desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

今年の(趣味的)ニュース 2011年版 

今年もとうとう今日で終わり。
例年ならば今年も何とか平穏に過ごせました!…と、書くところですが1月は新燃岳の噴火、3月には東日本大震災。夏から秋にかけては各地で集中豪雨・台風の被害と様々な天災が発生。

「平穏」というものが如何に価値のあるものなのか思い知った年でもありました。

来年も波乱の予感はありますが、来年の同じ時期には「何とか無事過ごしてきました」という記事が書ければいいなと思っております。

さて、例年ならば【読書編】、【映像編】、【ゲーム編】と言った具合に並べて書いていってたんですが、今年は映画もゲームもあんまり…だったので(今はDSで『デビルサバイバー』やってるけど)今年は「読書」を中心にまとめたいと思います。


・今年はあまり小説を読めなかった年でした。
主な読書時間である電車の中でぼーっとしてる時間が増えたからでしょうか。そのかわり家で読む漫画は結構読みました。

そんな少ない中から中から、印象に残ってる本がこちら↓

http://book.akahoshitakuya.com/u/11759/cat/161712

一応ランキングという事になっていますが、順位はあまり意味がありません。
とりあえず、軽くご紹介を。

まずは五代ゆうさんの『クォンタムデビルサーガアバタールチューナー』全5巻。
プレイステーション2のゲーム「アバタールチューナー」の原案小説。ただし、ただのノベライズ作品ではなくまったく独立した作品となっています。
優秀なSF作品であり、様々な悲しみや災厄に見舞われながらも人々が手を携え生きていこうとする最終巻のストーリーが、現実と重なって非常に印象に残っています。

2作目は今野敏さんの隠蔽捜査シリーズより『転迷』。
『疑心』の惑う竜崎伸也も見ものでしたが、やはり揺るがない竜崎の姿は読んでいて気持ちがいい。
人間中々竜崎のようにはなれませんが、それでも彼に憧れを抱かざるを得ません。
このシリーズは今のところ1年1作のペースで刊行されているので、来年も期待しています。

3作目は漫画。島袋光年さんの『トリコ』。
何気なく買ってしまった漫画だったんですが、文字通り虜になりました。このブログでそれ程話題にしてませんが、実は自分でも異様なぐらいハマってます(笑)アニメも毎週観てしまうぐらい…。
少年漫画でありながら登場人物たちが全員大人。それなのにやってる事は王道の大冒険で、世界観が「大きければ凄い!」で統一されているのが何となくツボにハマっているのかも(何とも説明しがたいですが)
あと、バトル一辺倒でないところが好き。

4作目は内藤泰弘さん『血界戦線』。もう言わずもがな。年に2冊内藤先生のコミックが読めると言うだけで幸せ。

5作目は宮部みゆきさんの『火車』。
もう20年近く前の作品ですが全く古くない。勿論、時代の流れで変化している部分もあるので今の時代にあわない事もあるのですが、そこに描かれている人間の心は普遍的なものだと思います。
久々の宮部さんでしたが面白かった。来年は『模倣犯』にチャレンジしてみたい。

6作目は高城高さんの『函館水上警察』。
ちょっと渋い警察小説。短編集ですがミステリあり、事件捜査あり、アクションありと色々と楽しませてくれます。

7作目は高田郁さんのみをつくし料理帖シリーズより『八朔の雪』。
各所で評判の良い時代小説ですが、それも納得の作品。主人公・澪の頑張る姿に自分も励まされました。

8作目は平野耕太さんの『ドリフターズ』第2巻。待ってました!!
話は相変わらず進んでないんですが、それでもドキドキさせられます。あと、今月のアワーズに掲載があるのかという意味でもドキドキさせられます(笑)

9作目は冲方丁さんの『マルドゥック・フラグメンツ』。マルドゥックシリーズ初の短編であり、「スクランブル」、「ヴェロシティ」の間隙を埋める作品。更に、3作目である「アノマニス」の予告編にもなっています。
「アノマニス」は楽しみなようでもあり、怖くもあり。

10作目は尾田栄一郎さんの『ワンピース』第61巻。
新章突入の巻であり、最も印象深い。


今年は、家にある本の整理がだいぶ済んだので未読本を次々消化していきたいです。
スペースが限られているので、出来る限り読書メモを残してから手放すようにしないと…。

あと、原りょうさんの最新作は今年もお目見えならずでした。もう諦めた方がいいのか…




・最後となりましたが今年もこのつたないブログを読んでいただきありがとうございました。

自分の為のメモ&友人への近況報告で書き始めたこのブログも今年で5年目。
人が読む事を想定して書いてはいるものの、あまりの文章力のなさに読んでいただいてる方に申し訳ないなと感じております。

それでも、更新を続けてきたのは私がやっぱり何かを書くのが好きだという事と、こんな文章でもどなたかが読んでくださっているのがわかるからです。
(いつも拍手ありがとうございます。更新の励みになっています)


内容の偏ったブログではありますがこれからも続けていければと思っております。
それでは、来年もよろしくお願いいたします。




関連記事
スポンサーサイト




この記事をリンクする?:


[ 2011/12/31 21:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ