プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

「ジャンプSQ.19」2011年夏号買ってきました!!

『血界戦線』の新作が掲載されている「ジャンプSQ.19」夏号を買ってきました。


ジャンプSQ.19 2011年 09月号 [雑誌]ジャンプSQ.19 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/19)
不明

商品詳細を見る


今回の表紙はまだしも買いやすかったかも…と感じるのは私の感覚がマヒしつつあるからでしょうか?


と、そのことは兎も角、今回は内藤泰弘先生ご本人のtwitterでも告知されていた事ですが、今回は通常よりも減ページ。

タイトルは「とある執事の電撃作戦(ブリッツクリーグ)」
そのタイトルが示す通りクラウスの忠実な執事ギルベルトが今回の主人公。

クラウスのみならずライブラ構成員たちを陰ながら支える縁の下の力持ちな執事さんが実はどういった人物なのか??

その片鱗がわかるお話。

感想も後日書きたいと思います。


スポンサーサイト

お盆休み3日目&最終日

・今日はついにお盆休み最終日…。
昨日、今日と結局どこにも行かず。“いつもの休日”を過ごしたって感じです。


・折角だし映画の一本も観にいこうと思ってたんですけどね~。
これ!て言う映画がなかったので、撮りだめてるDVDとか観てました。


・9月公開の『探偵はBARにいる』はどうだろう?
書店に行くと結構PRされてます。

主人公の「俺」が大泉洋で高田が松田龍平って原作のイメージとちょっと違うんだけど、ストーリーはシリーズの中で割と好き話なんで観にいきたい。

『笑う警官』の映画化以降、好きなハードボイルド・警察小説の映画化ってなんだか嫌な予感がするんだけど、これは大丈夫かな~。
脚本は『相棒』でもおなじみの古沢良太さんだしちょっと、いや、かなり気になる…


お盆休み2日目

・お墓参りに行ってきた以外はひたすら高校野球応援の一日。勿論テレビの前。

・お墓参りは一人で行ってきたんだけどお線香に火をつけるとき、ついでにライター持ってた親指まで炙って軽く火傷する。更にライター壊す。
家に帰ってそのことを報告したら心配されるより前に母親と弟に何やってんだと笑われた…。

私も爆笑してたけど。

・『読書メーター』へ登録する本の感想をちょこっと書こうとするもままならず。
私いつになったら全部登録できるんだろう…『トリコ』。

・高城高の小説『函館水上警察』が思ってたより面白い。
全集の1冊目『墓標無き墓場』で途中挫折したのでどうかな~?と思ってたんですが。

まだ手元にあるはずなんでもう一回読んでみようかな?

・昨日は体調もあまりよくなかったので早めに寝ました。

お盆休み一日目~

昨日からお盆休み。
とはいえ、うちの職場毎年直前にならないといつ休みかわからないので、今年も何の予定も立たず…。
結局家でダラダラする毎日を過ごす予定。

・昨日は色々ためてた洗濯を一気に!
2回洗濯機をまわしても全然乾くピーカンに感動…。暑くて昼にはへばったけど…。


・休日は必ず早朝にウォーキングという名の散歩をしてるんですが、この季節はイチジク畑が凄い事になってます。
1週間見ない間にめちゃめちゃ身が大きくなってる!

私自身イチジクはそれほど好きではないんですが、ケーキはちょっと食べておきたいですね。


・昼からはこないだ買った『相棒劇場版』のDVDを鑑賞…したんですが、かなり最後の方になって劇場でかかった通常版の映像を観ていた事に気づく。

えー!!限定版って、通常版とディレクターズカット版両方のディスクがついてたの~。

…って、よく見りゃわかる事だったんですが(^^;まさか1本の作品で本編ディスクが2枚付いてくるとは思ってもみず…。流石に続けて2回観るのはしんどかったので、ディレクターズカット版の方は後日見る事にしました。


・そういえばこないだ買った『トリコ』のでDVD第1巻。

1話目が『ワンピース』とのコラボで、DVDにはトリコ・小松・ルフィ・ナミのオーディオコメンタリーが収録されているという触れ込みだったんですが、初めてディスクをパソコンで再生した時、再生音声が日本語1のみで、コメンタリー部分の音声が見当たらず、これってどういうこと??とメニュー画面に戻ったら、


1.トリコ第1話(トリコとワンピコラボスペシャル)
2.トリコ第1話(コラボスペシャルのオーディオコメンタリー)
3.トリコ第2話


という収録内容だった…。

おかしいと思ったんだ~。3話分の収録時間(48分)なのに2話しか入ってないって。
こんなオーディオコメンタリーの収録の仕方初めて観たよ(キャラがコメンタリーやってるってのも初めてだけど)

2話しか入って無いって言ってたけど、実はトリコとワンピ両方合わせて1時間のスペシャルが収録されてるかも…と淡い期待をしてた私。


・ちなみにスペシャルの後半はワンピースのDVDを発売してるエイベックスから出る『ワンピース・ヒーロースペシャル』に収録されるみたいです。

不親切な…と思うけど、DVDの発売元がちがうので仕方がない事なのかも。


ONE PIECE ワンピース・ヒーロースペシャル! [DVD]ONE PIECE ワンピース・ヒーロースペシャル! [DVD]
(2011/09/21)
TVアニメ

商品詳細を見る





『相棒 劇場版Ⅱ』DVD発売!

この2週間Amazonで買った商品がバラバラに届くという嬉しいんだか悲しいんだかわからない事態が続いておりましたが(って、半分私が悪いんですけど)、今日が最後。

本日は『相棒 劇場版Ⅱ』のDVD&Blu-rayの発売日です。

あの衝撃の劇場版がついに我が家に…。一応特典映像満載&追加映像がある豪華版を買いました。
これから観るのが楽しみです。

ただ、今回のAmazonでの買い物って殆どDVDなんですよね(^^;
何だかんだで買ったほとんどのものがまだ観れておりません。

『相棒』まで観れるのいつになるだろう…。

観たらまた軽く感想も書いてみたいと思ってます。


相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版DVD BOX (初回完全限定生産)
(2011/08/03)
水谷豊、及川光博 他

商品詳細を見る


2011年7月の読書メーター

2011年7月の読書メーターのまとめです。

今月は小説本は2冊のみ。あとの『トリコ』は正確には先月読んだものなんですが、感想を投稿しつつ登録していってます。
本当は今月中に全巻分の感想上げるつもりだったんだけどなぁ(^^;

近年の私を考えると“カメの歩み”の読書ですが、これからもぼちぼち色々読んでいきたいと思ってます。

ところで、この読書メーターの「まとめ」の記事。ちゃんとサイトにある「まとめ」のページを利用して作成しているんですが、昨日になって初めてホームの情報欄のところでまとめられるまであと何分って感じでカウントダウンしてる事に気付きました…。

最近「読書メーター」は次々進化して言ってるので、更新が楽しみです。



●2011年7月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1146ページ
ナイス数:9ナイス

■クォンタムデビルサーガ アバタールチューナーⅢ (ハヤカワ文庫JA)

前作までの様々な謎が一気に明かされてゆく「過去編」。
この巻は一気にSF色を帯びる。神と対話する人ならぬ“女神”がいかにして心を持つに至ったかを語る物語。

穂村の最後の“叫び”に触れ、女神が慟哭するラストシーンは圧巻。ますます今後の展開に目が離せません

読了日:07月16日 著者:五代ゆう

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12255669


■トリコ 1 (ジャンプコミックス)

アニメを数話見て興味ひかれて読み始めた漫画。
未知の食の探求者、カリスマ美食屋のトリコと5つ星ホテルの料理長小松が繰り広げる「食」と「冒険」の物語。

非常に王道を突っ走ったバトルありの少年漫画ながら、有りそうで無かった“新しさ”があり、食の表現が架空のものながら妙に美味しそうに感じるのもこの漫画のいいところ。本当に面白いです。

全くの余談ですが中途半端なところからアニメを観たので、小松は子供と思ってました…。ホテルの料理長ってことはそれなりの年なのね…

読了日:07月18日 著者:島袋 光年

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12302492


■トリコ 2 (ジャンプコミックス)

トリコと同じ美食屋四天王の一人、「毒人間」のココ登場!
トリコ、小松と共に幻の鯨「フグ鯨」の捕獲に挑みます。

この巻の見どころは小松がココに対して見せたさりげない優しさやトリコ・ココと伝説の魔獣「デビル大蛇」の対決シーン…だと思うんですが印象に残ったのはやっぱり小松がトリコの用意した○○○○で○○したところ…。
アニメで見たのもこの回だったんですがほんとびっくりしました。トリコ大雑把過ぎるだろう…。

トリコといえばトリコにとっての「からまれる」をイメージした絵が凄くわかりやすくて地味に好きなシーンだったりする。

読了日:07月18日 著者:島袋 光年

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12302988


■覚悟―S1S強行犯・隠れ公安3 (ハルキ文庫 は 3-13)

今作は珍しく冒頭で田中警視監の心中が描かれる。
蛍橋にしろ鹿取にしろ、揺るがない存在として心惹かれる田中でさえ、今回の事件では揺れている。
前作に感じた不安は的中。星野管理官との突然の別れ。そして児島には過酷な運命が待っていました。

それでも彼は警察官として生きていくのでしょうが…あまりにも悲しすぎる。果たして鹿取は警察に牙を剥くのか?そして蛍橋の行方は?早くも次作が気になります

読了日:07月18日 著者:浜田 文人

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12309482


■トリコ 3 (ジャンプコミックス)

とっても密度の濃い第3巻。
この漫画の狂言回しなのかと思われた小松がここにきて料理人としての本領を発揮。
彼もまた、この作品世界の驚嘆すべき大自然や食材、あるいはそれに立ち向かう美食屋(トリコやココ)の能力に驚くばかりの一般人、という役割に収まらないキャラクターである事がさりげなく示される。

そして得体のしれない謎の生物(?)の登場やそれに関わる「美食會」の登場などなど話は否が応にも盛り上がる!

読了日:07月30日 著者:島袋 光年

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12513398


■トリコ 4 (ジャンプコミックス)

バトルウルフの母子のエピソードは本当に泣かせます。
遺されたテリーに対してトリコがかけた言葉の中には、普段の彼からは推測できないハードな過去が感じられます…。
天衣無縫、豪放磊落。それでいて“大人”である。こういうところがトリコというキャラの魅力だと感じています。

この巻では四天王3人目のサニーも登場。「リーガルマンモス」争奪戦はこれからが本番です。
ところでこの巻にはキャラのプロフィールが載ってるんですが、トリコの25歳はいいとして、小松が同い年というのにびっくり。やっぱり子供では無かったのね…

読了日:07月30日 著者:島袋 光年

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/12514124


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: