FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season10 第6話「ラストソング」

・少し体調を崩しぎみなんですが、今週も無事「相棒」を見る事が出来て少し元気が出てきました(笑)
と、いうわけで一応軽く感想を。


・伝説のジャズシンガーといわれた安城瑠里子の復活ライブで、彼女のライブをサポートしていたイベント会社社長・鎌屋充子の転落遺体が見つかった。
煙草を吸いに非常階段に出た際、誤って転落したものと思われたが、偶然ライブに来ていた尊は遺体のそばで無傷の携帯電話を発見。もし、彼女と共に落下したならば、携帯電話はただでは済まないはず。疑問を感じた尊は右京と共に捜査を開始する。


・開始直後は倒叙式ミステリーのようなシナリオなのかと思いきや、話が進むにつれ重要になってくるのは瑠里子が事件を起こした「動機」の方。
ラスト明らかになったのはある意味「アンルーリー(「御しにくい」「気ままな」の意)」と呼ばれた瑠里子に相応しい動機でした。

・一時は愛し、関係が終わってからも密かに助けてくれた男をかばうための犯罪ではない。
彼女が恐れたのは歌う事を奪われる事。

20年前、グループを解散した後どんな素晴らしいミュージシャンの演奏でも思うように歌えなくなってしまった瑠里子にとって、歌うためにはどんな男であったとしても彼の演奏は必要だったのです。

鳴りやまないアンコールに応えてほしいと頼まれた時にもう歌えないと言った時の様子が何とも切ない。
瑠里子は恐らくほとんどの人が理解しがたい「動機」でステージを去ったのでした…。


・『相棒』で時々ある「職人もの」を思わせるストーリー。
動機を追及していくミステリーとしても面白かったです。

そして何より一筋縄ではいかない気ままな安城瑠里子を演じた研ナオコさんが兎に角素晴らしかった!!
今回の肝でもあるジャズのステージのシーンはドラマのワンシーンとは思えないほど見応えがありました。


・と、安城瑠里子のキャラクターやステージのシーンが印象に残る今回ですが、それ以外でかなりびっくりしたのが実は神戸君がシーズン8に登場した昔の恋人・細野唯子と今でも連絡を取り合っている(らしい)という事。
確かにあの話のラストシーンを考えると、尊が彼女と連絡を取り続けているというのは有り得る話ではあります。

これは二人は再び付き合い始めているという事なのか、それとも尊の片思いなのか?
シーズン10での唯子再登場があるのかという点も含め、今後が気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ