FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

映画『魍魎の匣』 

先日映画『魍魎の匣』を観てまいりました。
本日はその感想。
内容に少々触れますので、未見の方はご注意ください。


京極夏彦さんの小説『魍魎の匣』の映画化作品です。

一応以前映画化された『姑獲鳥の夏』の続編ですが、実相寺監督が亡くなられたため新たに原田  監督が指揮を執られたせいなのか、前作のテイストを踏襲しつつ、雰囲気の違う作品になっております。
またキャストは、関口巽が椎名桔平さんになっている以外は前作のキャストそのまんまです。

長い上に複雑な原作を消化するためなのか、一部の設定や人間関係、事件のあらまし等が割と簡潔に変更・整理されてます。
(例えば榎木津が戦中に久保竣公と出会っているとか、赤井書房の編集部からバラバラ死体の腕が見つかるとか、その他色々)

榎木津を原作より深く事件に関わるように脚本を変更しているので、その分木場の出番は減っています。

私が原作を読んだ時これは木場の物語だと思ってたので、その扱いが少々不満でしたが、全体的にみるとよくここまでまとめ上げたなというのが正直な気持ちです。
そうでもしないとロードオブザリング並の超長編映画になってしまう(^^;

それでも、やはり複雑は複雑。
原作や前作の映画を観ている方が話は理解しやすいかもしれません(特に京極堂たちの人間関係)


どうしても原作を知っているのでそちらをふまえて感想を書いてしまうのですが、原作は京極堂が推理を披露する「憑き物落とし」がメインのミステリー作品ですが、映画の方はそのミステリー色が薄れ、あくまでエンタテイメント作品に仕上がっています。
特に後半の美馬坂研究所にお馴染みのメンバーが乗り込むシーンは、『私は魍魎の匣観てるんだよな…』と、自分の中で確認してしまうほど冒険アクション映画のようになっていました。

各所でこの映画の紹介文を見ますが、見終わった後だとそんな映画だったか?と、思ってしまう。なので映画の紹介文は忘れて観た方が吉です
忘れずに観てしまったら、騙された感が強くなるかもしれません(笑)

ただそのスペクタクルな内容は結構面白い。
この原作をこうするのか、とかえってそのまんまの内容を映画化されるより楽しんだかもしれません。

ただ、原作ファンとしてはもう少しミステリーっぽくしてくれても良かったのにとは思います(どちらかというと前作の方が原作のテイストは残ってたと思う)

キャスト陣は、ほぼ全員はまり役。
特に京極堂役の堤真一さんがもの凄くはまってる。御筥様退治のシーンはもの凄くかっこいい。
前作を観て以降原作を読むときの京極堂のイメージはこの方です。

前作では少し違和感(何てったって原作はビスクドール系美形なので)があった阿部寛さんも良かったし、新・関口の椎名さんも面白かった。

セリフに多分アドリブが混じっててるらしく、京極・関口・榎木津の3人が鳥口に自分たちと木場・青木との関係を説明するシーンは結構笑えます。

多分、原作を読んでるときは違和感無く受け入れている京極堂たちの会話も、端から見たらこんなめちゃめちゃなんだろうなと、思ってしまう。
思わず百鬼徒然袋の語り部の彼(一応名前は伏せる)の気分を少々味わってしまいました。


最後にまとめてしまうと、映画版結構面白かったです。
ただ、原作に忠実なのが好きな方はかなり不満の残る内容になっているかと思われます。
ソフト化すればもう一度見たいという気はあるのですが、原作もそうだけど、かなりグロテスクなシーンがあるので(腕とか頼子とか久保とか)、そこがネックになってもう一度観れないかも(^^;


関連記事
スポンサーサイト







この記事をリンクする?:


[ 2008/01/06 17:28 ] 映画・TVのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ