desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season10 第10話「ピエロ」 

毎年恒例の「相棒」元日スペシャルの感想です!!
今回のタイトルは「ピエロ」。昨年の「聖戦」に引き続き短めのタイトルです。

「聖戦」は年明けに観るにはかなり重い内容でしたが、今年は180度違う!
ある意味お正月に観るスペシャルには相応しいドキドキ感満載な内容でした。

・大晦日を目前に控え、雑用を任された右京と尊。
尊は一人オペラハウスに証拠品を返却にきていた。

そこで子供たちに愛嬌をふりまくピエロとぶつかったが、不審に思い、ピエロと子どもたちが乗り込んだマイクロバスに向かう。
そこで尊が観たのは子どもに拳銃を向ける不審な男たち。尊は子どもたちと、たまたまバスに乗り込んでしまった亮太と共に誘拐されてしまう。

尊の帰りが遅い事を不審に思った右京は独自に捜査を開始。残されていた手がかりから、尊や子どもたちが何らかの事件に巻き込まれたと推理。やがて、警視庁のみならず警察庁まで巻き込んだ一大事件へと発展していく。


・事件は当初危険人物が企てたテロ事件の様相をみせるが、途中から一変。
「真犯人」による身代金奪取事件へと変化を見せる。この犯人が頭も度胸も人一倍の人物。
通常なら、警察はただただ振り回されて苦杯を飲まなければいけなかったかもしれません。

しかし、敵対したのはあの「杉下右京」だったというのが犯人の不幸でした。

右京は持ち前の旺盛な行動力と、卓越した推理力で事件を追い、比較的短時間で事件の性質を特定。
子どもたちと尊の命を救うために奔走します。

捜査1課の面々は勿論の事、米田さんや角田課長、あの大河内さんまで手伝いをする総力戦!!
普段は鬱陶しいことこの上ない組織同士の対立も今回はだけはいい効果をもたらしました(いきなり上から目線で乗り込んできた警察庁の鼻を明かせるので部長ノリノリ・笑)。


・ひと山もふた山もある展開に終始ドキドキしっぱなし。
昨年の「聖戦」は観ててあまりの重さにちょっと投げそうになってたんですが(笑)今年は2時間半ずっと目が離せませんでした。

右京も尊も彼ららしい行動をとり、レギュラーメンバーもほぼまんべんなく活躍するシーンがあるのはファンとしては嬉しいところ。
特に、伊丹はある事情から捜査から外されてしまうのですが、当然大人しくしているわけではなく(むしろ右京さんが煽ってた)、右京さんの“臨時”相棒に!
二人が並んで行動する超珍しいシーンを観る事が出来ました。

また、スペクタクルだけで終わるのではなく犯人の犯行の動機が、一種社会的ものだったと判明するのがいかにも「相棒」らしいところ。切なささえ感じてしまいます。

しかしどんな理由があろうとも人の命を奪う事は許されることではありません。
犯人と対峙する右京が久しぶりに激昂するラストシーンは一番の見どころでした。


・ピエロとは、自分の知らぬ間に計画に組み込まていた「草壁」であり、メイクの下に苦しい胸の内を抱え続けていた犯人でもある。

犯人がしたかったと言った“10億円の買い物”はどこまで本気だったんだろう…。
もしかしたら、社会に一石を投じるだけの目的だったのかもしれない。


・今回の話の一番いいところは全てハッピーエンドで終わるところ。

人質は無事救出。犯人は自殺することも、狙撃される事も無く、撃たれた芹沢君も彼女とラブラブお正月を過ごす事が出来た!!(笑)←その写真を伊丹に送るとは…。彼は先輩に嫌がらせをしたいのか、それともマゾなのか?

そして、ちょっとお間抜けにも誘拐犯のマイクロバスに乗り込んだと思われていた亮太君(彼は事件の中である重要な役割がある)の子どもが無事生まれ、おじいさんと和解するシーンもいい…。

本当に観ていて楽しい気分になるスペシャルでした。お正月に観るにはこうでなくちゃ!


・今回は、ある意味右京の凄みと(もう一人で事件解決しちゃうんじゃないかという勢い。でも、登場人物たちの絶妙な連携も楽しめた!)、尊の機転&子供扱いを堪能できる回でした。

尊は結構子どもの扱いが上手い気がする(女の子だったから?)
そうえいば、以前にも子どもに好かれてるシーンがあったような…。相変わらず嘘はその場だけを取り繕うだけの嘘はあまりうまくないけど。

今回の脚本は太田愛さんでしたが、太田さんの書く神戸君は何となく好きです。


・今回大河内さんの意外な笑顔が見れたのがびっくり。本当に尊の事が心配だったのね。
事件解決後の電話のシーンもよかったです。登場したシーンは少なめだったような気がしますが無茶苦茶印象に残りました。


・今週の水曜日の放送はお休み。次回は1月11日の放送。タイトルは「名探偵再登場」。
そうです。あの、マーロウが再び登場。尊が「相棒」になるらしいですが果たしてどんな展開になってしまうのか。

今年も放送が楽しみです。


関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ