desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第44話「仲間のために!光牙に秘められし力!」 

・「聖闘士星矢Ω」第44話の感想です。


・アモールの策略に載せられ、ついに闇の小宇宙に目覚めてしまった光牙は、四天王の一人を易々と葬る力を見せつける。

しかしセブンセンシズに目覚めていた光牙はかろうじて自我を保っている状態だった。
闇に飲まれそうになっても光牙を元に戻そうとするユナや蒼摩たち。再び立ち上がった仲間はアモールと残りの四天王を相手にし、光牙を先に行かせる。

ようやく双魚宮にたどり着いたエデンは先に進む為、ミケーネの仇でもあるアモールと対峙するが…。


・魚座・四天王戦の続き、何ですがラスト付近に相応しい盛り上がりを見せてます。

先週まではもしかしたら闇に目覚めた光牙が四天王・アモールを圧倒→双魚宮で仲間たちが光牙を元に戻す、なんていう展開もあるのか?と思ったら全然そんな事も無く。

光牙は安易に闇に流される事は無く、ユナはこれまで仲間たちを助け導いてくれた光牙を助けたいと、何度も倒されようとアモールに挑み、四天王も一人目は兎も角、残った三人は究極に高まった蒼摩たちの小宇宙で打ち勝つ!

光牙がマルスに勝つ事を信じて自分たちは後に残って先に行かせる、いかにも王道な少年漫画的展開が観てて非常に気持ち良くて燃えました!!

出来れば突然出てきたマルス四天王とかじゃなくて原作のような黄金聖闘士戦で青銅一人一人が死闘を演じる展開が理想だったけど…いろいろ事情はあると思うので贅沢は言うまい。
時貞戦、イオニア戦でちょっとヘタレそうになってたのがこの双魚宮で一気に盛り返したような印象があります(もう少しで私自身の次回も観ようという気持ちがそがれる所でした。危ないところだった)。
時貞、イオニアはミケーネ同様ぽっと出のキャラクターで無かっただけにもうちょっと頑張ってほしかった…って、まだ言うか(^^;


・それにしてもアモールは流石最後に登場した黄金聖闘士。
メディアの弟というバックボーンもあるからかもしれませんがキャラが全くヘタレません。闇光牙が目覚めた時はちょっと危ないかなと思ったんですが、光牙自身の頑張りもあってそんな事も無く。

ユナの最大奥義も片手で受ける様はめちゃめちゃかっこいい。
更に光牙に先に行かれても、今から仲間たち殺してそれを光牙に見せつければいいと、まだまだ余裕も感じられます。
結構強いはずのエデンに対しても、アリアやソニア、ミケーネの事で心理的に揺さぶりをかけつつ圧倒してるし…。
結局、ユナがエデンを先に行かせたのでユナは一対一で戦わなければいけないんだけど、どうやって勝つのか見当がつきません。

ただ一つ勝機があるとすれば、アモールが根性論を否定した点。
『聖闘士星矢』で根性を否定するとは…(^^;とちょっと思ったので、もしかしたらアモールを負かすのはユナのど根性かもしれない。
他の漫画だったらそんな馬鹿なと思うし、女性キャラがやる事じゃないとは思うけど、このアニメは『聖闘士星矢』であり、ヒーローよりヒーローっぽいユナだったら十分あり得ると思う。


・次回はついに光牙とエデンがマルスと対峙。
マルスの過去も明らかになるみたいですね。

マルスが今の考えに思いいたったのは一体なぜなのか?

そしてついに十二宮を突破してしまいましたが、この間にあると予想していた一輝の出番がついにありませんでした(涙)
なんか本当に出番がないんじゃないかと思えてきた…。

…で、でも次回過去話では登場するかもしれないので(また回想のみで台詞無しかもしれないけど…)ちょっと期待しておこう!!



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢Ω - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2013/02/10 12:47 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ