desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season11 第8話「棋風」 

・相棒シーズン11第8話「棋風」の感想(のようなもの)です。


・将棋界の時田名人VS人工知能の「将棋電脳戦」が世間の注目を集めるさなか、人工知能の開発者だった研究者・安西が自分の研究室で亡くなった。
当初事故が疑われたが、現場を訪れた右京は殺人事件である事を見抜く。

名人が人工知能に負ける事を内心恐れていた将棋連盟の会長や、時田名人自身も疑われたが決め手はなし…。
そんな中、右京は安西の助手である彩子が時田のライバルでありかつて“女性初の棋士”と期待されながら、将棋界を去った存在だった事を突き止める。


・かつて棋士を目指しながら“汚い盤外戦術”によって将棋界を去らなくなってしまった彩子。

全く違う道を歩み始めた彼女が、人工知能を使って再び自分を陥れた相手と戦えると闘志を燃やし、人工知能開発に心血を注いでいたにもかかわらず思わぬ横寄りが入り、その為に自分は罪を犯してしまう…。

自分の罪を隠しながら臨んだ対決。しかし結局、コンピュータならば時田に勝てたにもかかわらず彼女は自らの力で時田と対決する誘惑に勝てなかった。
それこそが彼女の「棋風」。過去の自分を捨て去ったつもりでいても彩子は彩子でしかなかったのである…。


・しかしながら今回の話はちょっと自分的には今一つでした(^^;
時田が彩子との純粋な対決を望んで彩子と彼氏を別れさせようとしたのはいいとしても(いや良くないけど)、彩子がバイトしていた店のマスターがなぜ時田の為にそこまでやってくれたのかわかりにくかった。
いや、まだ録画観なおしてないからその理由はちゃんと見てればわかったのかもしれないけど。
(もしかしたら私の記憶違いで人間関係自体間違ってるのかもしれないけど…。あとで録画ちゃんと見かえそう)

それに彩子自身の対決にかける執念もそれ程強いものに感じられなかったような…。
殺人自体がはずみで起こったものだったというのもあるかもしれませんが。

あと、享の活躍があまり目立たなかったのも残念。
もう少しシーズンが進んだ頃にこの話だったら、それ程思わなかったかもしれないけどまだまだ始まったばかりですからもうちょっと事件(と右京)に絡んで欲しかったな~と思います。

…と、私がカイト君びいきだからそう思うのかもしれませんが(^^;


・しかし、右京と享はなんだああ、顔を近づけて話すんだろう…。
顔近付けてしゃべるのは享の癖?


・米沢さんがやたら人間はコンピューターに負けない!!を自説にしてて、勝負に買った瞬間に超ハイテンションで特命部屋を出たシーンは思わず「鑑識さんが壊れた!!」声を出して笑ってしまいました。

…どうしたんだ米沢さん(笑)


・来週は…予告見てめっちゃびっくりしてしまいました。
享、まさかの負傷。しかも、重傷っぽい。

いったいどうしてあの姿になってしまったのか?
来週も是非是非リアルタイムで見てみたいと思います!!



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


[ 2012/12/08 11:50 ] 相棒 season11 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ