desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season11 第16話「シンデレラの靴」 

・『相棒11』第16話の感想です。


・アポロン電気陸上部の監督・高木が何者かに殺害された。
事件の前日、享がスポーツクラブで偶然陸上部の次期監督に就任予定だったマラソンの元銀メダリスト桂馬麗子を見かけていた事から、右京が事件に興味を持ち現場へ行く事に…。

陸上部のスタッフによると、元銀メダリストではあるものの、アポロン電気陸上部を辞めた桂馬の監督就任には難色を示す者も多かったという。亡くなった高木も桂馬の監督就任は絶対にないといいきっていた。

しかし、右京たちが桂馬に事情を聴きに行くと、彼女は監督就任に乗り気だった。
それにもかかわらず、何故高木は桂馬の就任は絶対にないと言い切ることができたのか?

そして事件当時、享が目撃した桂馬はどこにいたのか?桂馬に殺人容疑がかかる中、右京たちが操作するうちにある意外な事実が明らかになる。


・ここのところ右京さんのみが目立つ展開が続いていたような気がしますが(あくまで私の印象)、久々カイト君が活躍していました。

ただし、若さを生かす体力仕事…。
しかもあれでは自分からできますよ~と買って出てしまったようなものだから仕方ない(^^;
まあ、ちゃんと真剣に取り組むのがカイト君らしいとは思いますが(別ルートも走るつもりだったみたいだし)

そういえばボクシングの回の時も自分からジムに飛び込んでトレーニングしてましたよね。
体力にはかなりの自信あり?


・それにしてもこれでもかというぐらい被害者の方が悪人…というかかなり下衆かった。

人を陥れる為にこっそりドーピング剤を飲ませたり、桂馬麗子の次期監督就任を邪魔する為だけに将来ある選手の選手生命を断つ事になってしまうような罠を仕掛けたり。
その罠の内容から暴力団関係者との交際も疑われる、相当に黒い人物。
スポーツの指導者どころか人の風上にも置けない。

勿論、右京さんの言うとおり殺人という手段をとらなかったとしても高木を告発する方法は他にもあったはず。
しかし、“犯人”が思わず手を下してしまうほど激昂したのも仕方がない気がする。

かつて自分を助けてくれた“犯人”を麗子が自分の身を危うくしてまで助けようとした気持ちもわからないでは無い。自分の為だけでは無い。この殺人やそれに伴う隠蔽が他人を想っての行動でもあるってところがなんとも切ないですね…。


・ただ救いは一人の将来ある少女が救われた事。
麗子の想いという“タスキ”はきちんと彼女に受継がれていったのでした…。


・そういえば課長が「暇か?」っていうの久しぶりだったんですね(^^;特命部屋は結構映るのでそうだったっけ?と、思ってしまいました。
あと、伊丹の「特命係の~」のフレーズも久しぶりだったような。
享への呼びかけは「こら!カイト」になったようですが(「坊ちゃん」から昇格したあたり、伊丹は結構享の事を認めてますよね。特命係だという事が玉に傷)


・来週はスピンオフ映画の登場人物が登場する、映画絡みの話?
と、なるとイタミンがそれなりに活躍しそうなので今から楽しみです♪




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


[ 2013/02/21 00:11 ] 相棒 season11 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ