルナは昴が鋼鉄聖闘士の基地に着た時の事を話すのでした…。


・グレートティーチャー蛮(笑)&那智先生登場!!

彼らも檄同様、次代の育成に携わっていました。あの昴が蛮に対しては生意気ながらも縮こまっていた様子を見ると、それなりに頭の上がらない先生ってことなのかな?
彼らは聖衣を次代に託す事で戦いの第一線からは引く事になりましたが、先生になる事でアテナや世界の為に働いているようです。新たな子獅子座と狼座の活躍も同じ守護星座を持つ者として嬉しい様子(ただし、今の栄斗の現状を見ると那智は頭を抱える事になるかもしれない・笑)

かつての彼らの技「ライオネットボンバー」と「デッドハウリング」が見れたのは嬉しかったし、那智が昔のアニメで言ってた「パーフェクト!!」と言う台詞があったのが笑いを誘う(なんで言わせたんやー)


・今回昴の過去が少し明らかになりました。

ある嵐の日に鋼鉄聖闘士の基地の前に突如現れた昴。
しかし、自分の幼い頃の事はおろか、親の名前さえ記憶していない「記憶喪失」の状態でした。

冷静に考えるとそんな子供滅茶苦茶怪しい…んですが、それでも人よりも強い小宇宙を持っていたために、そのまま鋼鉄聖闘士の訓練生として受け入れられ、本人もただ強さを求めて修行を開始。
そして、12宮での戦いと神殺しの光牙の話を聞いて基地を飛び出してしまったらしいのです…。

果たして昴は何者なのか?
って、シャイナは昴の中に怪しい光を見てるところを見ると、敵側に近い存在のような気がしますが…。


・今回鋼鉄聖闘士でも強い小宇宙を持ち、守護星座が判明すれば通常の聖衣を纏う聖闘士になる可能性もあることが判りました。
昴は鋼鉄聖闘士の中でも誰よりも強い小宇宙を持ち、聖闘士になる可能性のある人間らしいのですが、それでは彼が守護星座を得るとしたらはなんなんでしょう?

今回昴が使った技「プレアデス・インパクト」という名称を考えると、昴の元にある星の守護はその名の示す通り「昴星」であり、そうなると守護星座は「牡牛座」ということになるけど、現状牡牛座はハービンジャーがいるし、いきなりハービンジャーが退場して彼がその聖衣を引き継ぐというのも何となく違和感がある。

あるいはこのまま星座の守護とか関係なく一人のプライドある「鋼鉄聖闘士」として、光牙達と共に戦う展開はあるかもしれない。…聖闘士の意味が無くなるような気もしないでもないけど(^^;


・今回まさかエルナが死んでしまうとは思ってませんでした。
一期でも亡くなったキャラクターはいましたが、まだほんの子供に見えたエルナが助からなかった事に何となく衝撃を受けてしまいました。


・それまで鋼鉄聖衣は、替えのきく防具のような感覚だったし、自分が強ければ仲間など必要ない、同輩の鋼鉄聖闘士でさえ共に戦う仲間だと感じていなかった昴は「友」を失う事で初めて大切な事に気が付きます。

彼はまた一つ成長したのですが、それはあまりにも苦い体験でしたね…。


・二期は、戦いの行方は勿論のこと、昴の抱える謎の解明とともに、彼がいかにして本物の「聖闘士」(これは本物の聖衣を纏う纏わないに関わらず)へと至るかがこれから描かれるストーリーの重要点のように感じてします。

光牙の活躍も気になりますが、昴はいかにも少年漫画らしいキャラクターだけに、今後の成長が楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ: 聖闘士星矢
ジャンル: アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: