FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

2016年1月に読みたい本 

・去年から毎月読みたい本のリストをブログで書いてたんですが、年明けたらすっかり忘れてました

で、今更ながら2015年1月に読みたい本5冊(漫画を除く)。


・『妖怪探偵・百目3:百鬼の楽師』/上田早夕里/光文社
・『デュラララ×9』/成田良悟/アスキー・メディアワークス
・『バッカーノ1710』/成田良悟/アスキー・メディアワークス
・『アルモニカ・ディアボリカ』/皆川博子/早川書房
・『天邪鬼の輩』/愁堂れな/富士見書房



今月もキャラクター小説多し。

『妖怪探偵・百目』はシリーズ最終巻。

『デュラララ』と『バッカーノ!』からは1冊ずつ。
そろそろ成田良悟さんの本は一気に消費した方が良いんじゃないかという気がしてきましたが、そればっかり読み続けるのもちょっと飽きてくるので今年もこのペースで読みたいと思います。

『アルモニカ・ディアボリカ』は『開かせていただき光栄です』の続編。
今月発売予定にはいってるんですが、Amazonには書影がでないのはなんででしょう?
もし、延期になったら別の本を読む。

『天邪鬼の輩』は薔薇十字叢書の1冊。





[ 2016/01/11 15:37 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

01/10のツイートまとめ 

kuro_no

仮面!!遂に仮面キャラ登場!いったい何者なんだろ…。以前は被るとすればアインかマクギリスだと思ってたんですが。声は櫻井さんっぽいけどあんまり自信もない
01-10 18:58

ガエリオは勝手に出撃して後でマクギリスに起こられないんだろうか…。それともマクギリスにとってこれも折り込み済みだった…ってのは流石に腹黒すぎるか(^_^;)
01-10 18:40

ビスケットに兄がいる事が判明。しかし、生きる世界が違いすぎてちょっと辛いことになりそうな…。付いていったアトラも何かに巻き込まれそうだし非常に心配
01-10 18:37

できればクーデリアを庇って…なんて展開は無しで願いたい。クーデリアはまだまだ子供で、彼女にはフミタンのような誰も代わることができない「支え」がまだまだ必要だと思うから。
01-10 18:34

クーデリア抹殺計画に関わりながらそれを積極的に遂行できず苦悩するフミタン。もう素直になっちゃいなさいよ!お嬢様の事、気に入ってるんでしょ!!
01-10 18:31

凄いな…。男所帯
01-10 18:29

今週の『オルフェンズ』観ました。完全に鉄華団ははめられ、なし崩し的に反乱に巻き込まれることに…。クーデリアは鉄華団が臭いお陰で命拾いする事に(笑)
01-10 18:27

【昭和元禄落語心中(1) (KCx)/雲田 はるこ】を読みたい本に追加 →https://t.co/WEEI2QoMk3 #bookmeter
01-10 15:33

【デュラララ!!×9 (電撃文庫)/成田 良悟】を読んでる本に追加 →https://t.co/GuU4ePPcTE #bookmeter
01-10 15:24





[ 2016/01/11 03:42 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

01/09のツイートまとめ 

kuro_no

皆川博子さんの『アルモニカ・ディアボリカ』が1月22日に文庫化する事を今知った。絶対買いに行こう!! →https://t.co/szVKsF3ObL #bookmeter
01-09 20:02

【弱虫ペダル SPARE BIKE(2)(少年チャンピオン・コミックス)/渡辺 航】『弱虫ペダル』のサイドストーリーを描く短編集2作目。今回の主役は箱学の荒北、総北の金城。荒北が自転車を始めるきっかけ... →https://t.co/0RWTmtB9sG #bookmeter
01-09 10:50

【弱虫ペダル SPARE BIKE(2)(少年チャンピオン・コミックス)/渡辺 航】を読んでる本に追加 →https://t.co/rQ01xYjy8O #bookmeter
01-09 10:25





[ 2016/01/10 03:41 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

『血界戦線 Back 2 Back』第1巻買ってきました!! 

pic20160104.jpg

本日発売の『血界戦線 Back 2 Back』第1巻を買ってきました!
今回の表紙はタコ足に追われるザップ、レオ(とソニック)。

セカンドシーズン開始の今巻からこれまでの表紙デザインの様式が一新。
裏表紙には収録回のタイトルまでは言ってる親切仕様になってます。

これまでの『トライガン』方式(表紙に主要キャラクター、裏表紙にその巻の登場人物や内容をあしらったデザイン)も好きでしたがこれはこれでオシャレでかっこいいです。

収録タイトルは、久々の休日に浮かれるレオに降りかかる災難を描く、セカンドシーズン開幕編「ライツ、カメラ、アクション!」
ザップとチェインが捕まった!?同じ手錠で繋がれた犬猿の仲の二人の脱出行「大脱走ハンドカフス」
堕落王フェムトの気まぐれでHLが大混乱に陥る(そしてレオにも災難が降りかかる)「Wacky Jive in HL」
完璧執事・ギルベルトの意外な弱点が判明する「とある執事のゴールドブレンド」

今まで不明だったサブタイトルのこれで判明。それに合わせてうちの感想もタイトルも後ほど変更しておきたいと思います。

ちなみに今月はコミックの発売だけでは無く「ジャンプSQ.クラウン」の発売もあるはず…。
発売日がちょっと今のところ判らないんですが(それとも「SQ.」本誌には載ってるんだろうか?)、非常に楽しみにしております。


テーマ : 血界戦線 - ジャンル : アニメ・コミック



[ 2016/01/04 21:33 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)

01/03のツイートまとめ 

kuro_no

でも明日は待ちに待った『血界戦線B2B』の新刊発売日なのでちょっとウキウキしてる
01-03 17:33

明日は仕事始め。休みも終わりか…とちょっと寂しい。
01-03 17:32

【デュラララ!!×8 (電撃文庫)/成田 良悟】聖辺ルリに対するストーカー事件を縦軸に帝人・正臣・杏里の動きが描かれる第8巻。大事な友人たちの居場所を作る為に必死な帝人。友人の為に再び池袋に戻った正臣... →https://t.co/OrEqKrX7WQ #bookmeter
01-03 13:12





[ 2016/01/04 03:42 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

相棒season14 第9話「秘密の家」&第10話「英雄~罪深き者たち」 

・相棒season14の感想を2話分まとめてメモ。

【第9話】秘密の家

・2015年最後の放送。強盗犯の立てこもり現場に落ちていた子供の絵。
場にそぐわない絵をきっかけに、右京は「発覚しなかった誘拐事件」を捜査する。

・右京さんの強心臓をひたすら味わう回
ずっとそうではあったんだけど、見ている方が何となく心臓が痛くなる右京さんの捜査。
怒鳴られようが嫌がられようがどこ吹く風。

しかし、それは冠城も同じでこちらはこちらでわざと煽って情報を引き出そうとする始末…。本当にこの二人は似た者同士だと思う。

・右京「君は存外、人を怒らせるのが得意なようですね~」←あんたが言うな!!(笑)

・事件の真相は誘拐された(と見られていた)子供の父親が会社を守ろうとして画策した「狂言誘拐」。
事件の真相を彼の事を嫌っていた妻の父親も知っていたが、娘と孫を守る為にわざと身代金を払って家族の窮地を救った。

・義父が嫌う義理の息子を救ったのは「家族」が大事であったから。
もと警察官でありながら大それた犯行を黙っていたのは、会社を守る意味もあったのでしょうが、第一に警察退職後に培った「罪を暴かない方が幸せな事もある」という考え方の転換からだった。
彼は彼の考えによって「家族」を守ろうとしていた。

・しかし、右京は「罪を抱えたまま幸せ何はなれない」と言葉を返す。
家族の幸せ輪を願っての事と言うものの、結局彼は可愛い孫に嘘をつかせて密かに苦しめていた。
勿論、孫は事件の全てを知っているわけではない。しかし、父親や母親の様子から自分なりに良心を守らなければいけないとうっ屈していた。結局、彼は「彼女に不幸を背負わせている」。

・それがどんなに酷な事でも全ての真相を明らかにするかどうか、というのは『相棒』全体を通してのテーマと言うべきものだけど、今回は小品ながらそのテーマに沿った内容だったように思う。
今回、少女は笑顔を取り戻せたけど、他のケースではどうなのか?色々と考えてしまう。


【第10話】英雄~罪深き者たち

・あの本多篤人が再びテロを画策?
久々に登場した三浦さんに、気になる情報を聞かされた右京は富山に飛ぶ。
本多の娘・梨奈が死を前にして父親に対して託した「願い」とは?

・なんと!あの三浦さんが久々に登場。
刑事時代とはすっかり様子が変わった事に驚きましたが彼の登場によって右京は本多の起こそうとしている事件に首を突っ込む事に…。

・三浦さんは捜査一課時代、伊丹と芹沢以上に特命係と一線を隔す態度を崩さなかったけど(協力はしても立場の違いを明確にするポジション)、一般人となった今は、杉下右京ならば事件かどうかもわからないこの「気になる事」を解決してくれるに違いない、という一種の「信頼」を寄せている事がうかがえた事が感慨深い。
きっと現役時代も表にはだせなかったけど右京のその特殊な才能自体は認めてたんだろうな~と感じる。

これを機に、たまにゲストで出てくれないかな~。スペシャルだからこその出演かもしれませんが。
あと、こんな自分の思いつきに伊丹達を巻き込みたくないという気遣う言葉があったのもちょっと嬉しかったりしました。

・本多の事件の際、実は冠城が片山議員が結成したチームに入っていてニアミスしていたというのは、冠城に事件に対する思い入れを産むいい設定だったように思う。

・今回、こういう大きな事件の場合のレギュラーといっても過言ではない大河内さんがお休みの代わりに甲斐長官官房付きが登場。
大河内さんが首席監察官という立場である以上、今回の話ではちょっと入れる隙が無かったからしゃーないですけど。
(今までの登場も割とウルトラC気味な奴もあったし)

それにしても甲斐さんは素直じゃなくて面白いな~。右京さんに戻ってきて欲しいとも言いだせず、冠城に右京を手伝って来いとも言えず。
結局は自分の置かれた立場を貫いて片山議員から泥をかぶせられないよう警察組織を守る事に終始したのは流石と言うしかない。
ただ、甲斐さんに助けを求められて素直に戻る右京さんではないと思うけど…。

・父親に自分の冥福を祈るよりも「ヒーロー」としての生き方を全うしてほしいと願った本多の娘・梨奈の願いは穏やかなようでいて結構苛烈。
彼女にとっての父親は優しい父ではなく、母親に聞かされた憧れのヒーロー「本多篤人」だったんですね。文字通り死ぬまでその思いは変わらなかった。

そして、自分の事件が全て終わった後娘と静かに生きようとしていた本多も死を間際にした娘のたっての願いを聞かざるを得なかった。それで自分が滅びる事になったとしても…。

テロリストとしての本多は許し難い人物だったかもしれませんが、彼ら父娘の辿った運命を思うと切なさを感じてしまいます。

・大黒という人は恵まれない子供たちにとっては幸せを与えた優しい人間だったのかもしれませんが、とんでもないものを託していったと言わざるを得ない。
何故、ただでさえ辛い境遇の子供たちに復讐などを託していったのか…。

その一事をもってしても晩節を汚したと言わざるを得ない。

・復讐を誓った二人の内の一人が女の子だった事には素直に驚かされました。
右京の言葉を受けて、父親に託していった梨奈の思いが少しは彼女に届いたのだと信じたいのですが…。

・本多の関与を知り、自分が過去に行った処置を隠そうとしつつさらに利益を得ようとした片山雛子は音越を殺された事で最後に痛み分けの結果に。

死んだ官房長官をヒーローに祭り上げた上で、甲斐との約束通り責任をとって議員を辞めるいさぎい良さを示したのは彼女らしい行動だったように思う。雛子の事ですから今の自分の行動を世間がどのようにとるか解っていて、辞めたんではないかと。

・良くも悪くもインパクトのある政治家ですから、しばらく雌伏したとしても、きっと世間から待望論が出て、復活するに違いない。
今は彼女の行動は拍子抜けかもしれませんが、その内何かを引っ提げて強烈に再登場するんではないかと思ってしまいます。

・次週の放送はお休み。
第11話の放送日は1月13日。





テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



[ 2016/01/02 13:38 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)

01/01のツイートまとめ 

kuro_no

【ONE PIECE 80 (ジャンプコミックス)/尾田 栄一郎】曲者達が一方的にルフィの「子分」となり、新たに「ゾウ」での冒険が始まる第80巻。色々ありましたが運命に振り回され続けたレベッカがきちん... →https://t.co/wXJ3VpXQF8 #bookmeter
01-01 23:24

今シーズンから毎回感想を書いてる訳じゃないから、時間ができたらゆっくり観よう…
01-01 22:49

『相棒』の元日スペシャルが始まって以来見逃す。今までは弟ら夫婦がだらだら居座ろうとも観ていたというのに…。去年は赤ちゃんだった甥が少し大きくなって凄い活発で、下手に遊んでくれる奴(私)がいるから9時になろうが寝やしない。もう今日は観るのを諦めてしまった。
01-01 22:48

2015年の読書メーター 読んだ本の数:78冊 読んだページ数:22341ページ ナイス数:1548ナイス ★2015年に読んだ本一覧はこちら→ https://t.co/doU4kCN8p4 目 →https://t.co/lZD5ccOi0r #bookmeter
01-01 12:03

2015年12月の読書メーター 読んだ本の数:7冊 読んだページ数:1625ページ ナイス数:110ナイス ★12月に読んだ本一覧はこちら→ https://t.co/ubd2z165Pf 読書に →https://t.co/Lz3mvc3enY #bookmeter
01-01 12:00

追加の年賀状買いがてらコンビニまで歩いたらめちゃくちゃ暖かい!
01-01 11:43

あけましておめでとうございます(≧∇≦)今年も宜しくお願いします。家族への挨拶終わってお酒も入ったので小一時間一休み
01-01 08:08





[ 2016/01/02 03:40 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

2015年の読書メーターまとめ 

引き続きまして2015年全体の「読書メーター」のまとめ。

昨年の読んだ本の数が114冊だったんで本当に少ない!!
昨年までやってた大人買いで一気に漫画を読む事が少なくなったのと、1年通してみても読書に気が向かない時が多かったのもあってあまり冊数を稼げなかった。

冊数を読む事だけが読書の目的では当然ありませんが、それでも自室であふれかえってる本をみるとやはり結構なペースで読まないと本自体が非常に可哀想な状態になってる事は否めない。
部屋の本を整理する為にも、もう少し色々と工夫していく必要があるかもしれません。

2015年は目標に全然達する事ができない冊数しか読む事ができませんでしたが、自分を叱咤する意味でも今年も同じく年間150冊(ただし、漫画も含む)でやっていこう!!

2015年の読書メーター
読んだ本の数:78冊
読んだページ数:22341ページ
ナイス数:1548ナイス
http://bookmeter.com/u/11759/matome_y?invite_id=11759

【1月】
■繰繰れ!コックリさん(3) 著者:遠藤ミドリ
■聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝 12 著者:車田正美・手代木史織
■イラストでよくわかる かんたん片づけ術 著者:ミニマル,ブロックバスター
■ダ・ヴィンチ 2015年 02月号 [雑誌]
■屍者の帝国 著者:伊藤計劃,円城塔
■トッカン―特別国税徴収官― 著者:高殿円

【2月】
■デュラララ!! 著者:成田良悟
■アルスラーン戦記(3) 著者:荒川弘
■彼女のこんだて帖 (講談社文庫) 著者:角田光代
■ジョジョの奇妙な冒険 (20) 著者:荒木飛呂彦
■聖闘士星矢EPISODE.Gアサシン 2 著者:車田正美岡田芽武
■国姿 公安捜査 著者:浜田文人

【3月】
■鬼灯の冷徹(17) 著者:江口夏実
■バッカーノ!1931 鈍行編―The Grand Punk Railroad 著者:成田良悟
■バッカーノ!1931 特急編―The Grand Punk Railroad 著者:成田良悟
■もっと輝く自分を見つける手帳づくり (e-MOOK)
■最後の証人 著者:柚月裕子
■デュラララ!!×2 著者:成田良悟

【4月】
■血界戦線 10 ─妖眼幻視行─ 著者:内藤泰弘
■ONE PIECE 77 著者:尾田栄一郎
■冬に散る華 (函館水上警察) 著者:高城高
■バッカーノ!1932―Drug & The Dominos 著者:成田良悟
■三匹のおっさん ふたたび 著者:有川浩

【5月】
■ガーゴイル (2) 著者:近藤るるる
■ガーゴイル 3巻 著者:冲方丁・原作,近藤るるる・作画
■街角の犬 著者:鳴海章
■鬼灯の冷徹(18) 著者:江口夏実
■聖闘士星矢EPISODE.Gアサシン 3 著者:岡田芽武車田正美

【6月】
■イニシエーション・ラブ 著者:乾くるみ
■血界戦線 オンリー・ア・ペイパームーン 著者:内藤泰弘,秋田禎信
■妖怪探偵・百目 1: 朱塗の街 著者:上田早夕里
■聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝 13 著者:手代木史織車田正美
■デュラララ!!×3 著者:成田良悟

【7月】
■バッカーノ!2001―The Children Of Bottle 著者:成田良悟
■ONE PIECE 78 著者:尾田栄一郎
■妖怪探偵・百目2: 廃墟を満たす禍 著者:上田早夕里
■デュラララ!!×4 著者:成田良悟
■黒博物館 ゴースト アンド レディ 上 著者:藤田和日郎
■真鍮のむし (永見緋太郎の事件簿) 著者:田中啓文
■バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ 著者:成田良悟
■黒博物館 ゴースト アンド レディ 下 著者:藤田和日郎

【8月】
■バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ 著者:成田良悟
■家事の手間を9割減らせる部屋づくり 著者:本間朝子
■ホテルローヤル 著者:桜木紫乃
■デュラララ!!×5 著者:成田良悟

【8月】
■うしおととら 著者:中山文十郎
■バッカーノ!1934獄中編―Alice In Jails 著者:成田良悟
■バッカーノ!1934 娑婆編―Alice In Jails 著者:成田良悟
■バッカーノ!1934 完結編―Peter Pan In Chains 著者:成田良悟
■鬼灯の冷徹(19) 著者:江口夏実
■聖闘士星矢EPISODE.Gアサシン 4 著者:岡田芽武車田正美

【9月】
■ナイト&シャドウ 著者:柳広司
■デュラララ!!×6 著者:成田良悟
■文豪ストレイドッグス -1 著者:春河35
■ローマ帽子の秘密 著者:エラリー・クイーン
■本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで 著者:齋藤孝
■弱虫ペダル 16 著者:渡辺航
■メタルギア ソリッド サブスタンス (1) シャドー・モセス 著者:野島一人

【10月】
■バッカーノ!1705―The Ironic Light Orchestra 著者:成田良悟
■ONE PIECE 79 著者:尾田栄一郎
■アルスラーン戦記(4) 著者:荒川弘
■アイの物語 著者:山本弘
■デュラララ!!×7 著者:成田良悟
■聖闘士星矢EPISODE.Gアサシン 5 著者:岡田芽武車田正美

【11月】
■ヤングブラック・ジャック 1 著者:田畑由秋,大熊ゆうご
■伊藤計劃トリビュート 著者:王城夕紀,柴田勝家,仁木稔,長谷敏司,伴名練,藤井太洋,伏見完,吉上亮
■バッカーノ!2002「A side」―Bullet Garden 著者:成田良悟
■バッカーノ!2002「B side」―Blood Sabbath 著者:成田良悟
■鬼灯の冷徹(20) 著者:江口夏実
■聖☆おにいさん 通常版(12) 著者:中村光
■ayacoの手帖のつくりかた 著者:ayaco

【12月】
■ガーゴイル 4巻 著者:冲方丁・原作,近藤るるる・作画
■聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(14) 著者:車田正美手代木史織
■書き下ろし日本SFコレクション NOVA+:屍者たちの帝国
■バッカーノ!1931 臨時急行編―Another Junk Railroad 著者:成田良悟
■弱虫ペダル 17 著者:渡辺航
■弱虫ペダル 18 著者:渡辺航
■SHERLOCK ピンク色の研究 著者:Jay.





[ 2016/01/01 15:24 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

明けましておめでとうございます&2015年12月の読書メーターまとめ 

明けましておめでとうございます。
拙いブログではありますが本年もよろしくお願いいたします

2016年の1月1日は天候にも恵まれ、本当に温かい一日となりました。
散歩がてらコンビニまでの道を歩いたら凄くあったかくて、ダウンジャケットだとちょっと暑いぐらい。

季節的にはおかしいんだろうな~と、思いつつそれでも日和が穏やかだと何となく嬉しい、新年一日目です。


新年一回目の更新は、1日恒例の読書メーター先月のまとめ。

12月は冊数としては11月と変わらないけど、漫画(しかも今月読んだわけでは無いものも含む)で水増しした7冊となってしまいました。
何となくあわただしくてなかなか読書に気が向かなかった…
おまけに先月から続けて読んでた2冊を読み終われなかったのも個人的にはちょっと悔しい…。
今年も同じ目標冊数(漫画も含めて150冊)を設定してるので、1月はできるだけ数を延ばしたいです。

2015年12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1625ページ
ナイス数:110ナイス


ガーゴイル  4巻 (コミック(YKコミックス))ガーゴイル 4巻 (コミック(YKコミックス))感想
人の真の姿を見通す異能者である松平容保公との謁見。八瀬童子衆との決戦。童子衆を陰で誑かしていた黒幕も登場し、話も大いに盛り上がってきたところで第1部完ってどういう事!!(泣)確かに話は佳境に向かってる感じですがまさかこんな中途半端な場面で終わってしまうとは…。冲方さんと言えば同雑誌に連載していた「ピルグリム・イェーガー」も第1部で止まったままなのでこの続きが読めるかはかなり怪しいと思ってますが、ここで終わらせてしまうのは惜しい漫画だと思うので、できれば続きが描かれる事を祈っております。
読了日:12月3日 著者:冲方丁・原作,近藤るるる・作画


聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(14)(少年チャンピオン・コミックス)聖闘士星矢THE LOST CANVAS冥王神話外伝(14)(少年チャンピオン・コミックス)感想
牡羊座シオン編・後編(「プリンセスGOLD」に掲載されていたユズリハの外伝も収録)。因縁を持つ時の神・カイロスとの決着、そして「アテナ」と「天馬星座」の帰還が描かれる。聖衣を通して多くの聖闘士達の魂を受け取り、過去・現在・未来を繋ぐ鎹となったシオン。彼の聖域を護る教皇としての凛々しい姿と、想いの強さ。そしてシオンの想いに応えるように現れたアテナとテンマの姿に胸に迫るものがありました。また、身を呈して弟子を守り立つテネオの姿も感慨深い。外伝はハクレイの弟子繋がりでこの巻に収録されるのに相応しい物語。
読了日:12月10日 著者:車田正美手代木史織


書き下ろし日本SFコレクション NOVA+:屍者たちの帝国 (河出文庫)書き下ろし日本SFコレクション NOVA+:屍者たちの帝国 (河出文庫)感想
『屍者の帝国』を題材としたシェアード・ワールド小説集。著した作家は新人からベテランまで幅広く。この小説の成り立ちが成り立ちだけに、非常に面白い試み。どの作品も真剣な中に伊藤計劃さんっぽい諧謔も感じられて非常に楽しめました。個人的に好きなのは「従者トム」、「屍者狩り大佐」、「海神の裔」。「従者…」と「海神…」は偶然ながら同じ名前の登場人物が登場する作品であり、共通する主題を感じさせる作品集の初めと終わりを締めるに相応しい作品。
「屍者狩り…」はオーソドックスなアンソロジー作品ですが、登場人物たちの選定が如何にも著者らしく、内容も本編の一場面っぽくて楽しめました。「エリス…」と「石を…」はこちらも偶然にも表裏を為すような内容の作品。「石を…」は長編の一部分のようにも感じる。
「神の御名…」はイスラム神秘主義と屍者という題材が面白く、「小ネズミ…」と「ジャングル…」は話の思わぬ展開に驚かされる。特に「小ネズミ…」のぶっ飛び具合は本当に凄いと思った。『カラマーゾフの妹』が読みたくなった(その前に『カラマーゾフの兄弟』をちゃんと読んでおきたい
読了日:12月15日 著者:


バッカーノ!1931 臨時急行編―Another Junk Railroad (電撃文庫)バッカーノ!1931 臨時急行編―Another Junk Railroad (電撃文庫)感想
DD新聞社の副社長の口から語られるフライング・プッシーフット事件のその後の出来事。そして事件の裏で暗躍(?)した二人の人物の動きや、メインキャラクターに関わった脇役達の視点も交えて綴られる『1931』増補編。話の中心となるのはジャグジーとグラハムの出会いと、父親と自分と言う閉じた世界にいたシャーネの心境の変化。クレアと再会した時の彼女はかなり可愛かった…。一方、陰で蠢くある人物にも注目。前作でヒューイが殺したと目されたある女性はヒューイ曰くこの人物が手にかけたようですが?次巻はそのあたりの顛末が描かれそう
読了日:12月22日 著者:成田良悟


弱虫ペダル 17 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 17 (少年チャンピオン・コミックス)感想
混戦のゴール前、総北、箱学、京伏の2日目クライマックスを描く第17巻。ゴールまでの展開を綿密に組立て、その上で個人の実力をも見せつける御堂筋の思惑はここで崩れ去る。絶対的な王者の貫録を見せる箱学。チーム全員でゴール争いに食らえ付く総北。両校の驚異的とも言える「強さ」は狂人じみて見えてもレース全体を冷静に分析していた御堂筋に全ての計算を捨てさせる。この巻は本当に見どころ満載!ゴール前の戦いだという事もありますが、今泉の復活や石垣の頑張りなど読みごたえを感じます。手に汗握るレースの描写は本当に素晴らしい…
読了日:12月27日 著者:渡辺航


弱虫ペダル 18 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 18 (少年チャンピオン・コミックス)感想
3校エースのゴール直前争いとその結末を描く18巻。1年前自らが犯した「罪」や「弱さ」と向き合い金城を乗り越えて真の強者になろうと戦う福富。チームと金城の思いを受け止め、自ら3年間積み上げてきたものでゴールを掴もうとする金城。そして自分から削れるものは全て削り、誰よりも純粋に1位を取ろうとする御堂筋。自らが背負う想いと誇りにかけて戦う三者の争いは壮絶の一言。ただただ胸を打たれる。特に御堂筋の過去と勝利に対する考え方の描写は今まで共感しにくかった彼がどういう人間なのかを明示する良いエピソードだったように思う。
読了日:12月27日 著者:渡辺航


SHERLOCK ピンク色の研究 (カドカワコミックス・エース)SHERLOCK ピンク色の研究 (カドカワコミックス・エース)感想
BBCドラマ「SHERLOCK」のコミカライズ版。原作であるドラマの役者陣にかなり近いキャラクターデザインは高感度高し。ドラマの展開自体も巧みに再現しているように思います。コミカライズにあまり良い印象が無い人でもこれなら納得の出来ではないでしょうか?ストーリーはドラマそのままなので間違いなく面白いですが、少し言うなら漫画化ならではの一味もちょっと欲しかったかも…というのはかなり贅沢過ぎ?とにかく、このコミックを読んでるともう一度ドラマを見かえしたくなります。
読了日:12月29日 著者:Jay.


読書メーター



テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌



12/31のツイートまとめ 

kuro_no

最後に「オルフェンズの涙」が聞けて良かった。鎮魂の歌でもあり、子供たちに対して“希望”を歌う歌でもある。寂しげなんだけど温もりもあるから大好きなんですよね
12-31 23:39

もう何がなんだか…(-o-;)
12-31 22:44

ゲスの極み乙女を熱唱する2歳児…。まさか歌いきるとは思わなかったよ
12-31 20:24

もう一本ぐらい感想を書いておきたかったけど隙が見出だせない…。(見出だせたら書こう!)12時付近は込み合うでしょうからちょっと早めに。皆様よいお年を〜 https://t.co/3YLuZAFf7U #bookmeter
12-31 20:22

RT @inuneko_hm: 紅白でTOKIOが「翔べ!ガンダム」を歌うと話題ですが、現在鉄腕DASHの二時間前に放送中のガンダム『鉄血のオルフェンズ』とTOKIOの共通点を見てみましょう(双方へのステマ) https://t.co/JUmfd5rHek
12-31 17:34

甥っ子がガチャガチャで買った小さなけん玉を貸してくれたけど、一回でも偶然成功すると続けてチャレンジしたくなっちゃうよね…
12-31 08:21





[ 2016/01/01 03:42 ] 日常 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ