desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

今年の(趣味的)ニュース 2009年版 

前半での飛ばしっぷり。後半での大失速が印象に残る2009年もとうとう今日で終わりを迎えようとしております。

まあ、世相が悪いのでそれほどのんびりした気分ではいられないだろうなぁとは思ってましたが、ここまで色々あるとは。
来年はいい年であるといいのですが…。

と、いうわけで色々あってもあまり代わり映えのしない本年のまとめです。
何だかんだあっても色々やってますね。うんうん。


○読書編

今年は読書メーターを取り入れた事によって、本を買う量はだいぶ減ってる…はず(^^;
積読本の総計数は75冊ですが、全部が全部今年買った本ではありません。

でも、読書メーター開始当初こそ他のユーザーさんの感想で惹かれて買った本が多数ああ李ましたが、昨年ほど興味だけで買う本は減ってきてるような気がします。

今年私的に注目すべき話題は、栗本薫さんが逝去されたこと。何気にショックでした。
それから作家デビュー40周年を迎えた神林長平さんの「雪風」の新作が出たこと。
こちらとトリビュートはすでに購入済みなのでそろそろ読もうと思ってるんですが、ハードカバーは座れない限り電車の中で読めないのがつらい(^^;あと、今野敏さんの「サイキックカルテット」が復刊したのが嬉しかったです!!

あ、今年も原寮さんの新刊は出ませんでした(笑)いい加減辛いです。

今年読んだヒットは、浜田文人さんの『公安捜査』シリーズ。燃え好きの私にはたまらないハードボイルド。
あと、伊坂幸太郎さんが結構面白かったので、来年は是非とも色々と読みたいです。それから積読本も次々と減らしていきたいものですね。

漫画では、内藤先生の新作が読めた事が嬉しかった。大好きです「血界戦線」。
来年はコミックスも出るということで(しかも1巻と銘打ってあるし)、次回作も期待したいと思います。

あと、アワーズ連載の「惑星のさみだれ」がかなり面白かった。
来年当たり完結するようですので期待。あっ、アワーズといえば「朝霧の巫女」の新刊が出たのにびっくりしました(笑)もう出ないのかと思っちゃいましたよ。


○映像編

映像関係のお話があまりできない1年。映画も見なくなってしまいました。
来年はトライガンの映画があるのでとりあえず其れは観ます!!

「鑑識米沢」や「レッドクリフ」が今年だったなんて信じられない~。
舞台挨拶が2回も観れたのがラッキーでした。

「相棒」は例年通り。
明日は元日スペシャルです。感想も後日書きたいと思います。

あと、特撮系が面白くて観るのが辞められません。どうする、私。


○ゲーム編

去年買った「ライドウ」と今年買った「ストレンジ・ジャーニー」「P3P」をひたすら遊ぶアトラスな1年。
「P3P」は現にやってます。何か年々1本のゲームで遊ぶ時間が増えて行ってる。

あと、「戦国BASARA」もひたすら遊んでたような。BASARAはあのノリが好きです。ストレス解消にもってこいでした。




というわけで、私の趣味的一年のまとめ。
年々趣味が読書に特化していってるような気がしますが…。まあ、自分の年齢を考えるとこんなものなのかもしれません。

でも探究心がなくなったわけじゃない!!
来年も色々良いものに出会える一年でありますように…
スポンサーサイト




[ 2009/12/31 17:18 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

仕事納め!! 

・うおー、今日で仕事終わりです。

とはいえ、今年はなんだかまだ終わりって感じがしません。1週間前まではもう少しで終わりだーって思ってたんですが…。
まだろくに大掃除してないからか?年賀状はなんとか終わったんですが。


・1週間以上もブログ更新してない事に愕然とする(^^;

で、この間仕事以外に何をやってたかというと23日に「ワンピース」の映画観にいってました。
しかも、舞台挨拶の回ですよ!!
先輩にチケットとっていただけたのです。ありがたやー。

そして生・田中真弓さん、岡村明美さん、平田広明さんを見てきました!!
真弓さんはつい最近お姿を見てきたところだったんですがやっぱり何度見てもいい方ですね(^^)

舞台には、役者さん以外にも関西のファン代表として元セレッソ大阪の西澤明訓さん、そして今回の映画を監督された境宗久監督が登壇されました。

コミックどころかアニメのDVDさえ全巻持ってるほどのワンピースファンである西澤選手はめちゃめちゃ緊張。
その緊張感がバシバシ伝わってきてこっちが緊張してしまいましたよ(笑)



・一応簡単な舞台挨拶の内容をメモ。

役者さんの今回の映画の名台詞の再現や、好きな台詞の紹介。そして境監督の映画制作に関するお話。
今回は原作者・尾田栄一郎さんが製作総指揮ということで、普段無いほどに原作者の意見を取り入れた映画。
尾田先生の意見が大いに取り入れられているんですが、映画のつかみはオープニング派の尾田先生に対して、エンディング派の境監督とかなり意見を戦わされたとか。
でも、結局エンディングシーンのおいしい演出は尾田先生考案とのこと(^^;
その演出は実際映画をご覧ください。

また、声優陣からみた尾田先生についても語られました。
真弓さんは長い声優生活でこれほど深くお付き合いしている原作者はいないとおっしゃっていました。

尾田先生や麦わら海賊団の声優さんたちが真弓さんの家に集まってたこ焼きパーティーをしたり、真弓さんが尾田先生にメールを送ることもあるとか。
しかもどんなしょーもない内容(「そろそろ中井和哉の芸名を変えようかと思ってるんですが、私は中井○○○がいいと思うんですがどうでしょう」とか。ちなみに○○○の部分は伏せてるんじゃなくて忘れてしまった(^^;)でも返信してくれるらしい。なんか、すごい話ですね(^^;

話もある程度まで進行すると、マスコミ用の写真撮影の時間。
麦わら海賊団の海賊旗とともに撮影するのですが、真弓さんが背が低いので両端を平田さんと岡村さんが持つと完全に隠れてしまう…(笑)
更に平田さんが真弓さんの頭の上に肘かけたりと、写真撮影だけなのに大いに笑わせてくださいました。


最後の〆は当然船長・田中真弓さんなんですが、その時の船長は“子供船長”になってました。
か…かわいい(なお、子供船長とは映画中でも見る事ができます。どこの事なのかはすぐわかると思います)

楽しい時間はあっという間。
子供船長にびっくりしてる間に舞台挨拶は終わってしまいました。


時間は昨年体験した舞台挨拶と比べると少し少なめ。
前回は、山口勝平さんが客席まで飛びまわってらっしゃいましたしね(笑)

でも、楽しい時間を過ごさせていただきました!!









[ 2009/12/28 22:19 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

相棒season8 第9話「仮釈放」 

寒い…。指がかじかんでます。

毎年のことですが、パソコンが置いてある部屋が馬鹿に寒いので、だんだん感想を書くのが辛くなってきます。
とはいえ、書くのが辛くなってくるほどなのは今シーズンが始まってからだと今日が始めてなので、それを思うと年々冬が暖かくなってきてるってことなのかもしれません。

本日の相棒は今年最後の放送。
脚本はハセベバクシンオーさんです。

刑務所を仮出所した山辺という男が出所まもなく失踪した。
山辺の行方を追うことになった右京と尊は、身寄りが無い山辺に度々面会を求めていた女性がいたことを知る。
その女性・美代子は山辺と共に共犯者として逮捕された村上の同姓相手だった。
右京たちは美代子に面会のわけを尋ねるが何となく歯切れが悪い。二人は2年前の事件を調べ始める



ストーリーは割と無難な展開。ちょっと昔の1とか2とかの頃の「相棒」を思い出す、ヒット!!ってわけでもないけれど、普通に楽しく見れる作品。
登場人物たちの何気ない一言から、推理を展開し、矛盾を指摘する右京さんの姿がかっこよかった。

脇を固める尊の様子もいい。
尊が自分のことを「俺」っていう時のシチュエーションって脚本家間で決まってるんでしょうか?
何となくあの王子様的な容姿で俺って言い出すとなんとなくドキリとする。

なんか毎回行ってるような気がしますが尊、回を重ねるごとに良いですね。
だんだんキャラクターも立ち居地も定まっていく。

芹沢はすっかり尊のおもちゃですね。
ツンツンしないように。ツンツン(笑)


来週、再来週は相棒はお休み。
次の放送は、毎年恒例の元旦スペシャル。なんと京都の場面もあるらしい。
千利休の謎…とか言ってて、うーん2時間サスペンステイスト。これはあのテイストを期待してもいいんでしょうか!!
かなり期待!!!


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



[ 2009/12/16 22:25 ] 相棒season8 | TB(0) | CM(0)

ちょっと叫びたい 

海堂尊の『ブラック・ペアン1988』


なんで上下巻やねん!!!


宝島社、角川書店と上下分冊だったのでいやーな予感はしてましたが、まさか講談社までこれに乗ってくるとは…。
あのページ数で上下巻なんて殺生です!!

そりゃ1冊は400円といわれると安い気がするけど絶対上下巻買う本でこれをやられると割高感が否めない…。
文庫化待ってたから買うけどさ…


ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)ブラックペアン1988(上) (講談社文庫)
(2009/12/15)
海堂 尊

商品詳細を見る




[ 2009/12/15 21:53 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

東京行ってきました!! 

12,13日と東京まで遊びに行ってきました。
目的は田中真弓さんが主催をされている「おっ、ぺれった」の舞台を観るため。

12日の公演を観たんですが面白かった~。前半はミュージカル。後半は歌謡ショー。

お芝居は大いに笑い、後半でちょっと切なくさせられて、でも楽しい内容。
田中真弓さん、永井寛孝さん、竹田えりさんはもちろんのこと、ゲストである三ツ矢雄二さん、伊倉一恵さん、園部啓一さんたちがほぼ出ずっぱり。なんと、音楽は生演奏です。

昨年のお芝居の設定を知ってるとちょっとにやりとさせられます。もちろん、知らなくても充分楽しめると思いますが。

後半は作曲デビュー35周年を迎えられた竹田えりさんの名曲でお送りする歌謡ショー。

「おっ、ぺれった」鑑賞が2度目の私なので知らない曲が多かったですが、こちらも笑いあり笑いあり(笑)で楽しみましたよ!!

来年もあったらまた観にいきたいなぁ(^^)




[ 2009/12/14 22:03 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

相棒season8 第8話「消えた乗客」 

・本日の「相棒」は第8話「消えた乗客」。
偶然右京と尊が運転手と乗客が失踪してしまったバスを発見。
すわバスジャック事件か?と、思いきや、実は運転手と犯人と目されていた男にある接点があり、更にその裏に…と、いうお話。


・偶然事件に遭遇するのは、相棒が薫から尊に変わっても変わらないとは、三浦刑事の言ですがまさしくその通り。
でも薫ちゃんは自ら事件に飛び込んでってたからなぁ…(^^;警察官なのに何回も囚われれの身になってたし(笑)


・ただ、今回の件を真に操っていた犯人の動機は理解できるけど犯行方法はちょっと苦しい気もしないでもないなぁ。

『自分を裏切ったと思われた恋人が実は自分に想いを残していたと知り、恋人が死んだ日に目撃した男に復讐するために、いつも乗るバスで偶然出会った恋人の元婚約者をもろともに巻き込んだ…”

まあ、偶然運転手と出会ったから今回のような形の犯行を思いついたってことなんだろうけど、うーん…。
それとも私何か見逃してるのかな???


・第8回にして尊、ついに花の里に登場。
どういう形で来るのかなと、思ってたらまさか自ら乗り込んでいくとは!!

まあ、右京さんに連れてきてもらうというパターンだと、今シーズンはずーっと神戸君は花の里に連れて行ってもらえそうにないしねぇ(笑)そうなるとたまきさんの出番が1話だけというとんでもない事態に!!(^^;
それは避けていただきたい


でも、結局右京さんはかるーく神戸君を無視!!
なんかこのパターン、癖になってきました(笑)




テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



[ 2009/12/09 22:18 ] 相棒season8 | TB(0) | CM(0)

血界戦線第1巻発売日決定!! 

本来なら今日は「相棒」の感想書く日ですがその前に。

『血界戦線-魔封街結社-』のコミック第1巻の発売日が決定したことを内藤先生のtwitter経由で知りました。
コミックナタリー」でコミックの表紙の画像を見る事ができます

コミック『血界戦線-魔封街結社-』1巻は、1月4日発売!!
なお、『トライガン』の新装版も1月30日から刊行予定だそうです。こちらも楽しみ~。






[ 2009/12/09 21:40 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)

11月の読書メーター 

5日遅れの今月の「読書メーター」まとめ。
以前にも書きましたが、読書ペースが覿面に落ちています。
2冊は再読本だし…。
今月も忙しそうだから読書ペースは更に落ちそうですが果たして??


●2009年11月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2044ページ

matome_gimage_11759_11.jpg




■背の眼 上 (1) (幻冬舎文庫 み 11-1)
これは果たしてミステリーなのか、ホラーなのか…。そう思いながら余りスピード乗らず読み進め、これだと下巻は読まないかなぁーなんて思ってたらラスト本当に気になるところで終わってしまった。えーっ!下巻買ってないのに~、と言うわけで明日にでも買って続き読みたいと思います(笑)
読了日:11月02日 著者:道尾 秀介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3614336

■背の眼 下 (3) (幻冬舎文庫 み 11-2)
大事な人を亡くし、その人にもう一度会うため霊現象を追い続けているという真備の行動原理に心惹かれます。犯人の犯行動機があまりにも物悲しいです。ホラーに本格推理を絡めた内容は、意欲的ながらちょっとどっちつかずという印象も。ただ登場人物たちは好きなので機会があったら続編の『骸の爪』は読んでみたいです。
読了日:11月08日 著者:道尾 秀介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3707361

■戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)
地球や祖国を守りたいという意識が無く、信じるのは愛機・雪風のみ。何があっても「自分は関係ない」という態度をとれる零は、他者の目には機械的・非人間的と映るかもしれない。しかし零が確かに感情もつ人間であるということはブッカー少佐ならずとも読者の知るところでしょう。それだけにジャムと機械と人間の隔たりの大きさが際立ち、最終話で零が感じであろう喪失感を思うと余りにも悲しい。今でこそ続編があるのを知ってるので大丈夫ですが、この話ここで終わってたら相当怖かったと思う。

読了日:11月14日 著者:神林 長平
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3782457

■陰陽 - 祓師・鬼龍光一 (中公文庫)
長らく絶版状態だったので読めて嬉しいです(シリーズ2作目だけ入手して読了済)今野作品にしてはちょっとあれなシーンが比較的長く入り、終わりも後味が悪い部分が残る、ちょっと珍しいシリーズ。キャラクターも面白いし、新作読んでみたいけど今の今野先生だと伝奇ものの新作は無理なのかな(^^;
読了日:11月16日 著者:今野 敏
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3819956

■グッドラック―戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)
再読。前作では体の一部、もう一人の自分という意識で雪風と接していた零は、雪風が自分から去っていくという経験を経て、雪風に明確な戦闘意識があることを知った。そして零はエディスの言葉を借りるなら、2つが揃うことで力持つ複合生命体へと進化していく…。話は一気に人対ジャムの決戦へ。物語の続きは「アンブロークンアロー」何ですが、果たしてどんな展開なのか?楽しみであり、怖くもある。
読了日:11月26日 著者:神林 長平
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3927440


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/




相棒season8第7話「鶏と牛刀」 

本日は第7話「鶏と牛刀」。
本当は、次の日以降に感想書くつもりだったんですが、辛抱できなくてもう今日書く!!!(笑)

いやー面白かった~。
神戸のキャラクターも徐々に定まり、彼の周囲のキャラクターとの関係性も定まり始めているというのもあるとは思うんですが、やっぱり回を重ねるごとに面白くなってるような気がします。

本日の脚本は「相棒」に初期から関わっている櫻井武晴さんの脚本だっただけに内容も期待してたんですが、本当に期待以上のいいものを見せていただきました!!

現実でも来年より新組織に変わる社会保険事務所を舞台とした社会派な内容。
自身の不正に対する告発者を消すための殺人事件だけでなく、旧時代の不正を隠蔽しようとする組織の嫌らしさも描かれます。
いつもならすっきりしない結末を迎えることも珍しくない「相棒」ですが、今回は一味違う。
最後の最後で官房長の恐ろしさを味わいました…。

今回の官房長は隠蔽を手助けするのではなく、隠蔽しようとする組織を脅す側。国民にとってかなりいいことをしてるはずなのに「黒っ!!」といわざるを得ません。やっぱり怖いですよ、官房長(笑)

官房長の登場も久々でしたが、仕事してる角田課長も久々に見たような気がします。
しかも今回の課長、やたらめったらかっこいい!!課長はやる時はやるおじさんです!!

大木と小松にも台詞があったし(しかも出番が長かった)、伊丹と芹沢もラストに見せ場があったしで、相棒レギュラーメンバーが色々と活躍する回でもありました。

わざわざ変装して付いていく尊もお茶目だったし、それがラストの右京さんとのやりとりに生かされているのも面白かった。

キャラクターの動きが生き生きとしてわかりやすかったのは、「相棒」を作り上げてきた脚本家の一人である櫻井さん故、といったところでしょうか。
もちろん他の脚本家さんのストーリーも充分楽しんではいるんですが、やっぱり輿水さんと櫻井さんは別格のような気がします。

…なーんて毎回あんまり深く考えないで「相棒」観てる私が言うのもなんですが(^^;
何はともあれ、今日の相棒は面白かったんですよ!!

テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



[ 2009/12/02 22:45 ] 相棒season8 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ