FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

今月読みたい本(2015年4月) 

・『血界戦線』で浮かれまくってて更新するのを忘れていた事に今日になって気付きました…
積読本を読みこなすのも私の使命、と、言うわけで2015年4月に読みたい本についてです。

・三匹のおっさん ふたたび/有川 浩/新潮社
・ バッカーノ!1932―Drug & The Dominos/成田 良悟/メディアワークス
・ デュラララ!!×3/成田 良悟/メディアワークス
・街角の犬/鳴海 章/講談社
・3時のおやつ/壁井 ユカコ/ポプラ社

成田良悟さんにハマってるの今月も代表的なシリーズから2冊をチョイス。
『三匹のおっさん ふたたび』は今月からドラマが始まるのでいい加減読んでしまおうかと。
『街角の犬』はもう5年近く塩漬けにしてしまったもの読まない癖に何となく手放せずにいるのでいい加減読んでしまおうと思う。
『3時のおやつ』は様々な作家のおやつに関するエッセイ集。

・そして今月買って置きたい本はこちら(既に購入しているものもあり)

ONE PIECE 77 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 77 (ジャンプコミックス)
(2015/04/03)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る

血界戦線 10 ─妖眼幻視行─ (ジャンプコミックス)血界戦線 10 ─妖眼幻視行─ (ジャンプコミックス)
(2015/04/03)
内藤 泰弘

商品詳細を見る

弱虫ペダル 39 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 39 (少年チャンピオン・コミックス)
(2015/04/08)
渡辺 航

商品詳細を見る

妖奇庵夜話 魔女の鳥籠 (角川ホラー文庫)妖奇庵夜話 魔女の鳥籠 (角川ホラー文庫)
(2015/04/25)
榎田 ユウリ

商品詳細を見る


今月も漫画が多いです。
本当は『七つの大罪』も買いたいけど前巻もあまりちゃんと読めていないので今回は見送りです(読めたら買うかもしれませんが)
あと、『トリコ』のマイブームが去ってしまったのでこちらも今回は見送り。縁があったらまた読み始めるかもしれません。
スポンサーサイト







[ 2015/04/05 19:04 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

新規カテゴリ作成と変更のお知らせ 

・アニメ『血界戦線』放送開始に伴い、ブログのカテゴリの追加、変更を行いました。

○原作『血界戦線』の感想→漫画『血界戦線』感想
○アニメ『血界戦線』の感想→アニメ『血界戦線』感想

自分自身過去に書いたものをチェックする時判りにくいので、原作・アニメの感想をそれぞれ分ける事にしました。
そしてそれ以外の『血界戦線』関連記事(原作やアニメの雑誌掲載情報やカウントダウンもどきなど)は「内藤泰弘」カテゴリに収納してしまいました。

ただし、原作の雑誌掲載情報の中でも内容が出張版で短いため感想までまとめて書いてしまっているものに関しては、「漫画『血界戦線』」カテゴリに追加しています。

しばらくカテゴリがころころと移動する記事が出てくるので判りにくいかもしれませんがよろしくお願いいたします。







[ 2015/04/05 13:10 ] サイト・ブログ作り | TB(0) | CM(0)

『血界戦線』 第1話「魔封街結社」 

とうとうこの日がやってまいりました!!『血界戦線』アニメ放送開始です。

第1話はやっぱりというか何というか。リアルタイム視聴してしまいました。
今正直眠いです。でも興奮して眠れない。深夜からずっと幸福観が続いています。
始まる前から嬉しかったんですが、見るとその嬉しさが倍増してしまってヤバい事になってしまいますね~(笑)

と、そんな幸福観を引きづりつつアニメの感想を書いていこうと思います。
 
初めに予防線を張るようで申し訳ないですが、私は内藤泰弘さんのファンで『血界戦線』のファンです。
言わば信者といっても過言ではない。

そんな人間が書く感想なので、よっぽどの事があっても贔屓しまくって書いてしまう可能性があります。
なのでここで書く感想は公平な眼で書かれた物をお求めの方にはあまり参考にならないかもしれません。

それを納得していただいた上で、読んでいただければ幸いです。

・主人公・レオが妹のミシェーラへ宛てた、「ヘルサレムズ・ロット」で過ごした半年間を綴る手紙で開幕します。
突然の戦闘。それを眺める謎の青年。
レオは不思議な場所を通り、一人の泣いている少女の手を取る。

レオは言います。“これは僕と僕に希望を示してくれたある人たちの物語”だと…。

・第1話はレオがライブラという秘密結社の一員となるまでのお話。

突然異界存在から奇妙な選択を持ちかけられた事で、結果失明してしまった妹の眼を治すため、一人異界と人界が混在する街ヘルサレムズ・ロットに来たレオは、街で発生した事件(街にはありふれたもの)に巻き込まれて偶然、「ライブラ」の名を口にするザップという青年に出会う。

ザップが所属するライブラは世界の均衡を守る為に暗躍する秘密結社。
言わばヘルサレムズ・ロットの裏の裏にも精通する組織で、ザップはレオをライブラ入りを志願してきた「新入り」と勘違いしていた。
自分が知りたい事を知っているかもしれないと、勘違いを訂正しないでザップについて行ったレオはライブラのリーダー・クラウスに紹介される。
嘘はすぐばれてしまうが、そのタイミングで世界を一変しかねない能力の持ち主といわれる怪人・フェムトがしかけた「真っ二つパーティー」に巻き込まれてしまうのでした…。

・第一話は本当に作品全体の導入部といった感じ。
全3話の原作「魔封街結社」を1本にまとめている上に、冒頭でアニメオリジナルの部分も少し折り込んだりしているので、多少忙しい展開だったように思います。
全く原作を知らない人間だと何が起こってるのかちょっと判りにくいかな~と思わないでも無い。
世界観もまだつかみにくいかも?

ただ、世界観自体は(原作もそうだったけど)おいおい掴めてくるところだと思うし、レオの能力も今の段階では「極端に眼が良い」ぐらいで捉えていれば大丈夫だと思うので物語の入り口としてはこれで丁度いいようにも思う。
多少話は忙しくても綺麗にはまとまってましたしね。

・とりあえず世界観を形作る「背景」は思ってた以上に綺麗でした。
街の雰囲気は勿論の事レオが珈琲を飲んでたお店とか、マッドティーパーティーな雰囲気のフェムトのいる部屋とか…。
ほんとこの部分は見ごたえを感じています。
今後出てくる背景も非常に楽しみ。

・アニメの監督が本当に内藤泰弘ファンらしいので、ゼラニウムとか黒猫様とか内藤泰弘ファンがちょっとニヤリとする部分が結構ありましたね。

・『血界戦線』の見どころに一つはやっぱりアクションシーンだと思うんですが、これも期待通りでした。

魔人はああやって再生されるのか~(思ってた以上のスピードでした…)とか、技はああいう風に発動するのか~とか、アニメならではな部分に感心しきり。
そしてここがいいなと思ったのがクラウス達が技を出す時、文字が出るところ!!

原作では見開きバーン!技名どーん!!というのはお約束でしたがそれを再現してくるとは…。
また、『血界戦線』の技名って文字で見るだけならいいけど、役者さんの台詞だけだと何言ってるのか理解しにくいんじゃないかなーと思ってたのでそれがフォローされるという意味では良いんじゃないかと思います。

技フォントの出方も原作っぽくて、絵的にも面白い。

・次回予告をフェムトがやってたのが面白かった。全然予告になって無かったけど…(笑)
なって無いと言えば、『血界戦線』のDVD&ブルーレイのCMを音速猿のソニックがやってたけどこちらもサル語で全然言葉での宣伝ができて無かったのでちょっと笑ってしまいました。

・第1話は本当に導入部という事で、原作を知らない初見の方には多少不親切さも感じましたが、全体を通して考えると非常にできのいい第1話だったように思います。

第2話は結構原作よりの話の展開になっているとか?
今回はギャグっぽい場面はことごとくカットされていたのでそちらも楽しみにしております。




プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ