プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

『鉄血のオルフェンズ』最終回

・約2年。
ずっと見続けてきた『鉄血のオルフェンズ』が今日最終回を迎えました。

底辺から駆け上がっていった1期目と違い、2期目の展開はある意味登りつめた「鉄華団」の転落を描く物語でもあったので観ていて非常に辛く、特にこの1、2ヶ月ぐらいの展開は主要キャラクターが次々抜けていったこともあって、本当に観ていてしんどかった…。

だから昨日まではもう嫌だな~見るの怖いな~と思ってたんですが、今日、最終回を観終わった後、やけにスッキリした気分になっている私がいました。

勿論、ハッピーエンドとは言い難いです。
オルガどころか、三日月まで命を落とし、事件が終わった後、鉄華団の子供達の名前は殆どの人間に記憶されずに終わるという結末は、虚しさを感じさせるものではありました。
更に、マクギリスが目指したギャラルホルンの改革も宿敵だったラスタル・エリオンの手によってなされたというのもいかにも皮肉です。

しかし、結果論に過ぎないかもしれませんが、マクギリスや鉄華団がいなければ、最終回で描かれた世界は来なかったかもしれないし、きてもずっと遠い未来だったのかもしれません。

ラスタルがこの事件が無かったら果たして改革に手をつけたかというと、極めて怪しいと思います。
このマクギリスの事件を早期に解決に導いた事でギャラルホルンの汚名はを晴らしたものの、セブンスターズは多くの当主を失い七家は求心力を失った。
下手をすれば再び混乱が起こりそうな事態を収拾しなければいけなかったからこそ、天性のバランサーであるラスタルは安定をもたらすために改革に舵を切ったのでしょう。

だから、もしマクギリスが事件を起こさなければ、ここまで急スピードで改革は為されず、クーデリアの存在の大きさもクローズアップされなかったかもしれません(勿論、マクギリスが事件を起こさなければオルガや三日月たちがあのような運命を辿ることも無かったんでしょうが…)。

そして、三日月と昭弘のあの最後のあがきがあったからこそ鉄華団の多くの人間が生き残ることができた。
最終回で描かれた彼らの姿は(ライドの辿った運命が影を落とすものの)おおむね幸福そうで、亡くなった者たちに命を託された彼らは多くの事を学び、より良い世界を作る為に生きているようにみえました。

死んでいった者たちはただ、虚しく命を落としていったのでは無い。
最大限残せるものを残す事ができた。

そして多くの人は忘れても、鉄華団と命をかけて戦った者たちや、家族のように接してきた者たちは、彼らが単なる「大義の無い戦闘狂の傭兵集団」では無い事を知っている。
それを知る者たちが、世界をまわしていくのだとしたら、世界は良くなっていくのかもしれない。そう思わせる結末でした。


展開に迂遠な部分があったと思うし、少し感覚的に破綻を感じる部分も無きにしもあらずなんですが、これまでの彼らの戦いがこの幸福を内包した結末にたどり着くまでのものだったんだとしたら、私としては納得かな~なんて思ったりしています。

贅沢を言うならばできれば、三日月にもこの「未来」にたどり着いて欲しかったんですけどね…。
でも、ずっと気になっていた『三日月はオルガと目指した「場所」にたどり着く事ができるのか?」という事について、答えが示されたので(あの瞬間だったというのは辛い事だったんですが)、これはこれで救いだったかな、と今は思います。

うん、でも、三日月にもオルガにも当たり前の「幸福」を掴んで欲しかったという思いは変わらないのですが…。


・何はともあれ、孤児たちの物語は幕を下ろしました。

間休みを挟んだとはいえ、久しぶりに1年視聴し続けたアニメ。
今思えば話を深読みしすぎて今見ると恥ずかしくなるツイートいっぱいしたりしてたな~(笑)

正直物語の展開の仕方や、その結末、ガンダムというブランド的には賛否両論絶対出るアニメだと思います。
でも、私自身は『血界戦線』以外で久しぶりに毎週の放送が(苦しくも)楽しみだったアニメでした。

ドキドキしながら観てた番組は終わってしまうってやっぱり寂しい…。
スポンサーサイト
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: