desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第27話「旅の終焉!少女の光と若者たち!」 

・聖闘士星矢Ω第27話の感想です。


・もう、今週の内容は「アリアァァァァァーーー!!」の一言ですよ。
マジで見てて泣きそうになりました。


・私、「Ω」の中では蒼摩に続いてアリアが好きだったんです。
優しいし。かわいいし。稚いところが庇護欲そそられる。

でもそれだけではなく、旅をしながら段々自分自身を確立していき、涙は流してもただ単に護られるだけの存在じゃない見違えるような成長を遂げる。

「Ω」のキャラクターは誰も彼も好きなキャラクターばかりなんですが、みんなに愛される彼女の存在はちょっと格別でした。


・光の小宇宙を高めるために美しいものに囲まれて育ち、マルスに言われるまま光の力を行使して、世界を破滅に導いた「罪」を突きつけられてもアリアは倒れることなく、むしろ自分の力で世界と命を守ろうとする。

守りたかったのにアリアの本当の気持ちを考えてこなかったと打ちひしがれるエデンを救い、本質でだった闇の小宇宙を燃やしそうになった光牙をもう一度光に導く。

自らの意志で立ち、闘う事を決意したアリアは真のアテナに覚醒した。
アリアは光牙達の力となり、共に闘っていくはずだった。そして、光牙達聖闘士は「アテナ」を護り、闘っていくはずだった。
それなのに…。

そんな彼女がまさか死んでしまうなんて…。

痛みに苦しみながらも最後の瞬間まで光牙達に「ありがとう」といい続けるアリアに、泣きそうになってしまいました。


・兎に角、急な展開に驚いています。
まさかマルスがアリアを殺すとは思ってなかったのです。
マルスの目指す世界を実現するためには、光であるアリア=アテナは必要な存在だと思っていたので。

でもアテナ無しでマルスはどうやって聖闘士達を従わせるつもりなんでしょうか?
前回の蒼摩の回想から推測すると、マルスの思想に賛同して寝返った聖闘士もいるようですが、「アテナ」という存在を護るという聖闘士の存在理由からマルスに従っている者もいる様子。

それとも、ここで沙織をアテナとして改めて使うのでしょうか?


・アリアを殺し、邪悪の神としか見えないマルス。

ただ、今回のアリアにぶつけたマルスの言葉を聞いて、マルスも原作のポセイドンやハーデスと同じく「今の世界が汚れているから一度滅ぼして新しい地上を創ろうとしている」だけなのではないか、つまり、神の基準による「善」を行おうとしてるんではないかと感じました。

だから自らの新しい世界に都合のいいように育てたアテナであるアリアが、今の地上を護ろうとしている事に怒ったのではないかと…。

本当の所はどうなのでしょうか。また、彼の妻であるメディアの存在も気になります。
(絶対、何か隠してそうだもんな~。この人)


・そんなわけでアリアの死を持って「Ω」の物語は一つの大きな終わりを迎えました。
次回からは「新十二宮編」の開始。
すでに、公式サイトでは牡羊座の黄金聖闘士として貴鬼が登場する事が予告されています。


ここで、今後の展開で私の気になるところをまとめておこうと思います。

1、黄金聖闘士のメンバー

新たな星座カースト制度の幕開け(笑)黄金聖闘士達はどうなるのか?

今のところ判明しているのは射手座の星矢、山羊座のイオニア、獅子座のミケーネ、天秤座の玄武、牡羊座の貴鬼。
不明は牡牛座、双子座、蟹座、乙女座、蠍座、水瓶座、魚座。
予告では時貞が出てたので、もしかしたら黄金のどれかに昇格してるかも?

貴鬼が牡羊座、紫龍が天秤座の聖衣を保持していた事から、氷河が水瓶座の聖衣を持ってる可能性は高そう。
けど私、氷河はあの登場の仕方から余りまともな状態じゃないような気がしてるので、玄武同様水瓶座は他人の手に渡ってるかもしれません。

敵味方の区別ですが、貴鬼は壊れた青銅聖衣の修復があるので恐らく味方してくると思われます(あるいは光牙達の実力を試す為闘う展開はあり?)

ミケーネ、玄武は青銅達の成長(セブンセインシズに目覚める?)過程に寄与する闘いを演じ、そのあと味方になってくれるような展開になるかも。
イオニアだけは完全に敵っぽい?

星矢は…でるのかでないのか?洗脳されたアイオリアみたいな状態で出たらびっくりするけど。

個人的には蟹座がどんなキャラクターが来るか気になります(笑)


2、一輝の登場

まさか今回まで一輝が出てこないとは思わなかったぜ…というわけで、一輝がいつ出るか気になる。
邪武が出たのに出ないとは思わなかったよ…。

まあ、一輝兄さんの事なので光牙達が思いっきりピンチの時に登場しそうですが。

他の青銅達の再登場も気になりますが、魔傷がある以上闘う事ができないと思うので、登場するとすればマルスが倒された後かも(マルスさえ倒れれば魔傷がなくなるかどうかはわかりませんが)。


3、エデンがどのタイミングで父と敵対するのか

恐らく光牙達の味方になるであろうエデンですが、闘う相手が父親だけに葛藤もありそう。
もしかしたら光牙ともう一戦あるかもしれん。


4、蒼摩とソニア

十二宮編中に決着がつくんでしょうか。
個人的にはソニアは蒼摩に惚れるんじゃないかと思ってるんですが。でも、蒼摩をかばって…っていう展開だけは勘弁してください(泣)


6、市先輩

絶対今後も出てくると思ってるんですけど!!でも光牙達をかばって…って展開だけは絶対勘弁!!


7、光牙は結局何のために生まれたのか?

主人公関連のこれを第一にもってこいよ!市先輩の後かよ!!という感じですが(笑)
マルスと星矢の闘いが隕石の落下によって止められ、その後に存在したのが光牙とアリアというのはいいとして、何故二人が存在するのかは謎のまま。

アリアがアテナであるのはマルスの後付けですしね~。

でも、それらすべてが判明するのは新十二宮篇が終わり、新たな展開になった後のような気もします。

あと、アリアを失った光牙がすぐに立ち直れるのかも気になる…。


他にも色々ありそうですが…、思いついたら書こう!!

そんな訳で来週以降も見逃せません。

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2012/10/07 13:15 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ