プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

聖闘士星矢Ω 第62話「玄武の死闘!聖剣対天秤の剣!」

・聖闘士星矢Ω第62話の感想です。


・前回の放送から少し予感はしてましたが、天秤座・玄武が退場してしまいました…。
覚悟をしてたはずなのになぁ。思ってたより結構ショックを受けてる私…。


・玄武は一度は聖闘士になる道を投げ出しながら、地上の危機に動けない紫龍に代わり、再び戦う道に戻ってきた聖闘士。
天秤座の聖衣はそんな彼の決意に応えるように、玄武を新たな天秤座の聖闘士として認め、自らを纏う事を許したのです。

天秤座の聖闘士となって以降の玄武は、『Ω』に登場した誰よりも“聖闘士らしい聖闘士”でした。

玄武自身が老師より伝えられた「聖闘士に大切なもの」を光牙達次代の聖闘士に伝えるべく、時には他者から見て厳しいと思えるような態度をとりながらも、玄武は聖闘士の要たる「天秤座」に相応しい振る舞いを忠実に続けてきたように思います。

まるで自分の役割を見定めているように。

これは私の勝手な解釈ですが、玄武は天秤座の聖衣に正式に認められ、自らも天秤座の黄金聖闘士を名乗りながらも自分を「真の天秤座の聖闘士」とは思ってはいなかったのかもしれません。

彼自身、自分に課した役割は、あくまで過去と次代を繋ぐ「鎹」。そして、次代を守る「壁」。
その役割を果たす為に命を賭け、それができるならば命を捨てる事も厭わない。

時貞戦の時はもとより、この61話、62話は特に、戦いの中で度々師に思いを馳せながら、自分を通して「師・童虎の姿」を、あるいはその場にいない「紫龍の姿」を、光牙達次代の少年たちに見せるために戦っていたようにも思います。

玄武の心は確かに伝わりました。
ハイぺリオンの天地崩滅斬の支援を失いそれでも光牙の首を獲ろうとするエーギルに向かう光牙や、彼らの仲間の小宇宙はこれまでとは違う強さを持っていました。

それを見届けた玄武は静かに目を閉じるのでした…。


・原作にないオリジナルキャラクターでありながら、天秤座のイメージに相応しい“いかにも『星矢』らしい”登場人物でした。
出てきた登場話数は少なかったものの、鮮烈な印象を残したキャラクターである事には間違いありません。

出来ればもう少し先まで光牙達を導いて欲しかったんですが…、話の展開的にここでハイぺリオンの聖剣の神のごとき強さを印象付ける意味でも黄金聖闘士である彼のここでの死は仕方が無かったのかもしれません。
今回、玄武の最後の攻撃で天地崩滅斬にひびが入りましたが、この事が後々の展開に生かされていく事は自明の理。

ハイぺリオンと戦うのは、彼をもう一人の師と見定めた龍峰なのか?あるいは、玄武の遺志を継ぎ、天秤座を纏った紫龍なのか?
正式な聖闘士で無いはずなのに、強い小宇宙を持つと更に強調された昴の「正体」。
堕ちる玄武の星を見つめる氷河(この番組的には謎の男さん)の行き先等、次回はとうとう星矢が、そしてアテナがパライストラに降臨するようですし、今後の展開がますます気になって仕方ありません。

でも、来週の放送はお休み~(なんてとこでやすみがはいるんだ…)。次回放送は7月7日の七夕の日です。




スポンサーサイト

テーマ: 聖闘士星矢
ジャンル: アニメ・コミック

「ジャンプSQ.19」Vol.8買ってきました!!

ジャンプSQ.19 (エスキューイチキュー) Vol.08 2013年 07月号 [雑誌]ジャンプSQ.19 (エスキューイチキュー) Vol.08 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/06/19)
不明

商品詳細を見る


・『血界戦線』が最新作が掲載されている「ジャンプSQ.19」Vol.08買ってきました!!


・ここ2回分の感想書くのを飛ばしてしまいましたが、私の『血界』熱はまだまだ治まったわけじゃありません!!
今回は是非是非!!早めに書いておきたいと思います。(抜けた2回分を改めて書くかは未定)


・今回のタイトルは「王様のレストランの王様」
タイトルから推察できるとは思いますが、『血界戦線』では何故か良く登場する(笑)「お食事」をするお話です。

国家消滅の危機を救ったお礼に、と中東のある国の王子様からヘルサレムズ・ロットに存在するVIP御用達のレストラン「モルツォグァッツァ」での食事会の招待を受けたライブラの面々。
未来の活動資金提供者ゲットに燃えるスティーブンは、メンバー(特にレオとザップ)が食事会で粗相しないようくぎを刺し、会食中も神経をとがらせるが、彼の予想を上回る超絶美食が食べる者全てを狂わせていく…。


まー兎に角、全編通して笑わせていただきました♪
更に意外なある人物も登場します。

聖闘士星矢Ω 第61話「迫る大軍勢!パライストラ防衛戦!」

・聖闘士星矢Ω第60話の感想です。


・光牙と昴は鋼鉄聖闘士達とパライストラへ。
そこには聖闘士の他にパラサイトに襲われ、辛くも逃げ出した避難民たちが集まっていた。

檄は避難民たちの前では体制は万全と大言するものの、状況はあまりよくなく、パラサイトの動きもつかみかねていた。
パライストラの聖闘士達の指揮執っていた玄武は、光牙達が聖衣に頼る戦いを行っている事を知り、叱責。玄武の厳しい言葉の意味を理解しかねた光牙は反抗的にとらえてしまう。

そんな中、2級パラサイト・エーギルに率いられたパラサイト達の軍勢がパライストラを取り囲んだ。
聖闘士達を一か所に集め、殲滅することこそがパラサイトの仕掛けた罠だった。

その軍勢を見て戦う姿勢を見せる聖闘士達。
しかし、玄武はその攻撃をとどめ、ただ一人軍勢の前に立つのだった…。


・始めの檄先生のハイテンションに超違和感だったんですが、これも一般人を安心させる為の演技だったんですね。
ちょっと、檄先生どうしちゃったの?昔の仲間にあえてテンションあがった?と、ちょっと心配してしまった(^^;


・今回は、新生聖衣を得て少し調子に乗っていた光牙達に玄武が冷や水を浴びせる回…と、書いてしまうとちょっとアレですが、玄武は玄武なりに彼らの事を思っての事。

玄武は彼らなら小宇宙のさらなる真髄にたどり着けると信じているのです。
そのため、玄武は彼らに聖闘士として大切な事を教えるべく一人的に立ち向かう。

玄武の教えとはすなわち、

その1 勝敗は小宇宙で決まる
その2 敵を侮るな。どんな攻撃でも必殺の刃と思え
その3 戦いは常に攻防一体。攻撃は迅速かつ正確に
その4 借り物の力に溺れるな

確かに新生聖衣は以前の聖衣とは異なる強度を持っている。光牙達はついその防御力に頼った戦いを行ってしまった。
しかし、強度は聖衣にとっては表面的な強さというだけにすぎない。
聖衣の本当の力を引き出す事ができないならば、勝てる戦いも勝てない。聖衣はただの防具では無いのだ。

特に聖闘士にとって大事なのは「その1」。
聖衣を纏い戦うなら、何を置いても「要は小宇宙」。纏う聖衣の色は関係なく、小宇宙さえ高まれば青銅100人いても勝てないと言われる黄金聖闘士にも勝つ事はできる。

光牙達は玄武の言葉と戦いを見て、改めてその事に気づかされます。


・玄武は態度は厳しいけど光牙達にとっては本当にいい兄貴分です。
それに、「Ω」のオリジナルキャラクターではありますがいかにも「聖闘士」らしくてかっこいい!

かつての玄武も老師の言葉をわりといい加減に聞いていたようですが、見事成長し、次代へ過去からの思いを繋ぐ役割を果たしています。

ただ、光牙達に思いを託して亡くなる展開になっちゃうんじゃないかと見てて不安になってしまいます…。
聖闘士は常に死と隣り合わせ。アテナと世界の為に戦って死する事も辞さない存在である事はわかってるんですが!!…わかってるんですが、できれば玄武には生き残って欲しい!!


・玄武は、エーギルの持つ強力なサイコキネシスを増幅させる武具による攻撃もあえなく弾き飛ばし、勝負の形勢は圧倒的に聖闘士側に有利に見えた。

しかし、パラス四天王の一人・ハイぺリオンが持つ聖剣「天地崩滅斬」が戦場に姿を現す。

エーギルのこと役立たずっぽく言ってた割には手を貸してくれるハイぺリオンの真意はよーわかりませんが、玄武は禍々しい力を持つ聖剣をどう相手するのか?
どうやら天秤座の武器を使うようですが…?

次回も非常に気になりますが、なんと来週の放送はお休み。
次の放送は6月23日になります。




テーマ: 聖闘士星矢
ジャンル: アニメ・コミック

血界戦線第7巻!!

血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ (ジャンプコミックス)血界戦線 7 ─マクロの決死圏─ (ジャンプコミックス)
(2013/06/04)
内藤 泰弘

商品詳細を見る



・本日は『血界戦線』第7巻の発売日!と、いうことで早速買ってきました♪
表紙を飾るのはさかなクン(笑)こと、ツェッド・オブライエン。

これで表紙を飾ってない人物はレオとギルベルトのみとなりました。この流れだとレオは最後…なんですかね?


・7巻は、前代未聞のミクロサイズなテロリストのテロ行為に巻き込まれた友人を救う為、レオが奔走する「マクロの決死圏」前・後篇

そして、スティーブンに頼まれた“簡単なおつかい”に出かけたザップとツェッドが、街で巻き起こった飛んでも無い『連鎖反応』に巻き込まれてすったもんだする「エスケープ フロム ペイン チェインリアクション」の3篇を収録。

また、今回は恒例のあとがき漫画が無い代わりに「マクロの決死圏」の作戦に何故「彼女」が参加していなかったのかが判明するオマケ漫画が収録されています!

実はわたくし、雑誌掲載時に作戦に「彼女」がいなかった事に気が付いてませんでした(^^;
単純に火力の問題で出番なかったのかな~と。
でも、言われてみれば「彼女」ならばそれ程リスクを負うことなく作戦を実行できてたんですね…。



聖闘士星矢Ω 第60話「鋼鉄の星!昴よ、鋼の闘志を抱け!」

・聖闘士星矢Ω第60話の感想(のようなもの)です。


・って、もう60話ですかー。最近1クール、長くても2クールのアニメが多いので、この話数はなんだかとっても新鮮です。『トリコ』も見てるけど、最近録りだめてるような状態だから(^^;


・鋼鉄聖闘士たちの基地にたどり着いた光牙と昴。
しかし、そこは襲撃に遭った後で、もぬけの殻。更に、3級パラサイト・ハティ達の襲撃を受ける。

しかし、ハティは戦いの途中で何故か撤退。
そこに、昴の仲間である鋼鉄聖闘士のエルナが現れ、光牙達は現在の鋼鉄聖闘士達のキャンプに案内されます。

そこにいたのは無事だった鋼鉄聖闘士達と、その教師であるかつての青銅聖闘士、蛮と那智でした。
必要最低限の装備しか持ちだせなかった彼らは、戦力を保持する為にもパライストラへ向かうと言います。

蛮たちからパライストラへの同行を求められた光牙はそれを承知。しかし、先の戦いで鋼鉄聖衣を壊されてしまった昴は、聖衣を軽く見ている事を蛮に叱られ、その場を飛び出してしまいます。

そこで、エルナは昴が鋼鉄聖闘士の基地に着た時の事を話すのでした…。


・グレートティーチャー蛮(笑)&那智先生登場!!

彼らも檄同様、次代の育成に携わっていました。あの昴が蛮に対しては生意気ながらも縮こまっていた様子を見ると、それなりに頭の上がらない先生ってことなのかな?
彼らは聖衣を次代に託す事で戦いの第一線からは引く事になりましたが、先生になる事でアテナや世界の為に働いているようです。新たな子獅子座と狼座の活躍も同じ守護星座を持つ者として嬉しい様子(ただし、今の栄斗の現状を見ると那智は頭を抱える事になるかもしれない・笑)

かつての彼らの技「ライオネットボンバー」と「デッドハウリング」が見れたのは嬉しかったし、那智が昔のアニメで言ってた「パーフェクト!!」と言う台詞があったのが笑いを誘う(なんで言わせたんやー)


・今回昴の過去が少し明らかになりました。

ある嵐の日に鋼鉄聖闘士の基地の前に突如現れた昴。
しかし、自分の幼い頃の事はおろか、親の名前さえ記憶していない「記憶喪失」の状態でした。

冷静に考えるとそんな子供滅茶苦茶怪しい…んですが、それでも人よりも強い小宇宙を持っていたために、そのまま鋼鉄聖闘士の訓練生として受け入れられ、本人もただ強さを求めて修行を開始。
そして、12宮での戦いと神殺しの光牙の話を聞いて基地を飛び出してしまったらしいのです…。

果たして昴は何者なのか?
って、シャイナは昴の中に怪しい光を見てるところを見ると、敵側に近い存在のような気がしますが…。


・今回鋼鉄聖闘士でも強い小宇宙を持ち、守護星座が判明すれば通常の聖衣を纏う聖闘士になる可能性もあることが判りました。
昴は鋼鉄聖闘士の中でも誰よりも強い小宇宙を持ち、聖闘士になる可能性のある人間らしいのですが、それでは彼が守護星座を得るとしたらはなんなんでしょう?

今回昴が使った技「プレアデス・インパクト」という名称を考えると、昴の元にある星の守護はその名の示す通り「昴星」であり、そうなると守護星座は「牡牛座」ということになるけど、現状牡牛座はハービンジャーがいるし、いきなりハービンジャーが退場して彼がその聖衣を引き継ぐというのも何となく違和感がある。

あるいはこのまま星座の守護とか関係なく一人のプライドある「鋼鉄聖闘士」として、光牙達と共に戦う展開はあるかもしれない。…聖闘士の意味が無くなるような気もしないでもないけど(^^;


・今回まさかエルナが死んでしまうとは思ってませんでした。
一期でも亡くなったキャラクターはいましたが、まだほんの子供に見えたエルナが助からなかった事に何となく衝撃を受けてしまいました。


・それまで鋼鉄聖衣は、替えのきく防具のような感覚だったし、自分が強ければ仲間など必要ない、同輩の鋼鉄聖闘士でさえ共に戦う仲間だと感じていなかった昴は「友」を失う事で初めて大切な事に気が付きます。

彼はまた一つ成長したのですが、それはあまりにも苦い体験でしたね…。


・二期は、戦いの行方は勿論のこと、昴の抱える謎の解明とともに、彼がいかにして本物の「聖闘士」(これは本物の聖衣を纏う纏わないに関わらず)へと至るかがこれから描かれるストーリーの重要点のように感じてします。

光牙の活躍も気になりますが、昴はいかにも少年漫画らしいキャラクターだけに、今後の成長が楽しみです。

テーマ: 聖闘士星矢
ジャンル: アニメ・コミック

2013年5月の読書メーター

・気分的にちょっとブログをサボり気味のKUROです。

とうとう、今月の4日は『血界戦線』第7巻の発売日…というのに、結局感想書かずにここまで来てしまいました…。

『トライガンマキシマム』の感想を書いていた頃も感想を書かずに抜けてた回もあったんで、別に気にする事も無いかもしれませんが、ここのところどんなに間をあけても新作発表前に書き続けてきたから何となく負けてる気分…(^^;

とはいえ、新刊も出る事だし、今後抜けた回の感想をブログに書くかどうかはちょっと気分次第です
でも、今月発売の『ジャンプSQ.19』掲載分の感想に関しては是非とも書き残したいと思っています。何と言ってもこのブログの最重要カテゴリー…。


・なんか、記事と関係ない事から始まってますが、5月の読書メーターまとめです。

今月も仕事が忙しかったり、ゲームに勤しんだりしてたので読書は(読書も?)サボり気味でした。
1冊何か今遊んでるゲームの攻略本だし…。

一応、仕事がひと段落したので6月からはもう少しペースを取り戻せるかな~と、思ってます…って、先月もおんなじことを考えていたような(^^;ま、ぼちぼちやっていくつもりです。



●2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1242ページ
ナイス数:114ナイス



トリコ 24 (ジャンプコミックス)
トリコ 24 (ジャンプコミックス)感想
四獣を倒して大団円!そして、超世界規模のイベント「クッキングフェス」が始まる第24巻。小松もこの世界では相当の実力者なんですが、周りの料理人たちはちょっと凄まじすぎる(笑)小松の食材にも人にも愛される性質(今回登場のブランチも即効陥落)のお陰でなんとか決勝トーナメントに進めたけどどうなることやら…。しかし、この巻で気になるのは実はクッキングフェスの周囲で起こっている出来事。美食會の出動。鉄平に襲いかかったある「出来事」(マジでビビりました)、不穏さを漂わせる人物も…。次巻は四獣戦以上の嵐の予感!!

読了日:5月6日 著者:島袋 光年


フェイト/エクストラ CCC パーフェクトガイド (ファミ通の攻略本)フェイト/エクストラ CCC パーフェクトガイド (ファミ通の攻略本)感想
最近読書そっちのけで勤しんでたゲームの攻略本。実はそれ程攻略が難しいゲームでは無いので(エンディング分岐もわかりやすい)買わなくてもよかったかも…と、思わないでは無い。システム解説、シナリオ・マップ攻略、敵・ボスデータと基本的な情報は充分ですが、ゲームのファンが求めるようなオマケ要素はありません。強いていえば、バトル中のボイス集があるのが嬉しい所。

読了日:5月11日 著者:週刊ファミ通編集部


ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)ヒーローズ・カムバック (ビッグ コミックス)感想
東北復興支援プロジェクトの一貫として企画された読みごたえ満点の企画本。メッセージ性の高い作品あり、楽しみを重点においたであろう作品あり。『うしおととら』が一番のお目当てだったんですが、昔通りのノリと熱さと作品に込められた心に感激もひとしお。そして『GS美神』の懐かしくもとんでもない勢いにむちゃくちゃ笑ってしまいました。個人的には“あの”信長様のゲスト出演が嬉しすぎる!

読了日:5月19日 著者:細野 不二彦,ゆうき まさみ,吉田 戦車,島本 和彦+石森プロ,藤田 和日郎,高橋 留美子,荒川 弘,椎名 高志,かわぐち かいじ


探偵はひとりぼっち (ハヤカワ文庫 JA (681))探偵はひとりぼっち (ハヤカワ文庫 JA (681))感想
友人だったオカマのマサコちゃんを殺した犯人を見つけるため、いつもの仲間の支援を表だって受けられない中、孤軍奮闘する「俺」。大山鳴動して鼠一匹な結末。その意外な犯人に唖然としながらも、今の世の中を思うと案外あり得なくもない犯人像でちょっとゾッとしました。恋人の春子の「びっくりするぐらい大人かと思う時もあればどうしようもないぐらい子供っぽい時がある」と言う『俺』評は実にいい得て妙。

読了日:5月21日 著者:東 直己



読書メーター

テーマ: 読書記録
ジャンル: 小説・文学

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: