desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第47話「わずかな希望!新たなる闘いの地!」 

・聖闘士星矢Ω第47話の感想です。


・ついに地球の小宇宙の火星移植が始まってしまった。
ここにきて自らの野心を露わしたメディアは、マルスのギャラクシーメイルから闇の小宇宙を抜き取ると、それをアモールに託し、自らは新天地となった火星へと向かった。
メディアの狙いが光牙の持つ闇の小宇宙と気付いたエデンは一人アモールと闘おうとするが、光牙はエデンの気持ちを汲みながらも共闘しようとする。
これまでの戦いを経て培った光牙とエデンの小宇宙の強さを感じたアモールは自らの真の力を発揮できる火星へと戦いの舞台を移す。


・ついに本性を露わしたメディア様(って、視聴者は目的だけが判らないだけでとっくに知ってる事ですが)。
倒れるマルスに寄り添った時、「あれ?ちょっとは愛情があったのかしら?」と、思ってたけど全然そんな事はなかったぜー(笑)

ほんと、マルスって闇の小宇宙を育てる為の苗床だったのね…(涙)

ところで、エデンに対してはまだあなたの為みたいな事を言ってたけど本当のところどうなんだろう…。
結局はエデンの意志と関係なく新天地の方を選ばされるようですが、それはメディア自身の野心のためなのか、それが最終的には息子の為になると(思い込んでいる)「愛」故なのか?
やっぱり自分の子供だしまだ愛情はあるのでしょうか?
それともやっぱりまだ私騙されてる?


・騙されてると言えば、アモールが光牙達に言った過去話(いきなり人形劇場!!)に、光牙とエデンがすっかり騙されてましたが、実を言うと私もちょっと騙されました。
だって~、『Ω』に出てくる黄金が過去話しだすのはパターンだし、そんな事もあるかな~って普通に思っちゃったんですよ~!!

これまでのアモールの言動を考えればかなり怪しいとわかるはずなのに。何だか悔しい…。


・それにしてもアモール戦は引っ張りますね。

そりゃ、主要キャラの弟という設定のキャラクターですから1,2話で消えるとは思ってませんでしたけど、他の黄金戦を考えると無茶苦茶頑張ってます。しかも、かなり強いし観てて面白い。
(そういえば『Ω』の魚座の技はワルツといいカノンといいコンチェルトといい、技名が音楽絡みなんですね。劇場型な性質をもつアモールらしい雰囲気。とはいえ、以前使ってた技はそうでは無いものもありましたが)

今回も持ち前の性格で純情少年たちを翻弄したり、展開的には光牙の必勝パターン(テーマ背負ったペガサス流星拳)だったのにあっさり外して光牙に闇をぶち込んだりしてくれます。

性格はめちゃむかつきますが(笑)アモールはかなり好きなキャラクターです。

ところでアモールは表面上は勿論メディアに従ってますが、メディアと光牙達の前に現れた時、結構いわなくてもいい事を言いながら登場したところを見ると姉の真意については完全に解っておらず、それを探ろうとしている風にも感じられます。
おおむねメディアの思想に賛同しながらも、様子も見ているというか…。

今回メディアの目的が「アプス」というものの復活という事が明らかになりましたが、アモールがアプスが復活するとどうなるかまで知ってるかどうかはちょっと怪しいかも。


・新十二宮編が始まる前は光牙とエデンはアリアの遺恨があるだけに本当に一緒にやっていけるんだろうか…と、思ってましたが全くの杞憂でした。

エデンは兎も角、フドウ戦の時の光牙のエデンに対する態度がちょっと硬かったのでがすごく心配だったんですが、マルスの過去やエデンの自分や父親に対する言動を見てエデンを恨む気持ちはそれなりに氷解したんですね。

母の真意を知ったエデンが光牙をアモールから守ろうとした時、守られるばかりは嫌だと一緒に戦おうとする光牙。それに対してエデンがほほ笑むシーンが結構好き。

アリアの杖を取り戻し、火星の小宇宙吸収を止める。
少しでも希望があれば立ちあがろうとする如何にも『星矢』らしいシーンが多くて今日はかなり燃えました。
とはいえ、まだまだアモールは上手だったんですが…。


・地上を守るアテナの小宇宙が尽きようとする今、地球は風前の灯。
光牙もアモールの罠にかかり、闇の小宇宙を埋め込まれ、メディアの望む「アスプ」が復活しようとしています。

果たしてエデンや、地上の青銅たちに一体何ができるのか?

…と、思ってたらここで黄金聖闘士のお兄さんたちの出番ですよ!!
なんか火星士たちは小宇宙移植が開始されたら逃げちゃったようで(…何のために戦ってたんだろうあの火星士たち…)、貴鬼とハービンジャーが十二宮を登り始めます。

そして生き残っているフドウ、玄武と共に「何か」をするようです。

なんかすっかりハービンジャーは光牙達の味方なのはおいとくとして(ほんと、いい人だ…)、次回のタイトルから推測するに、地上に残された蒼摩たちを火星に送る展開に?

でも、生き残った黄金として実はパラドクスもいるんですけど、彼女は一体どうするんでしょう。
そのあたりも気になるところです。

あと、気になるのはメディアがマルスから闇の小宇宙をとりだした時に言った「あの男」の存在。

遺跡で光牙達にアテナを託して以降光を失い、行方不明となった星矢という可能性もありますが、ここはあの人の登場を期待したい。

そう一輝兄さんですよ!!
一輝なら突然火星に現れたとしても全然驚かないし、できれば新章が始まる前には登場して欲しい(個人的な願望)

私まだ、一輝の登場を全然諦めてません(笑)
関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢Ω - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2013/03/03 14:55 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ