FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒Season7 第9話「レベル4後編・薫最後の事件」

放送から2日経ちましたが、未だに残念という気持ちと、こういう別れ方でよかったという気持ちとで複雑な気分です。
でも、今はどちらかというと「よかった」という気持ちが勝ってるかな(^^;

・ストーリーはスピーディかつシリアス。
更に、米沢さんの意外なまでの(…というと失礼な話だけど)警察官っぷりや、普段暴走の止め役の三浦刑事が真っ先にキレるなど登場人物たちの意外な一面が垣間見れました。
そして、いて欲しい時にいてくれる伊丹…。彼はやっぱりおいしい役目だと思う(笑)


前編を観終わったときは、この事件はウィルステロの脅威を日本に知らしめるために小菅が打った狂言ではないかと思ったのですが、半分しか当たってませんでした。

まさか陰謀がらみの事件だったとは…。
あれは新型ウィルスの威力実験と、感染を拡大することで警察からウィルステロがらみの捜査権剥奪を狙ったんですかね…。まさに一石二鳥。

でも、まだ小菅のほうが一枚も二枚も上手。
彼は個人的な目的で警察まで動かし、目的を果たす。
防衛省は下手に事件に介入してまったばっかりにせっかく手に入れたウィルスは破棄。自衛官が捕まったことで省内に警察の介入を許し、多分官房長のことなので報復とばかりに世間に事件の一部なりとも公表した…はず(笑)

私の妄想部分はともかく、官房長のかもし出す妙な恐ろしさを久々に体感しました…。


・と、ここまでは事件の話ばっかりしてきましたが、ここからが本題。

とうとう右京と薫「別れ」の時。
思えば薫は右京と初めて出会った日に、退職を告げた事になるんですね…。
(スペシャルの設定が生きているとすればですが)

本音を言うと、こんな時は迎えたくなかった…。

寺脇康文さん演じる“亀山薫”が観れなくなる時は、『相棒』というシリーズが終わる時だと思ってました。それがまさか亀山君の姿だけ見れなくなってしまうなんてことは思っても見ませんでした。

しかし、二人の別れの描かれ方は一応は納得してます。
右京さんはいかにも右京さんだったし、薫ちゃんは別れるそのときまで青臭い薫ちゃんのままだったので…


・危険を重々承知しながら、それでも薫に危険な任務を依頼する右京。
そして右京を信じ、躊躇説危機に飛び込んだ薫。
今回のシナリオは二人の今まで培ってきた絆の強さを再確認する事ができました。

そして、薫が急場でなければ右京に退職を言い出せなかったのも妙なところで煮え切らなさを発揮する薫らしかったし、親友の遺志を継ぐのに片手間ではいけないとあれだけこだわってた警察官でいることを辞める決意をしたのも薫らしかった。

また、薫の小さな変化に気づいたものの最後の時まで何も言わず、別れの時も携帯からただ一言「気をつけて」とい言ったのもいかにも右京らしいと思う。

別れる二人の言葉は極端に少ない。
これが本当に別れの時なのかと思う。
それでも二人のあいだには言葉に尽くせない何かをしっかりと感じる事ができる。

そんな別れだったと思います。


・本当はこのコンビについてもっと書くべきこととかもあるような気もするのですが、難しい事が書けないのでこれが私の精一杯の第8話の感想です。

本当に本当は寂しいけど、寺脇さんの今後を思う水谷さんの気持ちもわかる!!
相棒は卒業しちゃうかもしれないけど(勿論、戻ってくるのは大歓迎!!←往生際が悪い?)、これからも俳優・寺脇康文さんを応援していきたいと思います。

そして昔から大好きな水谷さんも、これからもずっと応援していきますよ~。


・相棒の今年の放送は第8話で終了。
第9話は毎年恒例となってきた元日スペシャルです。

なんと、渡哲也さんが「相棒」に登場。
そして、右京さんと組む女性官僚が登場するみたいです。

スペシャルなので規模のデカイ事件なんでしょうが、実は今シリーズの相棒は大きな事件の印象が多くて少々疲れ気味…(^^;(振り返ると決してそうではないはずなんですが…)
どうなるんでしょう。

スポンサーサイト



プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ