desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω第11話 「アリアを守れ!追跡者ソニアの襲撃!」 

・今回も箇条書き感想いってみよう!!


・光牙との約束通りアリアを連れて聖域を離れたユナ。

始めは友達との約束からアリアを守ろうとしていたらしいユナもアリアの余りにも稚い様子にこの子を守らなければという独自の使命感が湧いた様子。

それにしてもアリアっていくつぐらいだろう…。


・いや、それ以前に彼女はいつぐらいからマルスに囚われていたんだろう?
今日の世界を物珍しそうに見る様子からして、相当子供のころから幽閉されてるっぽいけど。

それどころか浮世離れしすぎてて人であるかもどうかも怪しいような…。
勿論、アテナではないけどそれに準じる神の眷族か何かなのでしょうか???


・今回は黄金聖闘士の出番はほぼ無し。
代わりに差し向けられたのは白銀聖闘士の猟犬座ハウンドのミゲルと烏座クロウのヨハン。

そして彼らを率いる女火星士・ソニア。


・なんと、ソニアはマルスの娘でした。

なんかマルス自体が人なんか何なのか良くわからない存在なんで娘がいるってのは何か不思議な感じ。
そういえば今回はマルス側で女性キャラがもう一人出てたけどこの人は何なんだろう。


・自分で追手としてソニアを差し向けときながら式典やるから戻って来いって命令出すのはどうよ?(笑)
まあ、その頓珍漢な命令のおかげでユナは命拾いしたんですけど。


・そんな訳で蒼摩とソニアの対決もお預け……っていうか今の蒼摩では相手にならない。ソニア強い。


・その場を去ったソニアの代わりにユナ達の相手をしたのは、烏座のヨハン。

マルスの味方をする人なので、さぞかし悪い奴だろうと思ってたけど意外にフェアな雰囲気の人で驚いた。


・今回のヨハンとの戦いで思ったけどマルス側についてる聖闘士ってみんながみんなマルスの野望に加担してる訳じゃなくって、マルスの本心を知らずに純粋にアテナと地上を守ろうとして大教皇であるマルスに従っている人たちもいるみたいなんですよね…。

ヨハンは、まさにそんな感じの人。一般の青銅や白銀の聖闘士達は後者の人が多そう。


・なんかミケーネも後者の人のような気がする…。っていうか、これは現存する黄金聖闘士が二人ともマルスに与してると思いたくないだけかもしれないけど(笑)


・この話のラストで光牙たちはすっかりアテナ誘拐の『反逆者』に。でもまさか聖域ぶっ壊した犯人にもされるとは思わんかったわ(笑)

パライストラも完全に卒業できてないヒヨコ聖闘士にその罪を擦り付けるのは無理があるのでは?
それとも未熟な彼らでも徒手で岩をも砕く「聖闘士」である事に変わらないから、みんな納得なのか。


・どうやらバベルの塔を破壊する為には各地に点在するそれぞれの属性の遺跡を巡らなければいけないらしい。
そうでなければ人柱となった聖闘士達も救えない。

そんなわけで、光牙、蒼摩、ユナとアリアは遺跡を巡る旅に出る事になりました。

龍峰と栄斗は現在行方不明…。あんまり心配してなさそうな光牙にオイオイって思ったけど。それだけ彼らを信じてるってことなんでしょうね。

龍峰も栄斗も、どうも光牙たちの知らない何か知っている様子(龍峰は父親絡み、栄斗も牢で話した事が全部ではなさそう)なので、独自の動きから遺跡で合流という展開になるのかも。


・既に告知されてる事ですが、来週はついに瞬が登場!!

光牙たちの親世代は皆、何かを若い聖闘士たちに残す役割のようですが果たして彼は何を語るのか?
もう来週が楽しみで仕方ありません!!




関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2012/06/10 22:18 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ