プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

『ドリフターズ』第2巻は9月30日発売!←延期しました

(2011年9月29日追記)
※『ドリフターズ』第2巻の発売日は10月発売に延期しました。


・Amazonラッシュ第1段終了。

心配していたオリジナル版アニメ『HELLSING』の第8巻は到着いたしました。
安心したのでゆっくり鑑賞します。…でも、やっぱり今回も怖いかな…。怖いよね…。

・「ヘルシング」のアニメは好きなエピソードの回だけ買ってるんですが、正直申し上げると怖いシーンがまともに見れません…。
なーんていうと『あの作品のどこに怖くないシーンがあるのか!!』と突っ込まれそうですが、本当の話です。
いや、1回は一応通して見てますよ。でも、2回目以降は主に音声だけ聞いています。オーディオコメンタリーの方とか(笑)

漫画で読む分には怖いシーンは全然平気なんですけどね~。動いたり、音がついたりすると途端に怖くなってしまう。


・こっちもアニメーションで動いたりしたら怖い事になるかもしれないなぁと思ってしまう平野耕太先生の連載中の作品『ドリフターズ』ですが、本日発売のヤングキングアワーズにて第2巻の発売日が公表されていました。


9月30日(金)。アワーズの発売日でもあります(でも、連載は今までのパターンからすると休載、あるいは黒王様かルークとヤンが活躍する予感…)

1巻目を読んで以降、今か今かとお待ちしておりました♪

連載は毎回読んではいるものの(結局「ドリフ」読みたさにアワーズを買ってしまっている私…)、コミックでまとめて読むと更に面白いと思うので、今から発売日が楽しみです。


スポンサーサイト

Amazon☆ラッシュ

私は本はお店に行って買うのが好きですが、DVDとかゲームはAmazonをよく利用します。
なんだかんだで安いですしね(^^;

さかのぼる5月。
色々ほしい商品が夏に色々出るのを知り、あまり深く考えずにゲームだのDVDだの色々と注文していました。

で、今ちょっと地獄を観てます。


代金に関しては一応それ用に置いてあるお金があるので問題ないのですが、問題は発送日。

単純に7月最終週の木曜日と、8月1週目に1回発送があると単純に考えてたんですが、自分の注文した商品の発送日をよく見ると…微妙に一個一個一日づつずれている…_| ̄|○

何一つまとめて発送されない(笑)

えー、ゲームとかDVDて殆ど発売日木曜ちゃうん??(←完全なる思いこみ)

唯一同じ日の発売日だった商品は片方が限定商品だったために在庫が確保されず、1個だけ発送(今日届きました)。その商品は確保できるのかどうかも分からない。確保されたら1個だけ送られてくる。

私一体何やってんでしょうか(^^;

兎に角、今週と来週は自宅にやたらめったら荷物が届く、運送屋さん泣かせの日々になりそうです…

ワンピースプレミアショー2011

・ワンピースのプレミアショー観てきました!

昨年同様最初は行く予定ではなかったんですが(だいたい初日のチケットなんて既に完売してたし)、職場の先輩が一緒に行く予定にされてた方が急に行けなくなったので急遽ピンチヒッターです。

行けなくなった方には申し訳ないけど、私はラッキーでした(ほんとすみません…)


・今年のUSJは10周年の記念の年!ということで、ただでさえ盛り上がってるんですが(無茶苦茶暑いけど)、昨日はショーの初日という事もあって色んなとこでオフ会らしき方々の集まりを見ました。

ワンピースグッズで身を固めた方も多数。コスプレは流石に見かけませんでしたが子供のナミちゃんはいました。
(親の趣味?)


・場内のグッズショップには色々とワンピース関連のグッズが。
その中でチョッパーの帽子(結構大きい)と、小さなチョッパーの帽子orエースの帽子がついたカチューシャをつけてる方が大勢いらっしゃいました。

実は場内に先に入ってる先輩と合流する際、

1、ワンピのめっちゃアニメなTシャツを着て現れる
2、帽子orカチューシャをつけて颯爽と登場!

と、受け狙いを考えてもいたんですが、結局仕込みをする時間が無かったので普通に集合場所に向かいました。
買って帰ってもむっちゃ始末に困ると思うし(特に帽子を選択した場合)


・時間はあまりなかったんですが白ひげとエースのモニュメントは観てきました。
思ってたよりデカイ…。
写真撮ってる人いっぱいいました。先輩は手を合わせてる人も見たらしい…。


・で、肝心のショーなんですが内容についてはまだ始まって2日目ということで、あまり詳しくは書けません。
しかし、前回、前々回よりもパワーアップしてる事は確か。

キャラクター演じるキャストさんたちの演技にも磨きがかかっています。


・ひじょーにオカマさんたちが濃いです(笑)
九蛇の美女軍団たちも登場するんですが、そっちの印象が濃くて霞みます。イワンコフのインパクトが大ですが、ボン・クレーは更に凄い活躍してます。
席の近くを度々通りがかったので、まじまじ見ちゃいましたよ。


・今回はあの敵もこの敵も登場!と、かなり盛りだくさん。時系列?そんなのは無視(笑)
去年登場してびっくりしたあの人も登場しますよ。


・既に登場が告知されている3大将が凄い!赤犬は遠くてあまり見えなかったんですが、青雉・黄猿の再現度は高い。でも黄猿「怖いね~」言いすぎ(笑)


・「上演時間が夜である」ということを利用した演出が凄かったです。そうきたか~。
舞台のあちこち(観客席も含めて)で色んな事がおこるので全体を一回で把握するのは無理っぽい。
1回観るだけでは終わらせないショーになってました。

一つだけ残念だったのは音楽がほぼ昨年までの使いまわしだった事。
新曲があるかと楽しみにしてたんですけどね(^^;サンジのソロもありませんでした。


・そして上演後のお楽しみ。今年もアニメの声優さんたちが特別ゲストとして登場!

16日はルフィ役の田中真弓さん、ウソップ役の山口勝平さんがいらっしゃってました。

私は田中真弓さんのファンで、そのお姿を拝めるということでひじょーに楽しみにしてたんですが……


今年も日食状態かよ!!(笑)


実は、去年も田中さんがいらっしゃった回のショーを見たんですが、その時は席のあたりが悪くて柱の陰になって声はすれども姿は見えず状態だったのです。
今年はその柱が邪魔にならない位置だったので、今年こそは姿が見れると思ったんですが。

なんと、勝平さんの陰に隠れて殆ど観えず(泣)
せめて立ち位置を入れ替えてもらえれば観れたのに…。ちょっと残念。

でも、トークが終わって最後退場される時客席前を、ショーのキャストと共にずーっと歩かれた時にばっちりその姿を目に焼き付けたので、それだけでもありがたいと思わないといけないかもしれない(特に行ける予定で無かった私は)


・田中さんも山口さんもショーの内容に大満足。
田中さんのショーを観た感想の第一声は「呆れました」でした(USJのスタッフたちはどこまでやるのかと)
キャラクターの再現度の凄さには去年も言及されてましたが、今年は黄猿が凄いとおっしゃってました。


・田中さんはショー中ウソップについたあだ名が大変気に入られたらしく連呼。(確かにあれは…)


・キャストさんたちと共にルフィ、ウソップ、ボンちゃんがやってたようなラインダンスもされてました。


・最後には田中さんから(『ワンピース』という今後も続くであろう作品に出演することに対して)長生きして後10年は頑張るぞ!という宣言が!

私も田中さんの演技をこれからも観てみたい!!
これからも応援し続けます!!


・声優さんを特別ゲストに迎えたイベントは今後も予定されているとか。
生の声優さんたちの声を聞いてみたい!という方は、今後もUSJのサイトなどをこまめにチェックされた方がいいかと思います。

私もチェックしたいと思います(^^)

夏の文庫フェア2011(新潮社)

今回がラスト。夏の文庫フェアの老舗(?)新潮社の夏の100冊です。

フェア名 :2011新潮文庫の100冊
キャンペーンサイト :http://100satsu.com/
キャンペーンキャラクター :Yonda?
対象作品数 :100作品
期間限定表紙 :限定スペシャルカバー(8作品)
プレゼント :Yonda?キーホルダー
その他 :100冊ビューワー、100冊診断、100冊まとめ買い
      Yonda?ツール(ブログパーツ、壁紙、携帯待ちうけ)

・KUROの読んでみたい作品

 海堂尊 『ジーン・ワルツ』
 リリー・フランキー 『東京タワー』
 伊坂幸太郎『ゴールデンスランバー』
 近藤史恵『サクリファイス』
 米沢穂信『ボトルネック』

●KUROのひとこと

・例年手堅い印象の新潮社文庫。
ライトな雰囲気の作品は少ないものの(強いて言えば神永学さんはライト?)、新作・旧作取り交ぜて読んでみたいと思わせる作品は結構多い。

去年上げた作品は全然読めなかったので、今年こそは1冊ぐらいは読んでみたい(笑)



・フェア用のサイトデザインは昨年とほぼ同じもの。
面白いサイトだけどそろそろ違ったデザインのも見たい気も…。
あと、地味に作品名・作者名の50音順表示がないので、その方法で本を探したい時はできないので辛い…。
黄色もちょっと眼に痛い(^^;


・期間限定カバーは例年通りとってもシンプル。クールで大人も子供も持ちやすい。
今年は変わり種(金と銀)は無し。やっぱりね…


・去年は個人的にちょっとがっかりしてしまったプレゼント。
今年はキーホルダー…なんですが、デザインの好みが…ちょっと(^^;じーっと見てると何とも言えない気分に。

しかも新潮社は相変わらず応募しないともらえない景品なので、これを貰う気になるかどうかは…微妙。おしゃれなんだろうなぁ、こういうのが。


ブックカバー戻ってこい!って感じなんですがやっぱり高くついちゃうんですかね(^^;
いっそのこと店頭で渡す景品にしちゃうとか。でもそうなると本屋さんが大変になっちゃうからなぁ…



夏の文庫フェア2011(集英社)

ちょっと日が空いてしまいましたが、集英社の文庫フェアについてです。

フェア名 : ナツイチ2011
キャンペーンサイト : http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/
キャンペーンキャラクター : 武井咲さん
対象作品数 : 96冊
期間限定表紙 : スペシャルカバー6冊+はちノート(漫画家描き下ろし)
プレゼント : ナツイチ・スタンプ(全9種)
その他 : 読みたい本リスト、ナツイチ on  twitter、スタンプラリー
       ウェブ配布の壁紙・ブックカバー

・KUROの読んでみたい作品
 小路幸也『マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン』
 伊坂幸太郎『終末のフール』
 北方謙三『水滸伝』
 逢坂剛『しのびよる月』『おれたちの街』
 秋本治・原作、日本推理作家協会監修『小説こちら葛飾区亀有公園前派出所』


●KUROのひとこと

・毎年爽やかな印象の集英社文庫。
 キャンペーンキャラクターを務めるのは武井咲さんです。う~ん爽やか。


・今年も人気漫画家の描き下ろしスペシャルカバーあります!!

昨年に引き続き浅田弘之さん、河下水希さん、小畑健さん。河下さん以外は昨年のイラストと同じものです(小畑さんの『人間失格』はもう3年目ですね…。いいイラストだけど)
新顔は『屍鬼』『封神演義』の藤崎竜さんで『夢十夜・草枕』、『家庭教師ヒットマンREBORN!』の天野明さんで『怪盗ルパン奇厳城』、『ぬらりひょんの孫』の椎橋寛さんで『遠野物語』。

毎年今年はだれが書くんだろうと楽しみにしています。
来年は誰なんでしょうね。個人的には加藤和恵さんとかきそうな気がするんですが。
でもできれば「まさかこの人が!!」って人がくると面白いけど。



・漫画といえば集英社はコミック版のフェア「ナツコミ」(…って別のものを連想する気もするけど)も開催中!!
対象作品を買うと『ONEPIECE』のコースターがもらえます。私もゾロ貰ってきました(^^)

公式サイトは、http://natsucomi.shueisha.co.jp/index.html


・今年9つのジャンルわけ。

作品は名作から新作まで…っていうのはどこの出版社もやってる事ですが、エッセイ系が結構入ってるのが特徴といえば特徴。あと、旬の作家がとても多いです。

そういえば、昨年集英社のサイトが本を探しやすくて良いというのを書いていたのですが、今年はちょっと探しにくいです。
ジャンルの本の紹介ページに飛んでも、そこから別のジャンルに飛べるようにしてほしかった…。

個人的に読みたい本はまあ、例によって例の如く偏ってるんですが、今年こそ『水滸伝』を読み切ってしまわなければなーとは思ってます。ほんと、何年かかってるんだ(^^;


・全員プレゼントは今年はスタンプ。
去年から角川書店もストラップになってしまったので、このプレゼントはちょっとだけ嬉しい。キャラクターもかわいいですし(^^)

貰ったはいいがどこに使おうと悩んでる人はスタンプラリーに参加してみては?
異なるデザインのスタンプ3種類を応募台紙に押して、ハガキにはって送ると抽選で「はちぬいぐるみ」が当たります。

夏の文庫フェア2011(角川書店)

何となくこのブログでは毎年恒例になってきています。
夏の文庫フェアのまとめです。

ただ、この2年を振り返ってみると自分のなかでの注目度の割にはそれほど読めて無いような…(^^;
それでも、各社の様々な試みや、書店でのディスプレイを見ているとと何だかお祭り気分になってウキウキしてきます。
何だかんだ言いながら、これからも注目していくんだろうな~。


そんなこんなで今年もやっぱり角川書店から


フェア名 : 発見!角川文庫2011
キャンペーンサイト :http://www.kadokawa.co.jp/hakken/summer2011/top.php
キャンペーンキャラクター : ハッケンくん,
対象作品数 : 197冊
期間限定表紙 : 名作×人気漫画家&イラストレーター描き下ろしスペシャルカバー、かまわぬ×角川文庫 名作コラボスペシャルカバー(計12作品)
プレゼント : ハッケンくんストラップ(全9種類),ハッケンくん壁紙ダウンロード
その他 : ハッケン!角川文庫 on YouTube あらすじチャンネル、本屋さんへ行こう!キャンペーン


KUROの読んでみたい作品
 黒川博行 『悪果』
 有川浩 『図書館戦争』シリーズ
 池上永一 『テンペスト』
 柳広司 『ジョーカー・ゲーム』

 

●KUROのひとこと

・今年もキャンペーンキャラクターはハッケンくん。
新潮社のYonda?や集英社の「はち」同様文庫好きにはすっかりおなじみのキャラクターです。

・作品ラインナップの分類は昨年と同じ。「恋する」「楽しむ」「驚く」「考える」「ふるえる」「見つける」「泣く」の7つの分類分け。

名作と呼ばれる作品からエンターテイメントまで非常に幅広いラインナップ。実写、アニメといった映像化作品の原作が多めなのもいかにも角川書店らしい雰囲気です。

個人的に例年、学生さんの「読書の入り口」というイメージの強い角川文庫ですが、今年は大人向けのラインナップとして時代小説、経済小説、ハードボイルドといった「大人のエンタテイメント」が項目に入ってるのが面白い。
大人ももっと夏フェアで本を買って!ってことでしょうか?それにしてもちょっとおじさん狙い撃ちって感じのラインナップが気になる…(いや、女性が読みそうな作品は既にはいってるけど)

・スペシャルカバーは今年も2種類。一つは人気漫画家・イラストレーターを起用した描き下ろしスペシャルカバー。『完訳ギリシア・ローマ神話』が『テルマエ・ロマエ』のヤマザキマリさんというのはハマりすぎでしょう(^^;
もう一つは人気てぬぐい店「かまわぬ」と名作のコラボカバー。
正直漫画家・イラストレーター起用のカバーは集英社のイメージが強かったので、あまり目新しく感じなかったけど、こちらは本当に面白い!
柄自体がお洒落だし、手触りが普通のつるつるした表紙と全然違う!!
これは実際手にしてみないと伝わらないので、本屋に行ったら是非手にとってみてほしいです。


・今年は昨年に引き続きストラップ。今年は全9種類です(シークレットあり)
1冊買えば一つ必ずもらえるというのがこの景品のいいところ。ブックカバーの時は応募しそこなってたもんな~(^^;

2011年6月の読書メーター

先月の読書メーターまとめです。
奇しくも本日は読書メーターで記録をつけ始めてから900日目。
思えば約2年半記録を続けてるんですね。私にしては長い方です。

でも、読書ペースは年々落ちていて今月もやっとこさという感じで3冊読んでいます…と、見せかけて実は『トリコ』を1日1冊買いして読んだので正確には17冊です。

ぼちぼち登録していこうと思ってるので、来月のまとめは最近の私にしてはえらい冊数になる予定(笑)




2011年6月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:936ページ

■バチカン奇跡調査官   闇の黄金   (角川ホラー文庫)

平賀とロベルト。二人の『奇跡調査官』の活躍を描くシリーズ第3段。
宿敵も登場し、話は否が応でも盛り上がる。

しかしストーリーそのものよりもひたすら真っ直ぐな信仰を持ち続ける平賀と、そんな彼を信仰の支えにするロベルトの事が強く印象に残りました

読了日:06月07日 著者:藤木 稟

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11588699


■機密 CIROⅡ 内閣情報調査室 香月喬 (朝日文庫)

相変わらず香月は見届ける役割ではあるんですが、前作よりは熱さが感じられたかな?
上司の高山が『公安捜査』の田中のような人物で何を香月にやらせたいのか非常に気になります

読了日:06月20日 著者:浜田文人

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11809986


■ヘッドライン

登場人物の雰囲気は違えど物語の展開の地道さに終始安積班シリーズを読んでいたような雰囲気を感じていました。

布施は一見やる気なさげだけど実はかなり真剣に報道に携わっているというところがかっこいい。
また、鳩村は布施とは対照的な堅物ですが、布施の能力を認めながら苦言を呈する上司であり続けようという姿勢が素敵です。

読了日:06月29日 著者:今野 敏

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11966598



▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: