desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第31話「運命の分岐点!双児宮の謎!」 

・聖闘士星矢Ω第31話の感想です。


・ハービンジャーの光速の拳で、光牙以外は金牛宮から歪んだ時空の空間へ飛ばされてしまう。

龍峰がたった一人で目覚めたのは、金牛宮の先の双児宮の前。
龍峰は金牛宮に残る光牙の存在を気にするが、彼の決意を思い出し先に進む事にする。

双児宮で待っていたのは双子座の女黄金聖闘士、パラドクス。
彼女は戦おうとせず、龍峰の父・紫龍に憧れ聖闘士となり、彼を女として愛していると語る。

また、マルスが悪では無いと説き、相反する二つの未来を見せ、龍峰に降伏を迫るのだった…。


・聖闘士光牙の牡牛座の黄金聖闘士ハービンジャーとの闘いは続く!!

これは青銅全員がひとまず黄金聖闘士と対峙してピンチになり、セブンセンシズに目覚めた所で、決着がつくという展開なんでしょうか…。
と、なるとハービンジャーとの決着は結構先になっちゃいそうですけど(^^;


・ついに黄金聖闘士双子座のパラドクスがその姿を現しました!

黄金初の女性聖闘士。
仮面をかぶらないのは、龍峰を、その源である紫龍を一人の女として愛しているから…。

普通の家庭に育った彼女はその身に不思議な力(恐らく未来視の能力)を宿していた為、両親に疎まれた。
予見していた事故に遭い、燃え盛る炎の中で出会ったのが紫龍。

彼は身も知らぬ彼女を命がけで救った。

両親を愛しているのに、愛されなかった自分。
そんな自分を、どこの誰ともわからない他人なのに救ってくれた紫龍を愛した彼女は、聖闘士となり、やがて相反するものを抱えた「パラドクス」と名乗るようになる。

彼女の目的は、マルスの作る悲しみも争いも無い世界で愛で満たす事。
そして恐らく、愛する男とその子供と共に新世界で生きていく事。


・出だしのリスとか鳥が人間の言葉でしゃべるシーンでゾッとしました。
なんだろう…、まともじゃないなーというか。

宮内の不安感を誘う雰囲気はパラドクスという人物そのものを現しているっぽい。

パラドクス自体は綺麗で言葉は優しいし、一見まともそうに見えるけどやっぱりどこかしら歪んでる。
今登場している黄金聖闘士はハービンジャーといい、パラドクスといいどこか人としての歪みを抱えているようです(次回登場する蟹座もそんな感じっぽいし)。

こうなると獅子座のミケーネはかなりまともにみえる…(^^;
せめて玄武はこの路線から外れていて欲しいな~。


・パラドクスは未来視の能力を持つ異能者ですが、聖闘士としての能力的には、鳳凰幻魔拳のような幻覚系や、魔皇拳のような洗脳系の技の使い手っぽいですね。

龍峰に見せたビジョンは確かに彼女が実際に視ている未来ではあるんでしょうが、龍峰たちが闘いを続けた結果の滅びの未来にしろ、闘いを止めた後の人々が笑顔でいる新世界の未来にしろ、マルスやパラドクスに都合のいい未来すぎる。
(両方の未来で春麗が割を食ってる所もそう感じる理由)

龍峰の心を引き裂くような選択を突きつけ、自分の望む未来を選べば良し。
選ばなかったとしてもその身を引き裂かれ結果、廃人と化す。


・結局、龍峰は違う未来をつかむ事を選び、彼の小宇宙はパラドクスの作った空間を破り、彼女が真似した父の技も跳ね返して一撃を入れる事に成功しました。

しかし、その為に龍峰はもう一人の彼女「憎しみパラドクス」を目覚めさせてしまう。

優しい口調から一変、龍峰を罵り、あれほど愛しているといった龍峰に容赦ない一撃を加える。
愛を受け入れない龍峰に憎しみをたたき込むように…。


・双子座の聖闘士は代々複雑さを抱えている者ですが、彼女もやはりそうだったようです。

サガのような二重人格。
髪色が変わった所でちょっとワクワクしてしまった自分(笑)

子供時代の描写から彼女に双子の姉妹はいなさそうなので双子という設定は無さそう?
でも、現れたもう一人の人格=双子の姉妹というのはありそうですね。

パラドクスは自分が両親を愛していたと言っていたけど、本当はそんなことなくて、両親を愛する自分と憎む自分という矛盾から生み出したのが「憎しみのパラドクス」なのかもしれません。


・次週は双児宮での闘いから離れて、巨蟹宮へと舞台は移ります。
戦うのはユナ。そして、あの(わざわざ「あの」っていっちゃうよ)蟹座の黄金聖闘士が登場します!!

原作の蟹座デスマスクは、強者でありながら善の心を持たなかった為に聖衣に見捨てられてえらい事に…(あじゃぱー)。
「ロストキャンバス」のマニゴルドは、先代蟹座でもあった教皇と共に、涙なしでは語れない名勝負を繰り広げました。(これ読んだ時こういう人たちの魂が聖衣に宿ってるとしたらデスマスクも見限られるわ~と思った)

そして、「ネクストディメンション」のデストールは自己の欲望に忠実なおねえ系聖闘士(だけど、妙に心惹かれる良キャラ)。

果たして「Ω」の蟹座はどんなキャラクターなのか。
予告見ると嫌な予感しかしないんですが(笑)来週の放送が楽しみです!!!




関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 聖闘士星矢Ω - ジャンル : アニメ・コミック



この記事をリンクする?:


[ 2012/11/04 11:48 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ