desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第48話「友よ集え!光牙のみなぎる小宇宙!」 

・聖闘士星矢Ω第48話の感想(のようなもの)です。


・アモールによってギャラクシーメイルを埋め込まれてしまった光牙。
これで、闇の神が降臨すると歓喜するアモールだったが、予想に反し光牙には何も起きなかった。
むしろ、力をとり込んで圧倒的な力を見せつける光牙に、アモールはメディアが弟である自分さえも騙していた事に気が付く。怒るアモールは全てを抹殺するべく光牙に戦いを挑んだ。

一方、地上では貴鬼たち黄金聖闘士がユナ達を火星に送るべく、力を合わせていた。
そして戦いが激しさを増す中、光牙は遂に火星に囚われていた沙織を目撃する。


・あれだけ引っ張りに引っ張ったアモール戦があっさり決着…。

姉が何かを隠しているとちょっとは疑う所を見せていたにもかかわらず、本格的に騙されていたと知ると狂乱。
姉の子であるエデンと、姉の野望の大本である光牙を葬り去ろうとします。

しかし、ギャラクシーメイルを埋め込まれても一見何ともなさそうに見えた光牙でしたがそれは、その平静は危ないバランスで保たれていたものでした。

戦いの場が移り、光牙が囚われた沙織を目にして彼女を求めた瞬間、光牙を再びの悪夢が襲います。
それはかつてアリアを亡くした時の再現。勿論、大樹に囚われている沙織本人が刺し貫かれたわけではありませんでしたが、光牙の心を揺さぶるには充分な光景でした。

心を揺さぶられ、光の小宇宙を保てなくなった光牙は体内に持つ闇を抑えきれなくなり、光牙としての自我は消し飛び、その体の支配権は闇の神「アプス」へと移行。
その力は、あれほど強かった闇をとり込んだ光牙とも比べ物にならないほどの物。あれほど聖闘士たちを翻弄したアモールも一撃で倒されてしまうのでした…。


・アモールのキャラクターを考えるともうちょっと悪あがきして欲しいぐらいだったんですが(それでも、最初の方の姉の裏切りに気付いて焦りながらも表面上は何ともなさそうに見せようとした所は流石だったけど)、何の覚悟も無く神に対峙すれば人間こんなもんかもしれない…と、思わんでも無い(なんのこっちゃ)。

でも、アモールが結構いいキャラだったので、光牙に腹パン一撃でやられるという結末は寂しいような気がします。

あれほど人の心を弄んだアモール自身が、自分絡みの事だと案外弱かったというのが、何とも言えないものがあります。


・アモールよりも上手の姉上、メディア様…。
途中から、弟の事も手駒にしてるんだな~とは思ってはいましたが…酷い。

上に立つ人間は少ない方が良いと言ってましたけど、理性が感じられず混沌とした雰囲気のアプスの下で新しい世界なんてあるんですかね??甚だ疑問。
結局メディアの求めるものって何なの?

そして驚きなのがその上に立つ人間の中にエデンが未だに含まれていた事。
ここまで来ると息子も手駒だったと思ってただけに意外でした。

…次回で結局戦う事にはなりそうですが。


・もっと活躍するのかしらと思ってた黄金聖闘士達の活躍はユナ達を火星に送り、地上の崩壊を出来るだけ遅らせる事にとどまりました。

黄金達が火星に飛んだ方が戦力になるんじゃ…と思わんでもありませんが、黄金たちなら地上から人を火星に送り、地上崩壊を止める事ができるかもしれないけど逆は無理というわけで、仕方がないんでしょう。

強者が必ずしもすべてを解決できるとは限りませんし…。


・青銅達を火星に送るべく集った黄金は貴鬼、ハービンジャー、フドウ、玄武。
ハービンジャーはフドウとは初対面。新十二宮に黄金集結の際は全員が同じ場所に一堂に集まったわけでは無かったっぽいですね。
まあ、「集結」といいながら水瓶座と蠍座は急場で拵えたっぽかったですが…(アレは正確には黄金聖衣があの場に集まったという事だったのでしょうか?)

それは兎も角、ハービンジャーとフドウがもう普通に光牙達を助ける気満々なのが微妙に笑える。
(特にハービンジャー)

そういえばパラドクスは影も形もありませんでしたね。…まさか、あんな終わりだったの忘れられてない(まさかな~)。


・火星に到着したユナ、蒼摩、龍峰、栄斗。
しかし、彼らが見たのは変わり果てた姿になった光牙だった。

そして彼らは初めてアテナ本人を目にし、光牙=アプスがアテナを殺そうとしている事に気が付く。
ゆっくりながら確かな殺意を持って進むアプスを止めようとする仲間たち。しかし、今となっては大切な仲間の声も光牙には届かない。
ユナ達が倒される中、最後に立ち塞がったのはエデンだった…。


・なんか意外な気がしますがユナ達って今回で初めてアテナそのものを目にしたんですね…。
長かったな~。
そして、彼らは何も説明されずとも木に囚われている女性・沙織をアテナその人であるとその小宇宙大きさで認識しているとわかる場面があったところがちょっと嬉しかったり。


・今回はアモールの結末がちょっと残念だったりしましたが、個人的にはアクションシーンが楽しい回ではありました。
次回は、光牙(アプス)VSエデン戦ということで、更にアクションシーンに期待しております。

そして、思わせぶりにメディア様が口にする「あの男」の正体判明にも期待。

とはいえ、現在の闇に完全に消し飛ばされた光牙を見てると、助けに来るのは順当に考えて「光」の星矢なんだろうな~。
でも、『Ω』の星矢は出るシーン出るシーンかっこいいのでこちらも期待しております。
(一番見たいのは一輝だとしても…)




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢Ω - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2013/03/10 12:32 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ