desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

夏の文庫フェア2010(集英社) 

お次は、集英社の文庫フェアについてです。

・フェア名 : 世界をめくろう。ナツイチ
・キャンペーンサイト : http://bunko.shueisha.co.jp/natsuichi/index.html
・キャンペーンキャラクター : 多部未華子
・対象作品数 : 101冊
・期間限定表紙 : スペシャルカバー16冊(はち、漫画家描き下ろし、マリア様がみてる)
・プレゼント : 今年はキミも本の虫!ストラップ(全8種、レア1種類)、
       ・その他 : ナツイチ on twitter
       ウェブ配布の壁紙、スクリーンセイバー、ブックカバー

・KUROの読んでみたい作品
 小路幸也『スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン』
 東野圭吾『幻夜』
 伊坂幸太郎『終末のフール』
 杉本苑子『春日局』

●KUROのひとこと

・毎年爽やかな印象の集英社文庫。キャンペーンのウェブサイトもとっても爽やか。

 しかし、集英社の夏の文庫フェアといえば、やっぱり人気漫画家の描き下ろしイラストを使用したスペシャルカバーでしょう!!…と、思ったんですが今年はちょっと様子が違う。

 なんと、スペシャルカバーが16種類もあります。しかもそのなかの8冊は集英社文庫のマスコットキャラクターである“はち”…。

 今年はどこの出版社も自社のマスコットキャラクターを前面に押し出しています。

 もちろん、漫画家さん描き下ろしのカバーも例年通りあり。
 今年は浅田弘幸、河下水希、星野桂、小畑健、桂正和(敬称略)といったラインナップ。小畑さんと桂さんの表紙は以前からあるものです。個人的には浅田さんのイラストの雰囲気がインパクト大。


・今年も昨年と同じく7つのジャンルわけ。
昨年から入ってる本もありますが、結構入れ替わっている。新刊や多く読まれている人気作家の作品が多いです。

自分の読みたい本は、昨年読もうと思って読めなかったものをチョイス。ただ、「東京バンドワゴン」シリーズはまだ2冊目を読んでないので、そちらから読んだ方がよさそうですが…。

あと、どうでもいい個人的な印象ですが集英社は、3つの出版社(角川、集英社、新潮社)のなかで一番フェア対象作品のページが見やすいし、本を探しやすい。
ジャンルをクリックすると、大きめな本の表紙の写真と作品のあらすじが同じページの中に表示されてわかりやすい。それに新潮社もやってますが、自分の読みたい本をリストにできるのは地味に便利だと思いました。

・今年のフェア企画は、今はやりのtwitterを使用したもの。twitterを使用している人ならば気軽に参加できるのが利点でしょうか。
抽選でプレゼントもあるようです


・全員プレゼントは今年もマスコットキャラクターのストラップ。
1冊買ったらその場でもらえます。レアだかレアじゃないんだかわからないのが入ってるのが何となく面白い。

でも、今年は角川文庫も同じようなストラップなので同時に二つの出版社の本を買ったら本屋さんのレジがちょっとめんどくさい事になるような気がする。
スポンサーサイト




[ 2010/06/28 23:06 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

夏の文庫フェア2010(角川書店) 

今年もやってきました!!夏の文庫フェアです。

書店に置いてあるフェアの小冊子をまだ手に入れてないので見落としがあるかもしれませんが、今年もちょこちょこっとまとめておこうと思います。

まずは今年も角川書店から

フェア名 : 発見!角川文庫2010
キャンペーンサイト :http://www.kadokawa.co.jp/hakken/summer2010/top.php
キャンペーンキャラクター : ハッケンくん,
対象作品数 : 115冊
期間限定表紙 : ハッケンくんスペシャルカバー、早見あかりスペシャルカバー(6作品)
プレゼント : ハッケンくんストラップ(全8種類),ハッケンくん壁紙ダウンロード
・その他 : ハッケン!角川文庫 on YouTube あらすじチャンネル

KUROの読んでみたい作品
 森見登美彦 『夜は短し歩けよ乙女』
 有川浩 『空の中』
 有川浩 『海の底』
 東野圭吾 『殺人の門』
 米澤穂信 『氷菓』

 

●KUROのひとこと

・今年からはちょっと様変わりした印象の角川文庫。
 キャンペーンキャラクターは、角川文庫のマスコットキャラクター「ハッケンくん」が務めます。


・作品ラインナップの分類は昨年と同じ。「恋する」「楽しむ」「驚く」「考える」「ふるえる」「見つける」「泣く」の7つの分類分けです。
そういえば今年はライトノベルレーベルの文庫が入ってません。
しかし、ラインナップ全体を眺めると、ライトな雰囲気の作品も多く含まれ、まさに今年の夏、本でも読み始めようかと考えている人たちのための“読書の入り口”を提供する作品群になっているような気がします。

特にそうなりそうだと感じたのは、短編集「きみが見つける物語」のシリーズ。
“10代のための新名作”とは銘打ってありますが、掲載されている作家陣は今を煌めく作家ばかり。
食わず嫌いな読んだことのない作家への気軽な入口になりそうな予感。


・今年のプレゼントはお馴染みのブックカバーではなく、ストラップ。
集英社の文庫フェアのプレゼントと同じく、1冊買えばその場でもらえる形式です。
ただし、この形式。書店によっては出してくれない場合があるかと思いますので絶対欲しい時はレジにきちんとその旨伝えた方がいいと思います。

・企画はだれでも参加できるYouTubeの「あらすじチャンネル」。
30秒であらすじを…ということですが、本の紹介さえできてれば工夫次第でなんでもありっぽい???

映像系投稿が好きな方はチャレンジしてみては?





[ 2010/06/27 10:55 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

最近買った本(2010年6月25日) 

twitterを始めてからブログはさぼり気味ですが、長文書くにはやっぱりブログですね。

と、いうわけで最近買った本。


禁断 横浜みなとみらい署暴対係禁断 横浜みなとみらい署暴対係
(2010/06/17)
今野 敏

商品詳細を見る



今野敏さんの新作。
徳間書店刊の『逆風の街』の続編。

“ハマの用心棒”の異名を持つ諸橋と彼率いる諸橋班の活躍を描く。

続編ないかな…と、楽しみにしてただけに、読めるのが嬉しい!!


ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)ヴィンランド・サガ(9) (アフタヌーンKC)
(2010/06/23)
幸村 誠

商品詳細を見る


「ヴィンランド・サガ」第9巻。

父親の仇であるアシェラッドを突如失い、失意のトルフィンはある農場の奴隷に身を落としていた。
すっかり無気力になり、言われるがままに仕事をするだけの毎日を送るトルフィンが目覚める日は果たしてくるのか?

そして父王の後を強制的に継いだクヌートは、確実に血濡れた道を歩み始める。

物語はますます見逃せない!!





[ 2010/06/25 23:06 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

『血界戦線 -世界と世界のゲーム-』 

今更ながらジャンプSQ.19掲載『血界戦線 世界と世界のゲーム』の感想(のようなもの)です。







もやしもん いろいろ 

・7月6日。「もやしもん」の最新刊9巻が出ます。
今回の限定版は5分だけのDVD付き。

前回の絵本の時は店頭予約できない上に出荷数も少なかったようでなかなか手に入らない代物でしたが(私もたまたま買えたようなものだったし)、今回はamazonでも予約可能みたいです。

DVDの内容についてはまだ明らかにはなってませんが、時期的なことを考えるとドラマ関連??


・ドラマ版「もやしもん」の公式サイト初めて見ました。
もう2月にはオープンしてたんですね(^^;秘密にされていた蛍の役者さんも決定してました。

応援の意味もこめてブログにブログパーツを貼ってみました。
フヨフヨ浮いてる菌がかわいいです。








[ 2010/06/12 21:27 ] 映画・TVのこと | TB(0) | CM(0)

「シャーロック・ホームズ」のソフトの事 

本年公開された「シャーロック・ホームズ」が相当面白かったので、ソフト化したら絶対買おうと思ってたんですが、これがDVDとBlu-rayのセット商品だと知り驚きました…。

要するに車載のDVDプレイヤーや、自室の小さいテレビに設置してるプレイヤーなんかで見る場合はDVDを。
リビングに置いてる大画面テレビでじっくり鑑賞するときはBlu-rayということらしい…。

うーん(^^;

最終的には自宅で映画鑑賞する人のこだわりの問題なんでしょうが、強制的に両方ってのがなんだかなぁ。
せめてDVD・ブルーレイ単独の商品も作って欲しかった…。将来的な事を考えればブルーレイのソフトがついてくる事は得な事なのかもしれませんが。


今のプレイヤーが壊れない限りは、ブルーレイプレイヤーに買い替えることはないからちょっと無駄やな~なんて弟に言ったらブルーレイの方くれ!!と、言われてしまった。

ただでせしめる気か(笑)





[ 2010/06/10 23:53 ] 映画・TVのこと | TB(0) | CM(0)

第975回「最近緊張したことは?」 

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「最近緊張したことは?」です。緊張…できるだけしたくありません。やってみたいこと、うまくいくかな…これは失敗しないかな…色々考えてしまってドキドキします。多少は緊張感があったほうが良いこともありますがやっぱりそれの大元が通り過ぎるまで、大丈夫かなーって気持ちになりますよね。ほうじょうは最近、思い切って大きな買い物をしまし...
FC2 トラックバックテーマ:「最近緊張したことは?」




まあ、ゆるくはあっても仕事中はそれなりに緊張している気がします。

ただ話のネタとして「緊張」と言って思いだすのは、もう最近の事ではありませんが、

「スターバックスで注文するとき」

は、緊張してました。

「聖☆おにいさん」5巻のアレは他人事ではありません(笑)
私の場合はラテのショートサイズでしたが。

でも今考えるとスターバックスではラテかドリップコーヒーのほぼどっちかしか頼まないので緊張も減ったくれもありませんね(笑)




[ 2010/06/06 11:21 ] サイト・ブログ作り | TB(0) | CM(0)

つぶやきはじめました 

こっそりtwitterはじめました。

URLはこちら

http://twitter.com/kuro_no

ただ、いってることはこのブログとほとんどかわりません。





[ 2010/06/05 14:01 ] サイト・ブログ作り | TB(0) | CM(0)

「相棒 season9」放送決定!&映画第2弾 

今日6月3日はテレビドラマ「相棒」の第1作目がが土曜ワイド劇場で放送された日。
と、いうことで本日は相棒の“誕生日”であります。

しかも10周年。すごい!!

そんな記念すべき日、相棒シーズン9の放送が決定!!(10月より2クール)


更に、『相棒 劇場版』第2弾の上映も発表されました!!!

映画の2作目はもしかしたら…とは思ってたんですが、まさか今年中とは思ってもみず…。
なんか嬉しいやら驚くやらでなんと言っていいかわかりません!!

なお、公開日は2010年12月23日!!です。


あと、10月に「相棒season8」のDVDボックスの発売も決定。
こちらは、特典映像として記者会見映像と、シーズン8第18話の時系列再編集版が収録予定だそうです。








テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



[ 2010/06/03 21:45 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)

2010年5月の読書メーター 

通常より1日遅れですが「今月の読書メーターまとめ」。

最近、なかなか本を読む気になれなくて、どうなってるんだろうと思ってたんですが、ふたを開けてみると今月はそこそこ本を読んでました(ほぼ漫画ですが)

もともと5月から6月にかけては、私的にバイオリズムが低下する時期なのでこんなものなのかもしれません。

心残りは、「血界戦線」の新作の感想がまだ書けていない事…。
こちらもぼちぼちやっていきたいですね。


●2010年5月の読書メーター

読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1043ページ


■雨格子の館 1 (BLADE COMICS)

推理AVG「雨格子の館」のコミカライズ作品。
怖い事が大嫌いなのに厄介事に巻き込まれやすい体質の大学生・一柳和が迷い込んだ館で起こった殺人事件…。

たまたまお互いのアリバイを証明できる関係となった着流しの役者・日織をパートナーに次々としかけられる“見たて殺人”を阻止しようと奮闘します。

原作のゲームの絵柄と比べると可愛い感じの絵柄ですが、そこがかえってとっつきやすいかもしれません。なかなか読ませる展開。

読了日:05月10日 著者:日本一ソフトウェア

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6047789


■雨格子の館(2) (BLADE COMICS)

原作ゲームと少し違うオリジナルな展開がなかなか楽しい。

ただし、これは仕方ないことだと思いますが、犯人がゲームと同じなので、1巻を読んで面白そうだからゲームも遊んで見ようと思っている方は、クリア後に2巻を読んだ方がいいかも

読了日:05月10日 著者:日本一ソフトウェア

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6048027


■デビルサマナー葛葉ライドウ対コドクノマレビト(1) (ファミ通クリアコミックス)

“「デビルサマナー葛葉ライドウ」の完全新作”という言葉が相応しいコミカライズ作品。
漫画ならでは表現や使役悪魔の使い方、ライドウの感情を感じることができるのがいい。
完全オリジナルのストーリーも先が気になる展開で、これからが非常に楽しみ!

読了日:05月16日 著者:綾村 切人,(原作)金子 一馬(株式会社アトラス),(脚本)真壁 太陽・原田 庵十(RA-SEN)

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6107982


■奏者水滸伝 古丹、山へ行く (講談社文庫)

大自然の申し子・古丹が主役の巻。

人間の手によって生み出された自然の法則から外れた魔獣。それに主要国家の思惑が絡み、ことは大きくなる。 魔獣を生み出し、更にそれを利用しようとする人間に対する怒りと悲しみを胸に古丹は戦いに臨みます。

更に古丹の淡い恋まで描かれる割りと盛りだくさんの内容。なんともせつない気分になる一冊でした。

読了日:05月19日 著者:今野 敏

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6142638


■訣別 (ハルキ文庫)

文庫裏表紙のあらすじは思いっきり間違ってます。どうしてこうなった…。

浜田文人さんの作品の常ですが、やっぱり結末はすっきりとしないものが残る。
ドライな大人の世界と言えばそれまでですが、でもそれだからこそ、賀集と松永の やりとりとか、河合の存在とかに癒されてしまう。
言葉が多く費やされているわけではありませんが、なんかいいなと感じてしまうのが 浜田さんの作りだすキャラクターだと思う。

物語としては、結末のすっきりしなさを省いても、もうひと山欲しかった感じ。 賀集がもうちょっと活躍してればなぁ…。

読了日:05月23日 著者:浜田 文人

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6189407


■初陣 隠蔽捜査〈3.5〉

伊丹の視点で語られる『隠蔽捜査』。

キャリアとしてハンデを負う伊丹は、常に意識的に頼りがいのある上司像やマスコミ受けのいい官僚像を作り上げてきた。
事の良し悪しは兎も角、弱点も多い伊丹にとってそれを維持する努力は並大抵なものではないでしょう。
そんな伊丹には竜崎はある意味完璧な存在。しかし、竜崎には合理的過ぎて人の心を蔑ろにしがちという弱点がある。その点は気遣いの人・伊丹が勝る点。今後の物語では、伊丹がその点を補う展開もある?

それにしても竜崎を妬むだけでなく凄い奴と認められる伊丹もやっぱり凄い人だと思う

読了日:05月26日 著者:今野 敏

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6234446


■聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

読了日:05月31日 著者:中村 光

http://book.akahoshitakuya.com/b/4063729060


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/




プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ