desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

安積班シリーズ登場人物紹介 その1 

毎日投稿しようと思ってたのですが、ままならず…。
でも、ぼちぼちやっていきます(^^)

本日は登場人物紹介。
シリーズの主人公安積警部補について。



・安積剛志(あづみつよし)

刑事課強行犯係係長・警部補。45歳。
離婚経験あり。離れて暮らす一人娘の涼子がいる。
刑事に大切なのは真実であり正義であるという心情の持ち主。

部下達と接するときの態度や、自分のとる態度が仕事上どのような影響を与えるかを少々気にしすぎる心配性な面を持つ。
しかし、容疑者が法的に問題ある扱いを受けたり、自分の部下が不当に扱われると上司や本庁の人間であっても食ってかかってしまうこともある。それでまた「自分は大人げないのかもしれない」と嘆くのだが、後悔することはない。

安積が自分に下す評価はすこぶる低いが、階級を重んじる警察という組織のなかで身を挺して部下達を守り、ベイエリア分署という損な役割を演じることの多い所轄で、腐らず、なおかつ手柄を上げている安積に一目置く刑事は多く、部下たちからは厚い信頼を寄せられている。
また、周囲に与える影響力も大きく、やる気の無いものをその気にさせる事も多い。
声は低音で聞く者に安心感を与えるという。


★黒猫の一言

少し心配性なところがあるけれど、部下たちに大いに慕われている係長です。

一見淡々と仕事をこなしているようで、心中で情熱を燃やす。警察という組織からはみだすことなく、それでいて自分の信念を貫いていく安積はものすごくかっこいいです。
決して完璧な人間ではないのですが、そこがまた安積の魅力の一つなのかもしれません。
また、最近の若者たちに対する、理解できないまでも対話することを続ける姿勢も好感が持てます。

普段はポーカーフェイスで沈着冷静だけど、速水小隊長といる時は別。
同期の気安さか、速水の性格のせいなのか…。二人の会話してるシーンは結構笑えます。
速水いわく、若い頃の安積は結構なはねっかえりだったとか…。今の姿からは信じられませんが、そんな安積もちょっと見て見たい気がする(笑)

関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2007/09/26 22:15 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ