プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

とりあえず…

ゴールデンウィーク二日目。
昨日は一日中遊んでたので、今日は片付けを。

本当は衣替えをしなきゃいけないんですが(服探すのが大変なので…)、とりあえずこないだ作ったリストを元に本を引っ張り出す。
買い取りしてくれなさそうな古い本は次回の古紙回収の時に出す事にし、今でも需要がありそうな本は古本屋へ持っていく。

買い取りしてくれなさそうな本でも需要があるところにはある。
けど、そこまで持っていく労力が惜しいので一気に捨ててしまう事にしました。

今日中に全部が全部まとめきれませんでしたが  結構な量に。

後は古本屋さんに持ち込むだけなんですが、これが結構ひと苦労。
苦手な車を運転して持っていくか、原付に乗せて何回かに分けて買い取ってもらうの二択なので…。

以前はネット買い取りも考えたけど振り込み口座を知らせるのが嫌なので(この為だけにネット口座作るのも面倒だし)、なんとか自力で持っていきたいと思います。


ところで片付けている事をブログで書く上で、写真を撮りアップしていくのはモチベーションアップにもってこいの手段だと思ってます。

実際、私も片付けのモチベーションが下がってきたら片付けをテーマにしているブログを拝見してモチベーションを維持しています。

私もやってみたい!!
でも、いざ自分でやるとなると…勇気がいるな(^^;

私の部屋の場合、本以外もいっぱい片づいてないので余計に…。部屋の写真をアップしながら片付けしている人は本当に凄い人だと素直に尊敬してしまいます…。








スポンサーサイト

テーマ: 片付け・収納
ジャンル: 結婚・家庭生活

ゴールデンウィーク!!

この書き出しはもう何回目かとも思いますが、大変ご無沙汰しております。

自分の中では毎年恒例(?)の何となく憂鬱な季節…。
特に今年は、仕事上で問題発生中なもので(私自身には関係ないと言えば関係ない出来事なのですが…)、更に憂鬱が増しています。

それでも、先週の土曜日は母と弟夫婦と一緒に思わぬ一足早いゴールデンウィークレジャーに勤しんだので(和歌山の黒潮市場でバーベキューしてきました!めちゃ楽しかった!!)、少しは気分を晴らす事が出来ました。
勿論、問題は何も解決してないんですが、性分的に良くも悪くも悩み続けるのが嫌な性質なので、このゴールデンウィークで少しでも英気を養い、休みが終わったらまた淡々と自分の仕事をこなしていきたいと思います!!


とりあえず、お休みはカレンダー通り。
旅行などの予定はありませんが、とりあえず明日は水谷豊さん主演の映画を観に行くつもり。

遊びらしい遊びはこれぐらいで後の予定は未定。

せめて今月の『血界戦線』の感想と、これが最後と離れがたい気持ちで読み続けた伊藤計劃さんの『The Indifference Engine』はいい加減読み終えてしまいたい。

あと、本の整理ともう長年放りっぱなしの物置の片付けをしてしまいたい。




「ジャンプSQ.19」Vol.01、買ってきました

『血界戦線』が掲載されている2012年4月発売「ジャンプSQ.19」買ってきました!

ジャンプSQ.19 (エスキューイチキュー) Vol.01 2012年 05月号 [雑誌]ジャンプSQ.19 (エスキューイチキュー) Vol.01 2012年 05月号 [雑誌]
(2012/04/19)
不明

商品詳細を見る



今月発売の号から隔月刊化。号数も「Vol.01」という数え方になっています。
2カ月に1回『血界戦線』が読めるなんて嬉しすぎる…。


さて、今月はセンターカラー。
タイトルは「Zの一番長い日(後編)」。勿論、前号のお話の続編です。

一難去って、また一難。ついに裂かれていたブラッドブリードの半身がヘルサレムズ・ロットに到着!
ライブラのメンバーが一丸となって、敵の「密封」を試みます。

ザップの兄弟弟子も満を持して登場!
勿論、彼も大活躍!!

感想はまた後日書きたいと思います。


・『血界戦線』第5巻が早くも登場。

発売日は2012年6月4日です。

次回の表紙は誰が飾るのか、非常に楽しみ♪

また、4月20日放送、テレビ東京系「サキよみジャンBANG!」にて『血界戦線』が登場。
内藤先生のアトリエが映るらしいです。

こちらも要チェック!

新カテゴリー作成のお知らせ

そんな訳で、内省の為に「本の片づけ」という新カテゴリーを作りました。

ここでは、これから本格的に始めようと思ってる本の片付けについてまとめようと思います。



…ちょっと不安ですが(^^;

記事が増えなかったら『ああ、失敗しやがったな…』と思ってください(笑)

本の整理

結構前から部屋の片づけを続けています。

一番の目標は目標は押入れに横付けしてしまって使いづらくしているパイプベッドを処分する事。

このベッド。もともと弟のもので、弟が子供の頃、「ベッドで寝たい!」という要望を両親が聞いて買ったもの。
しかし、寝像の悪かった弟は何度もベッドから落ち、結局布団の方が良いと1か月ほどで寝るのを辞めてしまいました。
で、行き場をなくして私の部屋に来る事になった(だいたい弟の部屋はもともと納戸で滅茶苦茶狭かったからベッドを置くのは無謀だったような…)

学生時代はベッドの下は何もなく、すっきりしたもんでした。

ところが私が就職して、有る程度自由にできるお金が増えた頃、状況が一変。
ベッドの下はすっかり本の収納場所となり現在に至ります。

これが無ければ押入れの収納が使えるとはいえ、今ほど本は持っていなかったかもしれません。


部屋を片付けるにあたって、一番の問題はこの「本」の事。

何しろ好きで集めているものなので、どれもこれも手放すのは惜しく、定期的に処分はするものの、何となく置きっぱなしにしてきたのです。しかし、今まで何となく蔵書管理に使っているフリーソフトの「私本管理」をみて愕然としました。


sihon.png

これの恐ろしいところはまだ、登録できてない本もあるので↑が全部じゃない事…。
実際は既に手放したり、廃棄したりした本の数字も入っているのでもう少し少ないはずですが(全然管理できてないじゃん!!)、これに近い数字は今、家にあるということになる。

さすがに、これはいかんなと思いました。
何がいけないって、本の数もそうですが、これらのほとんどが押入れとベッド下を占領しているという事。
部屋の片づけの最終目標をベッドを処分するという事にしている以上、少なくともベッド下の収納に入れてる本の大部分は処分しないといけない事になります。

また、今の本の保管方法だと、読みたい本の在り処が分かりにくい上に中々取り出せず、せっかくの本をほぼ「死蔵」しているような状態。これでは本も浮かばれません。

そこで、一念発起。
ベッドを処分したうえで、本を綺麗に収納するため、保管する本、捨てる本を分けていく事にしました。
勿論、ベッドの下の本だけでなく全部を総ざらえし、徹底的にどうするか考える事にしたのです。

しかし、いきなりここでまた問題発生。


それは、どういう自分の中に基準を作るのか?

先にも書きましたが、どれもこれも好きで買った本。
読まなくなった本にも愛着があるものがあったりして、なかなか自分では決められません。

そんな時出合ったのがこちらの記事→http://b.hatena.ne.jp/articles/201002/844

こちらにあった本を整理するための分類をほぼそのまま使い、私も本を分けてみる事にしました。
ちなみに、その基準は、以下の通り。

・1軍(今後とも長く再読するであろう本)
・2軍(再読の可能性がある本、系統だって読みたい作家の本)
・3軍(再読しないけど、愛情があり、取っておきたい本)
・4軍(図書館にあれば充分な本)
・5軍(なんでこんな本買ったんだっけ?)

なお、5軍は、私の中では一応全部理由があるので(…負け惜しみ)、「本棚整理の時に手放してよい本」という事にしました。

これをあてはめていった数がこちら


sihon2.png

4軍と5軍を手放せば残りは432冊!!(無項目の62冊は未読本)



…って、全然減らないじゃん!!

自分ではこれ作ってる時は以外に1軍、2軍に設定したものが少なくて、この調子だと3分の一ぐらいは減るか?と、思ってたのに全然減らせてない!!

…で、でも一覧になる事で客観的に見る事が出来るようになってるは一つの成長かもしれない。



とりあえず、4軍、5軍の本を整理して3軍を更に精査して減らしていこうと思います…。
あと、未読本を読み切って、保管する・処分するを決めてしまおう…。

うーん。前途多難(^^;



テーマ: 片付け・収納
ジャンル: 結婚・家庭生活

新・相棒決定!!

朝起きて、携帯から何気なくtwitterをチェックしたらタイムラインに驚きのツイートが流れていました。

新・相棒決定!!
3代目相棒は、成宮寛貴さん!!




…マジですか??∑( ̄Д ̄;)
まさかこんなに早く発表があるとは思わなかった…。てっきり、放送直前まで引っ張ると思ってたのに!!


しかも、ちょっと意外な配役。
何となく理由も無く30代半ばから後半ぐらいの役者さんが出るんじゃないかと想像してたので、随分若く感じます!!(といっても成宮さんも29歳なんだそうですが)

それにしてもいったいどんな刑事になるのでしょうか…。ちょっと想像がつきません。


何にしろ、今後の情報を待ちたいと思います!


2012年3月の読書メーター

3月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1097ページ
ナイス数:25ナイス


東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ 東野作品人気ランキング発表 (講談社文庫)東野圭吾公式ガイド 読者1万人が選んだ 東野作品人気ランキング発表 (講談社文庫)
東野圭吾作家生活25周年を記念したガイドブック。かつて書店で配られていた(らしい)「無料版」についていた応募はがきによる「読者が選ぶ人気投票」の結果が掲載されています。これからの読書の参考に…

読了日:03月03日 著者:


猟犬探偵 1 セント・メリーのリボン (愛蔵版コミックス)猟犬探偵 1 セント・メリーのリボン (愛蔵版コミックス)
愛犬ジョーと共に自然の中に暮らし、猟犬を専門に探す探偵を生業とする竜門の元に盗まれた盲導犬探しの依頼が舞い込む…。ハードボイルドでありながら心温まる、稲見一良の原作の魅力を余すところなく、それ以上に伝えるコミカライズ。続編も現在連載中という事で、単行本化が今から楽しみです。

読了日:03月10日 著者:谷口 ジロー


百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)
抱腹絶倒の農業エッセイ。読めば農作物とそれを作る人に感謝しながら食べようと思う事間違いなし。また、ハードなお仕事と北海道の大自然が、今の「荒川弘」という漫画家を生み出したのかと思うと妙に納得してしまいました。読みながら普段自堕落でさぼることばっかり考えてる自分を反省…

読了日:03月14日 著者:荒川 弘


探偵・竹花 失踪調査 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)探偵・竹花 失踪調査 (角川春樹事務所 ハルキ文庫)
酒と女を愛する“典型的”な私立探偵像。読み進めるほどに味わい深い、90年代を舞台としたハードボイルド小説。短編集。特に竹花の過去が垣間見える3作目が好みかな?最近出た新作では竹花が還暦を迎えているとか。そちらも読んでみたい。

読了日:03月22日 著者:藤田 宜永


もやしもん(11)限定版 (プレミアムKC)もやしもん(11)限定版 (プレミアムKC)
見た事ないものもいっぱい。お得感満載なおまけが嬉しい今回の限定版。遂に日本酒編に突入!!と思いきや、酔っぱらい武藤さんと金儲けを企む美里のせいで話は何故か「ミス農大落とし」編に…。及川は兎も角、日本酒造りが進まない事に怒りを燃やす蛍までもミスコンに出場する事になってしまい、樹ゼミ分裂?と思いきや仲間のピンチには結束する彼らが何ともいい感じ♪新キャラも登場し、話がどこに向かうのか想像がつかなくなってきましたが、彼らはこれからも祭りに勤しむのでしょう(笑)個人的には美里と長谷川さんの今後が非常に気になります。

読了日:03月24日 著者:石川 雅之


HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)HELLSING official guide book~ヘ (ヤングキングコミックス)
1章から3章まではヘルシング機関、イスカリオテ、ミレニアムのキャラクター紹介や名シーン・名台詞集。第4章はアニメの制作スタッフ、女性ファンの座談会。雑誌「ぱふ」に掲載されたインタビューの再掲と、語り下ろしのインタビューを掲載。「ぱふ」のインタビューの平野先生の受け答えは一見目茶目茶(笑)なんだけど、肝の部分はきちんと答えてるのが流石。あと、長年疑問に思ってたハインケルの性別がやっとわかってすっきりしました(そうだったのかー)。

読了日:03月31日 著者:平野 耕太,OURS編集部



2012年3月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: