プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

相棒 season9 第5話「運命の女性」

本日放送の「相棒シーズン9」第5話「運命の女性」の感想です。
いつもなら、軽くあらすじを書いてから感想を書くところですが、今日はまず最初に言っておこう!!


陣川君、君は一体どこまで突っ走るのか!!!残念さ加減が留まるところを知りません。
相棒作ってる人たちは陣川君を一体どこまで残念にすれば気が済むのか(笑)

いいぞ、もっとやれーー(えーーーーっ!)



いきなりですが、ここであえて陣川君的お約束を思い出してみる。

その1、指名手配書を事細かにチェック(そして、関係ない人に職質)
その2、特命係を名乗りたがる
その3、右京さんは尊敬してるので比較的柔順だけど薫には自分の方が階級が上とやたら主張
その4、兎に角暴走ぎみ
その5、女性に惚れる→振られる
その6、花の里で右京さん及び薫にクダを巻く…


「相棒」放送開始から10年。登場回数からしたら映画も含めて4回しかない登場人物であるにもかかわらずこれらのお約束の強烈なインパクト…。これでレギュラーじゃないなんて信じられません。
いや、レギュラーだったら右京さんと尊の身が持たなくて「相棒」終わっちゃうか(^^;


本日は、いつもの感想とちょっと趣向を変えて、この陣川君のお約束と共に第5話を振り返ってみる。
あらすじは、各自公式サイトをチェックしていただければと…(何か投げやり)


まず、その1、指名手配書を事細かにチェック(そして、関係ない人に職質)

これはいきなり冒頭でやってました。今回は友人の結婚披露宴でやらかしてくれます。
指名手配書の写真を思い出し、いきなり職質。おまけにその相手の胸にべたべた触りまくるという、セクハラ(?)っぽいことまでやらかしている。さすが陣川君。おめでたい席でも警察官である事を忘れることはない。
(なお、このシーンの手配書写真を思い出すシーンの演出が漫画チックで秀逸)

そして、やっぱり登場陣川部屋。指名手配写真で満ち満ちている。
“家の壁に写真を張りまくる”というのは何となくストーカーちっくだが、陣川君なので仕方がない。

その2、特命係を名乗りたがる

これは…今回名乗ってたっけ?でも、奈緒に右京たちを紹介する時自分は捜査1課所属の癖に「尊敬する杉下警部と後輩の尊」といった感じの紹介の仕方をしてたので、彼女は多分彼らを陣川君の上司と同僚と誤解したことでしょう。…って、これはちょっと強引?

その3、右京さんは尊敬してるので比較的柔順だけど薫には自分の方が階級が上とやたら主張

薫と違い尊は階級が一緒なので陣川君はどいう対応をするのかと思ってましたが、まさか先輩風を吹かすとは…。
彼はまだ特命係入りを全然諦めていません。

そういえば陣川君と尊はこの時すでに一回会ってる事になってるんですね(陣川君登場する劇場版の2作目の出来事がシーズン9以前の時間の物語であるため)。尊の「初めて会った陣川評」が劇場で聞ける事を期待します(笑)

その4、兎に角暴走ぎみ

これに関しては、全てのお約束に通じることだとは思いますが(笑)兎に角何をするにも暴走ぎみです。
彼は、警察組織に経理の才能を買われてるんであって、捜査員としては全く期待されていません!第一、特命係に
一時とばされたのも、その1のお約束を連発したせいだったし…。
陣川君が彼の希望通り捜査員になってたら今頃、新聞沙汰の不祥事を起こして退職するはめになっていると思われます。

今回の件は何が暴走かというとなんか全体的に暴走してたというしかないような気もしますが(あえていうなら自分の本来の仕事をほっぽって事件に突入したこと)、一応誰の邪魔しなかっただけましかもしれません(その辺は奈緒さんのおかげもありますが)。

その5、女性に惚れる→振られる

これが無ければ、陣川君で無いというほどのお約束。今回惚れたのはレストランに勤務する奈緒さん。
しかし、彼女は女スリだった上に犯罪に加担していた…。陣川君との相性は今までで一番よかったんですけどねー。両想いだったし。
イケメンなのに残念な男・陣川に春が来る日はあるのか?でも、ブーケトスで女性を差し置いてブーケとってるようでは春は遠い気がする。

その6、花の里で右京さん及び薫にクダを巻く…

今回は花の里シーン、豪華2本立て!
いつも絡む相手である薫がいないので後輩の尊に絡んでました。「そん!!そん!!」って(笑)
でも尊はちゃんと相手してあげるだけ偉いと思う。

それにしても今回のたまきさんはブラックすぎるでしょ。振られた陣川君に彼女を思い起こさせるピザを出すとは…。右京さんの最後のチョメチョメは、「もうこれ以上飲ませちゃいけません」なのか「もうこれ以上いじめちゃいけません」のどっちだろう…。



なんか、陣川君のことばっかりで5話の内容を全然振り返ってないような気がしますが、それだけ久々登場の陣川君の印象が強烈だったのでこれで今日の感想(?)はご勘弁ください。最後の方にちょっと切なさを感じる事のできる、面白い話でした。
…奈緒さんは例え前科者でも真っ直ぐ接してくれる陣川君をちょっと好きになったから体を張ったんだろうなぁ。


・次回は、今回とは打って変わってシリアスなストーリー。
こんだけ落差のある話が用意できるのも「相棒」のいいとこですよね。
スポンサーサイト

テーマ: 相棒
ジャンル: テレビ・ラジオ

新カテゴリーの追加

ちょっと『血界戦線』の感想が増えてきたので新カテゴリーを追加しました。

カテゴリー一覧の「血界戦線」の項目からこれまでに書いた感想を読む事が出来ます。

『血界戦線 -Day In Day Out-』

年に4度のお楽しみ!!
「ジャンプSQ.19」掲載の『血界戦線』最新作「Day In Day Out」の感想です!!

続きを読む

「ジャンプSQ.19」2010年秋号買ってきました!

『血界戦線』の新作が掲載されている「ジャンプSQ.19」買ってきました!!


ジャンプ SQ.19 (スクエア) 20 2010年 12月号 [雑誌]ジャンプ SQ.19 (スクエア) 20 2010年 12月号 [雑誌]
(2010/11/19)
不明

商品詳細を見る



…また本屋で買いにくい表紙……。
でも今回は堂々と表向けてやりましたよ。ええ。(←逆切れ)


と、愚痴を言っててもしゃーないんですが。

今回の『血界戦線』のタイトルは「Day In Day Out」
前回のハードな内容とは一変。ライブラ構成員たちの日常といった雰囲気の内容。
…いや、ヘルサレムズ・ロットの話ですからハードはハードなんだけど。しかも、ある人物には物凄くハードな展開が待っているけど(笑)


今回は何とクラウスが一コマしか登場しません!

その代わりストーリーのメインを張るのはクラウスの副官的存在であるスティーブン。そして、諜報活動のエキスパートであるチェイン。
仕事を離れた二人のちょっと意外な姿が描かれます。勿論、レオやザップも登場します。


こちらの感想はまた近々書きたいと思います!!



相棒 season9 第4話「過渡期」

・日付が変わりましたが本日放送の相棒シーズン9第4話「過渡期」の感想(のようなもの)です。


・ホテルで男の転落死体が発見された。所轄署の捜査の結果、非常階段で喫煙中誤って転落した事故死と断定。
事件はそれで終わると思われた。
時効制度の廃止により、厖大化する事件の証拠品の整理を命じられた右京と尊は、転落死した男・立松の祖母が15年前に殺害されており、時効廃止がなければ2,3日後に時効を迎えていた事を知った。
留学後、世界を転々としていた立松が時効制度廃止を知らず、時効に合わせて帰国した可能性があると右京は考える。

立松の転落死を調べる右京と尊は、15年前の祖母の事件を未だに調べる総務課の猪瀬に話を聞く。しかし、鑑識係の丸山ともども何かを隠している様子。その後、特命係を訪れた猪瀬は実は事件のあった日立松に時効について聞かれていた事を告白。
やがて帰国した立松が友人に返す当てがあるからと金を借りていた事実を知った右京はある結論を導き出す。


・本日の『相棒』はこのドラマを代表する脚本家の一人である櫻井武晴さんのシナリオ。
個人的には脚本家さんの名前でどうこうということは言いたくありませんが、さすが。本当に見応えがありました。

様々に用意されたミスディレクション。それでいて、推理するためのヒントはすべて視聴者に提示されています。
私も右京さんと同じものを見てるはずなのに、最後の展開を迎えるまでなかなか犯人は分からず(今回は本当に尊の気持ちと見事にシンクロしました・笑)
猪瀬が立松を殺すに至った真の理由まで右京さんが導き出してしまった時には本当に「えっ?」という声まで出してしまいました…。

・猪瀬は一面気の毒な人物だし、彼の話からすると横領した証拠品のお金は捜査費の足しにしていたようですが、それはまったく彼を擁護する理由にはなりません。
結局彼は最後の最後で“警察官”である事を選ばず、一人の憎しみを持った人間として振る舞ってしまったにすぎないのです。

猪瀬に激昂する尊に言った右京さんの言葉が非常に印象的。


・ストーリー展開の面白さもさることながら、右京と尊のやり取りも楽しかった。

尊の右京さんに対するフォローがなんとなーく嫌味にに聞こえる(笑)お互いまだまだ何となく刺々しい。
でも、そこがこの二人の会話の面白いところ。薫が相棒だった時とまた違った面白さがありますね。


・今日の尊はちょっと熱かったですね。

・立松の友人の部屋に飾られていたポスターが戦国BASARA3だったような気がするんですがきのせいですか?


・来週は、

わーい。“イケメンなのに残念な男”陣川君の登場だ!!!

また女性がらみらしいぞー!!(笑)
尊とは階級一緒だしどんなやり取りをするんだろう。そして、また「花の里」でクダを巻くのか?

本当に楽しみすぎるー!!

相棒 season9 第3話「最後のアトリエ」

風邪からちょっとだけ復活!!
と、いうことで相棒シーズン9第3話の感想です。

・イベント運営会社社長・三木の他殺体がオフィスで発見される。その遺体の傍らに落ちていた新刊案内を目にした右京は、夭折した天才画家・有吉比登治の生涯を題材とした小説に挟まれていた者ではないかと推測。調べると三木は、有吉の回顧展を請け負っていた。
その回顧展には有吉が亡くなる直前まで描き、死が迫る絶望からキャンバスを引き裂いたと言われている『晩鐘』も展示されるという…。

捜査を続ける右京と尊は、有吉の親友だった榊という老人と出会う。榊は回顧展に提供した有吉とやり取りした書簡が盗まれたりしていないかを確認しに来たのだ。
しかし、その時のさりげない所作から右京は有吉に小さな疑問を抱く。


・2話に分かれていたものの、初回スペシャルといった印象だった「相棒」も3話目からは通常運転といった様子。「最後のアトリエ」は人の心の機微を描くストーリーでした。


・何故、回顧展に協力していた榊が三木を殺したのか?
右京は推理によって、榊の心の道程を明かしていく。

小説とは違い、傲慢な性格だった天才画家の有吉。その態度は友人だった榊に対しても変わらない。
しかし、有吉にとって榊は唯一無二の親友だった。

そして榊にとっても有吉は愛憎半ばする、自分の人生にとって大きな影響を与えた人物だった。

死の間際でも素直になれず自分の最後の作品を切り裂いたという「嘘」の手紙で呼び出された榊は傷一つない「晩鐘」を見る。その作品がいつか多くの人の目に触れる日を夢み、自分も画家として生きる夢を捨てず榊は老年を迎えた。

しかし、自分が渡した「嘘」の混じった手紙をきっかけに真実が曲げられ、本物の「晩鐘」を手にした三木は小説の通りでないと絵に価値が無いと「晩鐘」を傷つけようとする。
榊はやむなく三木を殺してしまう…。


・役者さんの演技、展開、演出などなど、どれをとっても私好みな回。

今回、脚本を担当された太田さんはシーズン8で「さよならバードランド」や「ミス・グリーンの秘密」を担当された脚本家さんと言うことで、今回の何となく情緒に訴えかけてくるものがあるシナリオの雰囲気も納得です。

そのかわりゲストキャラが凄く印象的で、メインキャラの右京さんや尊の印象は控えめなんですが、たまにはこんな回もいいんではないかと。

1,2話がもやもやとしたものが残るストーリーだっただけに、今回は悲しいんだけど爽やかな印象が残る回でした。


・そういえば、今回事件のきっかけともなった小説の作者が、実はシーズン6の「ツキナシ」で覗きの罪で逮捕された北之口だったとtwitterで知りました。ホントみんなよく見てるなぁ…。

本人に関係ないと言えば関係ないけど、いわばこの人のせいで今回の事件が起こってるんですよね…。
凄い罪作りな人(^^;

テーマ: 相棒
ジャンル: テレビ・ラジオ

本日は相棒の放送日…

そして「相棒」の感想書く日なんですが、ちょっと風邪っぴきなので、今日は早めに寝ます…。


感想は早ければ明日。遅くても土日の休みには書きたいなぁ。

2010年10月の読書メーター

11月ももう7日もたってしまいましたが、10月の読書メーターのまとめ。

今月は、割りと読んでるっぽい…けど、それでも昨年に比べれば全然読めておりません。今年もあと2カ月。
後どれだけ読める事やら。

最近、また自宅の本棚の整理をしてます。なんとなく…で置き続けてる本をただいま整理中。
もう少し本棚のスリム化を図れればいいな。


●2010年10月の読書メーター

読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2009ページ

■若頭補佐白岩光義 東へ、西へ

読了日:10月01日 著者:浜田 文人

http://book.akahoshitakuya.com/b/4420310464


■トライガンマキシマム N-7 (ヤングキングコミックスNEO)

兄弟の過去の話と、ラストスパートあたりの描写でナイブズがどういったキャラクターなのかようやく理解できたような気がします。
ナイブズがやったことを許せるか許せないかは別にして、彼もまたヴァッシュと同様泥をかぶる生き方をしてきたんだと強く感じました。

最終話の雰囲気はやっぱりいいです。これでこそトライガン!

読了日:10月14日 著者:内藤 泰弘

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8026004


■警視庁草紙 上 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

読了日:10月15日 著者:山田 風太郎

http://book.akahoshitakuya.com/b/4041356555


■奏者水滸伝 四人、海を渡る (講談社文庫)

小さなライブハウスでの演奏を続けてきたカルテットが遂に海外進出!?しかし到着したアメリカで猿沢と比嘉は殺人事件に巻き込まれ、容疑者として拘束されてしまいます。

今回フューチャーされるのは猿沢。猿沢がその全てを見通す眼で事件を解決に導きます。演奏シーンは少な目ながら、ラストの緊張感は物語の展開上間に合うとわかっていてもなかなか。

読了日:10月25日 著者:今野 敏

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8171696


■警視庁草紙 下 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)

上巻はさり気なく明治期の偉人が錯綜する様に多いに盛り上がりを感じ、下巻は読んでいて寂しさを感じた。
江戸時代が黄金の時代とは言えないでしょうが、確実に一つの時代が終わっていくのが解る展開は物悲しさを感じずにはいられない。それがまして大きな戦が契機となるなら…。

この後平四郎はどうなってしまったんだろうか。

読了日:10月26日 著者:山田 風太郎

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8184620


■逆風の街―横浜みなとみらい署暴力犯係 (徳間文庫)

「禁断」を読む前に再読。久々に読んで感じたのは、諸橋と城島のやり取りが結構テンポよくて面白いのと、諸橋の人物の根底にあるのは「怒り」という感情だけど大人な分だけいい感じに理屈っぽいなということと、キャリア監察官の笹本は「隠蔽捜査」の竜崎の原型っぽいなということ(竜崎はキャラクターとしてかなり突き抜けてますが)。

諸橋の部下たちも個性があるし、シリーズ展開していって欲しい作品。

読了日:10月28日 著者:今野 敏

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/8209940


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

『血界戦線』第2巻買ってきました!!

血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)血界戦線 2 ―世界と世界のゲーム― (ジャンプコミックス)
(2010/11/04)
内藤 泰弘

商品詳細を見る


本日はジャンプコミックスの発売日。

というわけで『血界戦線』2巻早速買ってきました!
今回表紙を飾るのは銀髪の陽気なチンピラ青年、ザップ。

本編では結構活躍してたのに1巻の裏表紙では顔が半分隠れてたザップでしたが、今回はめでたく表紙を飾っています。…と、思ったら今度はチェインがいない。

この辺りはコミックスの帯でもネタにされてるので、3巻の表紙はチェインが飾るということでしょうか???


2巻収録内容は、コミックのタイトルにも含まれているクラウスの意外な趣味が発覚する「世界と世界のゲーム」。
そして血界の眷族がついに姿を現す「トーニオ・アンドレッティ最後の19時間」、「BLOOD LINE FEVER]の3篇。

回を増すごとに面白さ倍増で、ますます次回掲載が楽しみになっています。


そんなこんなで今月の19日は『血界戦線』80ページ掲載もあるジャンプSQ.19の発売日。
次は一体どんな街の姿が拝めるのか?主要キャラの活躍は??そして、新キャラの登場はあるのか?


ほんと、気になってます



カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: