desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season10 第15話「アンテナ」 

本日は『相棒シーズン10』第15話「アンテナ」の感想です。

……感想なんですが、、、、

やってしまった!!!!!!

「相棒」の録画予約が消えてた!!!(泣)


ついでに言うと先週も録れて無かった!!!!

もうほんとショックです。

去年レコーダーを買い換えて、以前持ってたものより使いやすいし高性能なので非常に便利に使っていたんですが、いかんせん使ってる私が適当な人間なのでたまにこういう事が起こります。

ある回では消してはいけないチャプターを消してしまったし… 

ほんと、嫌になります。とはいえ、やってしまった事をいつまでも嘆いていてもしょうがない。
むしろ、今日録画を確認した事で次週以降録り損なう事が無くなったという事で良しとしましょう!!

そんな訳で、相棒シーズン10第15話の感想です。


・シーズン10は何となく再登場シリーズが続いておりますが、今回のゲストは映画『鑑識米沢守の事件簿』から、米沢さんの“相棒”を務めた相原刑事の登場です。

現在も千束署の刑事である相原さん。しかし、映画で警察組織の不祥事を暴いてしまったが為に、署内では腫れ物に触るような扱いをうけているとか…。非常に気の毒な状態ではありますが、本人はあまり気に病んでなさそうなのが救い(そういう性格?)
そんな彼が、わざわざ米沢さんに会いに来るところから話が始まります。


・映画でも思いっきり米沢さんを振り回してくれた相原さんでしたが、今回も大暴走。
連続する通り魔事件の解決を焦るあまり、捜査本部を外された相原さんは米沢さんを頼り、偶然その場に居合わせた右京さんと共に捜査にまで乗り出す事になってしまったのです…。


・相原さんは、規則違反はするけど悪い人ではない。
早期の事件解決に焦ったのも決して手柄の為ではなく、あくまで被害の拡大を抑えたいため。

更に、右京さんが見つけ出した事件の目撃者である引きこもりの青年の事を本気で心配し、容疑者になった際には彼がそんな事出来るわけが無いと懸命に無実を主張する(根拠はびっくりするぐらい乏しかったけど)。
ある意味純粋な人。映画の時の元奥さんに対する行動や、今回の青年に対する行動を考えても深い「愛」を持つ人だと思う。

ただし、彼は他人を思いやるばかりに周囲に迷惑を掛けまくるという稀有な人物でもある。

びっくりするぐらい思い込みが激しく、猪突猛進であまり配慮という事もしないので、思いっきり人を怒らせたりする。しかも、自分は正しい事をしていると信じすぎているので、暴走を注意されても、逆に怒ったりするので実にやっかい。

米沢さんもとんでもない人物を右京さんに押しつけたもの。極めて良識的な神戸君は無茶苦茶な相原さんの言動に完敗。右京さんも珍しく少し怒ってたような…(勿論米沢さんは後々フォローを入れてましたが)。

その強引さは陣川警部補といい勝負。
もし二人が同時に登場したら多分収集はつかなくなる…。


・相原さんの被害はトリオ・ザ・捜一にも…!!
嫌な二択を突きつけられたり、大の大人が5人も車ですし詰めになったり…。ほんとご苦労様でした(特に伊丹)


・今回の右京さんは事件自体の解決もさることながら、「アンテナ」という言葉を出して頑なに心を閉ざす青年を諭した部分が印象に残りました。
あくまで冷静に、青年に語りかけ続けた右京さんの優しさ…。正にカウンセラーのようでした。


・心の中の「アンテナ」の感度が強すぎたばかりに周囲の人の言葉から必要以上のものを汲みとって傷ついていた引きこもりの青年。
また、逆に「アンテナ」の感度が悪かったために、夫婦の間にあったはずの思いやりを受け取れなくて、果てには
心が追い詰められ罪に手を染めてしまった妻。
非常に対照的な二人でした。


・今回の引きこもり青年とその家族と、すれ違う夫婦の造形は何だか妙にリアルに感じられました。
妻の行動は極端なようにも見えるけど、それだけ追い詰められてたということ(夫に殺意も抱いてたぐらいだし)。人間追い詰められたとき、現実でもそこで罪を犯すか犯さないかは紙一重な様な気がしました。


・今回は非常に面白かった!!
相原刑事にはちょっとイラッとさせられましたが(笑)、なんとなく青年の未来に希望を感じられるラストシーンが心に残りました。

また、相原というとんでもないキャラクターを前にしたレギュラーキャラクターの行動も中々見ものでした(笑)
こういう人物に会った時は良識的な神戸君は結構貧乏くじひいてしまいますね(^^;


・領収書名「警視庁刑事部臨時付特命係組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課内都合」…。
もしこれ書いてくださいと言われたら、私の顔は確実にひきつる。

それにしても刑事部付なのに、組織犯罪対策課内に部屋があるってのが特命係の警視庁内の孤島っぽさを際立ててるなー。


・今シーズンで卒業が決まっている神戸尊。
予告を見ると次回は、その事に関係するストーリーになりそうです。

次回の一体何が神戸君に自らの去就を決めさせるのでしょうか…












関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ