FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第94話「希望の闘士!聖闘士の絆!」

・またもや前日更新です。もう当日は諦めた…という訳で「聖闘士星矢Ω」第94話の感想です。


・ところで『Ω』の後番組「暴れん坊力士!!松太郎」の主役を演じるのが松平健さんだったそうで……。

この時間帯。そして主役・松平健で果たして子供達は観るのか!?
そして健さんも何でこの仕事引き受けた!!

誰もが驚くって、そりゃー驚いたけど…もうどこから突っ込んでいいのかわからん(笑)
どの原作の年代から考えてもどの年齢層を狙ってるのかもわからないし。

…と、日曜早朝のアニメ視聴から解放されそうと思ってるのに次番組が何気に気になってるKUROです。
いや、観ないけど。


・ぜんぜん『Ω』と関係ない話題から入ってしまいましたが、今回の話を端的に言うと城外で戦う主役級以外の聖闘士達も頑張ってる!!という感じの話。

特に、鋼鉄聖闘士のエマの成長が描かれていました。

彼ら一人一人は確かに小宇宙は弱く、神と戦うに至る力までは持たないまでもやはり“女神の戦士”。
地上を守りたいという気持ちは神と戦おうとしている光牙達や星矢と何ら変わりない。

その思いは小宇宙を燃やし、どんな難敵を退ける事も出来る。今回のエマ達はそれを証明して見せたんだと思います。
その合わさった力が「Ωの片鱗」として現れたんだと。


・まさか30年ほど前のアニメのフォローが今頃あるとは思わんかったわ!!
でも、あれ鋼鉄聖闘士は瞬を捜して行方不明と思ってたけど、こないだ旧作の『星矢』見かえしたらそんな事は無かったんだね…。
鋼鉄は唐突にいなくなった印象があったので記憶が改ざんされてたっぽい…。

でも、今回の展開だと結局鋼鉄聖衣の弱点はあまりカバーできてなかったぽく見えるんですけど…。


・一角獣座の邪武、登場!!美味しいところを持っていってくれました。
今までいなかったのは世界中のパラサイト退治に行ってたんですね…。

でもいったん着てた聖衣を脱いでまた着るのはどうかと思うよ(笑)
かっこ良かったけどさ。


・ここで倒されたはずのエーギル再登場は意外でした。
しかも、上司のハイぺリオンの仇討ちのためにって、どんだけハイぺリオンさんいい人なんですが!!

思えば、初登場の「力こそ正義」な雰囲気から一変、実体は案外部下思いで、仲間思いで、主人思いな良いキャラクターでした。
ほんと、惜しい人を亡くしましたよ…。

スポンサーサイト



[ 2014/03/15 23:11 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)

相棒season12 第18話「待ちぼうけ」

・「相棒12」第18話の感想です。


・右京と享が揃って非番だったある日。右京は山深い田舎の駅舎にいた。
右京は2時間後に来る列車を待ちながらそこに居合わせた靴職人の友部という男の身の上話を聞く事になる。

一方の享は、都内になるカフェで何時間も人を待つ雪美に声をかけた。
彼女はメールで一方的に不倫の相手から別れを告げられた、傷心の身の上だった。
不倫は浮気を繰り返す夫への腹いせなのかと思いきや彼女の想いは真剣そのもの。相手の男はかつて結婚の約束までした生涯で唯一愛した人だったのだという…。

特命の二人が休暇をとっていた頃、伊丹と芹沢は前夜発生した津久井という男が殺害された事件の捜査応援にきていた。
特命係が出張ってこないから捜査がスムーズに進むと言わんばかりに伊丹は名推理を展開!一気に犯人に近づくが…


・右京と享が“非番の日”に遭遇した事件。
あれだけ悦子さんからも幸子さんからもちゃんと休みなさいと言われてたのに、たまたま遭遇した事件に首を突っ込んで
しまうのが特命係の悪い癖…。
でも彼らが事件に関わったことで一人の不幸な男の命を救う事になります。


・時系列が前後しながら話が展開するお話はこれまでにも何回かありましたが、今回のもかなり面白かった。

鄙びた駅でお馴染みのイギリス紳士然とした姿で「温泉に行く」と俄かに信じがたい事を駅で“偶然”出会った男に言いだす右京さんに、恋人がいるのに本当にナンパを始めるカイト君、という掴みで始まる冒頭。

彼らが別々に関わった男女に多分何かしらの繋がりがあるんだろうな…と思わせながら、途中伊丹と芹沢が捜査するある事件の事が挟み込まれる。
そして二人の目的が男女の「説得」にあるとわかり、熱い右京さんの言葉と感動の“ラスト”。

勿論、雪美が友部に送ったメールの内容がああなのはご都合主義的な展開といえるかもしれないし、現実的に考えれば二人の未来が決して明るいだけでは無いのは判ってるけど…でもあのラストの展開が来るころにはもうすっかり物語に引き込まれてしまってて素直に感動して思わず泣いてしまってました…。
ほんとに齢とると無駄に涙もろくて困るな…。でも、友部と雪美が並んで警察署にあるいていくシーンで思わず感極まってしまいました。


・特命係の二人と友部・雪美の間で交わされる会話シーンがユーモアが感じられて非常に面白く、『相棒』ならではのお笑いシーンがちゃんと入ってるところがいい。
これまでの話でも笑いどころはあったけど、今回の伊丹と芹沢のシーンは本当に爆笑してしまいました。

突然伊丹が右京さんのまねごとを始め(しかもそれがちゃんと的を射ている!!)、更に最後のオチをかっさらっていくのが何とも言えない…。
このところかっこいい伊丹さんが多かっただけに(数話前で右京さんに使われ地を這ってた事もありましたが・笑)、久々にお笑い系の伊丹さんが見れて嬉しかったです。


・余談になっちゃうけど、カイト君にもうちょっと抜けたところがあったらな…。
彼は生意気なところもあるけど基本真面目で優秀な青年なので、右京さんにもあるお笑い要素がちょっと足りないような気がする。
まあ、これは私の好みの問題でもあるけど。


・右京さんのオセロという小道具を使った説得シーンも何か必死さが伝わって好きでした。
カイト君ならば必ず雪美さんを説得できると信じてる所もいい(これはすでに雪美さんの気持ちが決まってたのですが…)。
説得を成し遂げた後の熱い握手もいいですね。


・なんか今回はコミカルな感じもあり、感動もありで良い事づくしの回でした。

次回はとうとうシーズン12の最終回。いつも通りの8時から始まる最終回スペシャルです。
なんと小野田官房長の名前が登場。生前官房長が使用したらしい「使途不明金」の使い道が問題になるようです。
また、瀬戸内さんも登場します。

そしてカイト君が撃たれ…って、カイト君はシーズン中何回怪我したり撃たれたりしたら気が済むのでしょうか!?
甲斐次長との関係性の変化も気になるところ。

兎に角、来週の放送が待ちきれません。


プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ