desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第42話「裏切りの黄金聖闘士!イオニア対光牙!」 

聖闘士星矢Ω第42話の感想です。


・磨羯宮へとたどり着いた光牙とユナを待ち構えていたのは、かつてのパライストラ学園長、山羊座の黄金聖闘士イオニアだった。
何故アテナを裏切ったのかと問う光牙にイオニアは意外にもアテナを裏切ったわけではないと断言する。
代々のアテナに仕えたイオニアは、その度に女神が傷つき、苦しむ事に心を痛めていた。
その苦しみからアテナ=城戸沙織を解放する為に戦っているというイオニア。しかし、その余りにも身勝手な理由に光牙とユナは憤る。
しかし、言葉の力でその身を自由に操られ、互いを攻撃する事になってしまう。
更に光牙は闇の小宇宙を燃やすように強制される。


・光牙・ユナVS山羊座イオニア戦。

…なんですが、正直なんじゃそりゃーが初っ端の感想。
初期から登場する重要人物だっただけに、まさか一話で戦いが終わってしまうとは思ってませんでした…。

確かに1年の放送なら話数はそれ程残ってはいないんでしょうが余りにも急ぎすぎでしょう。
イオニアの過去話に関しても突っ込みどころ満載だな~とは思いましたが、それ以上に話が急ぎ過ぎな事がちょっと残念でした。


・私自身、「Ω」の世界はTⅤアニメ終了後から分かれている『パラレルワールド』なのかなと感じてるので、原作との整合性に関しては、たとえずれがあろうともあまり気にしてはいませんでした。

だから、イオニアは長命で、聖衣を脱いでからにも代々のアテナに仕えていた。そして、清らかな赤ん坊の城戸沙織を目にして彼女を支える聖闘士を育成しようとしたが、あまりに厳しくしすぎた為に暴動発生。全員を殺して、自らを牢に繋いだ。それを城戸沙織が次代の聖闘士育成の為に解放し、更に山羊座の聖衣を授けた、という過去に関する設定はまあ、これはこれでありかなとは思う。
(ただこれだけ女神第一な聖闘士がサガの乱が発生した事に気付かなかったっていうのは苦しいかな~とは思う。でもそれも今回判明したイオニアの視野狭窄的な人物像を考えるとこの時代は聖闘士の育成のみに傾注していて聖域の争いに気が廻らなかった、更に聖闘士候補たちの反乱後は自らを牢に閉じ込めたのでその後起こった事を関知していなかった…と無理やり考えられなくもない)
原作を踏まえると「あれ?」と思わなくはないけどそこを突っ込むのは流石に野暮かな~と。

でも、そんだけ女神(沙織さん)を愛していながら、彼女を解放する方法がマルスの力を使って世界ぶっ壊しってのないわ~。
イオニアがどれ程永く生きてるのか解りませんが、それ故に段々と視野が狭まっていって今の人物になったとしか思えない。
結局、「城戸沙織」の解放が第一になってしまって、女神を守り、女神が愛する世界と地上の人々を守るという聖闘士の使命を失ってしまっている…。更に小宇宙が吸い尽された後、沙織さんが無事である保証はないのにそれに乗っかってるってのがどうも…。
まだ単純に、アリアという「新しい女神」を無理やり作る事によって沙織を神性から解放するとか、言われた方が納得できたような気がする。

何でこんなキャラクターにしちゃったのかな~。
「崇高な裏切り者」なら、もっと崇高であって欲しかったな…。

あと、個人的には全く自分の行いを反省しないままアテナの光にやられて幸せ気分で逝っちゃったのが許せん!(笑)


・私はシュラや、「LC」のエルシドが好きなので、「エクスカリバー」を使わなかったのは良しとする(笑)
むしろ、あの妙に凝り固まった苛烈な意志の力が他者を自分の言葉で操る技「ドミネーションラングウェッジ」を生みだしてるのかもしれないと想像すると妙に納得。言わばあのイオニアらしい技とも言えるかもしれない。


・でも、何だかんだ言っていてもアテナの聖闘士であるという自覚が光牙から闇を振り払い、セブンセンシズに目覚めて光の小宇宙で「ペガサス彗星拳」を放つという展開は燃えました!
イオニアを倒した後、仲間たちが集結して女神の像の前で決意を新たにするシーンも良いですね。

できれば戦い自体はもう一話引っ張るぐらいの長さでやって欲しかったけど…(まだ言うか)


・ところでイオニアの設定を考えるとシラーが言ってた何百年も生きた聖闘士ってのはイオニアの事だったのかもしれませんね。


・来週はとうとう最後の宮、双魚宮。メディアの弟でもあるアモールが登場…するんですが、やっぱり宝瓶宮は無人のまま突破なんですね。
てっきりまだ終わらんよと時貞出るかと思ったのに(←まだ時貞に夢見ていた私…。別に特別時貞が好きなわけじゃないんですが、あのまま終わるってのがどうもな~)

あと、マルス四天王ってなんやねん!と、思ってたんですがOPの星矢たちが対峙してたっぽい敵の事だったんですね。

なんか最終的にラスボスであるメディアを倒す展開になるんだろうな~と、思いつつもエデンが果たす役割とか、マルスが何者でどうなるのかとか、結局地球に落ちてきた隕石や光牙とアリアが生まれた意味とか、まだ謎もちょっと残ってるのでそれがどう解けていくか気になります(あと一輝に出番はあるのかも)

ちょっと急ぎ過ぎ足な展開にハラハラしてはいますが、それでも次回以降も見ていきたいと思います。
(あと、ここまできたら流石に最後まで感想書きたい)

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢Ω - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2013/01/27 23:55 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ