desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第32話「真の恐怖!巨蟹宮に漂う妖気!」 

・聖闘士星矢Ω第32話の感想です。


・ハービンジャーの攻撃で第4の宮・巨蟹宮に飛ばされたユナ。
その中に入ったユナを待ち構えていたのは、巨蟹宮の守護者、蟹座の黄金聖闘士シラーだった。

ユナは果敢にシラーに闘いを挑むが、その攻撃を軽くあしらわれてしまう。
更にシラーは自らの手を汚すことなく、かつて聖闘士だった死者を操ってユナを襲わせた。

倒しても何度も立ち上がる死者に苦戦するユナ。更に新たな棺が開き、その中からパライストラのかつての同級生たちが出現。その事実に愕然とするユナは一方的に攻撃を受けてしまう。


・オープニング映像ちょっと変化ありましたね!

黄金聖闘士と闘う青銅達の部分…なんですけど、貴鬼と玄武背中合わせになってグルグル回ってたんですけどこれは一体どういうことなんでしょう?彼らは気心が通じている?
でも、OPで闘っている相手と、今現在戦ってる相手は同じわけではないのでイメージ先行で深い意味はないのか…。


・ハービンジャーと光牙の闘い、ついに決着。

前回の感想で「青銅全員がひとまず黄金聖闘士と対峙してから決着がつくという展開になるのかな~」なんて事を書きましたが、全然そんな事はありませんでした。
確かに、もしそんな展開になってたりしたら流石に冗長すぎますよね(^^;


・ハービンジャーの攻撃で全身の様々な場所の骨を砕かれてしまった光牙。
通常なら腕で体を支え起き上がるどころか、寝返りを打つことさえできないはず。しかし、共に戦う友への想いはもう一度光牙を立ちあがらせ、再び小宇宙を燃えあがらせます。

今までとは違う爆発的に高まった光牙の小宇宙で放たれた流星拳は、ついにハービンジャーに届き、一瞬とはいえその膝をつかせることに成功しました。

いくら身体の骨を砕かれても、心の骨は折れなかった光牙に感じ入ったらしいハービンジャーは、自分を無視して前に進もうとする光牙を先に行かせます。更に強くなった光牙の心の骨を折る時を楽しみにしながら…。


・自分の最大の拳を放ちながら相手を仕留められず、それどころか相手の拳で思わず膝をついてしまった為に潔く「負け」を認めたハービーンジャー。
光牙の心の骨の強さを見極められたので満足したという事でしょうか。

パラドクスや今回登場したシラーが結構(嫌な方向で)インパクトの強い人物だったので、闘いが終わって見れば、ハービンジャーは案外わかりやすくて、さっぱりとしたいい奴だったような気がします(嗜好に関しては相変わらず悪趣味だとは思うけど…)

ただ、原作のアルデバラン戦の時のようなわかりやすい戦果ではなかったので、カタルシスはちょっとは少なめの決着だったかな…。あの骨でできた牛砕くぐらいはやってくれてもよかったのに…。

でも、総合的に見ると青銅の光牙がセブンセンシズへ至る片鱗のようなものは感じさせる闘いにはなっていたので(一足飛びに覚醒ってのは流石に無理っぽい)、これはこれで良かったのかも。
主人公ですし、今後に期待です。


・新たな蟹座の黄金聖闘士シラーが登場しました!!

褐色の肌で長い髪の美男子。物腰は一見上品。だけど、性格はかなり鬼畜で下衆っぽい。
自分が下賤と思う青銅聖闘士と拳を交えて戦う事を厭い、自らの能力で死者(アルネと小町は仮死状態で本当に死んでたわけではありませんが)を操り、ユナを襲わせる。
自分の強さを示す相手にはユナでは力不足なのだ。


・シラーもハービンジャー、パラドクスと同様、自分が黄金聖闘士になった経緯を語り始めるのですが、彼はなんとユナと同様の戦災孤児でした。

しかし、ユナが孤独の中でパブリーンと出会い、人と共にいる温もりや聖闘士として大事な心を授けられたのとは違い、シラーはただただ自分が生き残る為だけに人の命を奪い、欲しいものを得るために力を奮い、他者を守るという聖闘士にとって大切な正義を為す心を知らないまま「聖闘士」となってしまっている。

原作のデスマスクも強い力に重きを置いていた点は同様でしたが、デスマスクには(現在は「悪」と呼ばれたとしても)強い力こそが巨悪を懲らし、最終的には正義を為せるという思いが考え方の根底にありました。

シラーにとっての力は自己の欲望をかなえる為にのみ必要なもの。
ある意味マルスが選んだ新たな“黄金聖闘士”らしい人物と言えなくはない。


・新十二宮の黄金聖闘士たちがいちいち過去を語るのは、演出的に「彼らはマルスによって選ばれた、通常の手順で生み出された生粋の黄金聖闘士では無い」ということを強調する意味もあるのかもしれない。


・そういえば聖闘士達の小宇宙を吸い取る装置はシラーの作ったものだったんですね。
そのなかでも気にいった仮死状態の身体だけ自分の手駒にしてるとか…ホント悪趣味。

それにしても「仮死状態だった」というのは如何にも現代のアニメらしい設定だなと思ってしまいました。これがひと昔前だったら容赦なくアルネ達も死んでたと思う。でもそうなると檄も死んでることになるからそれは絶対嫌だけど。


・シラーが使う技は、操った死者から放たれる「冥途凋落」。
技にかかったものに「死」の幻覚を見せ、恐怖を与える。恐怖を感じてしまったが最後、身体を動かす事はできず、何もできないまま地面にたたきつけられる幻覚系の技。

そして、蟹座の聖闘士の代名詞「積尸気冥界波」!!
やはりこれあっての蟹座ですね~。元の黄金聖闘士の技が使われると何だかんだで燃える!

今週はユナが冥界波で異世界(多分死者の国)に飛ばされた所で終了。
しかしこの続きは再来週以降になりそう。めちゃめちゃ気になる…。


・次週はこちらも気になってた龍峰・パラドクス戦。
龍峰がセブンセンシズに目覚め、闘いに決着がつくのでしょうか?

でも、龍座の聖闘士が死の淵に立ち、セブンセンシズに目覚めると思うとつい、お父さんの「アレ」を期待してしまう…。
多分龍峰はやらないだろうけど(だいたい今のクロストーン状態の聖衣では破壊はされても、紫龍みたいに豪快に脱ぐという事はできないと思う)

どうやら光牙もパラドクスと少しだけ戦うようだし、一体どんな展開になるのか?非常に楽しみです。


関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2012/11/11 18:03 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ