desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒 Season6 「この胸の高鳴りを」 

【本日のあらすじ】
人気ロックバンドのヴォーカリスト・丹野が絞殺された。
現場からギターの第5弦が無くなっており、それが凶器と考えられた。
バンドのマネージャー・三原から丹野が女子大生の夏生と付き合っていたことを聞いた右京と薫は夏生を訪ねるが、夏生は弦を所持し、あっさり犯行を自供する。
夏生の自供に疑問を感じた右京と薫は、美和子の情報から丹野がかつて所属していたアマチュアバンドのメンバーがデビュー後自殺したことを知る。




・今日の相棒は(たぶん)久々のロケを交えた内容。
そして妙に小道具に凝ってる回でもありました。
マネージャーの三原がかつて出してたCDのジャケットはちょっと笑ってしまった…。そんなもんよく見つけ出したな右京さん…。

・今回は鑑識さんの意外な過去(笑)や伊丹と薫とのやりとり(前半で派手にけんかしてただけに、伊丹が落ち込んでた時に黙ってた薫とのなんともいえない雰囲気がいい!!)などなど“相棒世界”の膨らみを感じた回でしたが、肝心のドラマの展開に少し気になるところが。

それは臓器移植の移植者を見つけた方法。

確かにネットには結構無防備に個人情報が載ってることもあるから可能性は0ではないけど、夏生の友達があのようなサイトを作ってなかったらほとんどアウトだったんじゃ…(^^;
万が一警察官である右京さんに手があったとしても、一般人には無理っぽい。

決して悪い回ではなかったのですがそこが妙に引っかかりました。
うーん。

・今回の映画宣伝用のミニドラマはトリオ・ザ・捜一が主役
何かこの3人はコントですねぇ。芹沢君がいい味出してる!!

・そういえば、今回本編で課長さんの出番が無かったような…(勘違い?)

・余談ですが、番組内で流れる「ドラマを引き立てる男」のCMを見るたびに笑ってしまう


スポンサーサイト




ガショーン!!ガショーン!!! 

日曜日に箕面へハイキングに行ってきたのですが、昨日から筋肉痛がひどいです。

普通に歩いたり走ったり、ずっと立ってる分には全然平気なのですが、長時間座って仕事してから立ち上がってすぐだと、歩き方がロボットみたいに…。

職場の先輩に思いっきり笑われる…。っていうか、呆れられたと思う。

今日はちゃんと湿布貼って寝ます(^^;






[ 2007/11/27 20:40 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

ワイルドアームズXF(クロスファイア) 

次に新しいゲームで遊ぶときはアドベンチャーだと思ってた思ってたのに…(^^;
最近折角PSPを持ってるんだからと『ワイルドアームズXF』で遊んでます。

ワイルドアームズは「3」以降遊んでなかったんですが、遊んでみたらジャンルが違うとはいえ(S・RPGなんです)やっぱりワイルドアームズでした…。
独特の台詞回しとかなつかしー!!
思わず前シリーズも遊び直したくなってしまいます。

ところで、ゲーム遊ぶようになって「XF」の情報をネットでよく見るようになったんですが、公式サイトにリンクされている非公式サイト(開発会社のメディア・ビィジョン作成のサイト)が凄いですね…。




載ってる情報のほとんどが嘘じゃないですか!!(笑)
今回の主人公クラリッサが嘘が嫌いという設定はどこ行っちゃったんですか!?
だからこそ嘘だらけなんでしょうか。

とにかく凄いです(^^;






[ 2007/11/24 21:23 ] 遊びのこと | TB(0) | CM(0)

『虚構の殺人者』/今野敏 

虚構の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)虚構の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
(2006/10)
今野 敏

商品詳細を見る
あらすじ
東京湾臨海署管内にあるクラブのオープニングパーティー会場で高所から落下した遺体が発見された。
捜査に駆けつけた安積たちは遺体の状況から他殺と判明。
会場内にいた人間に事情を聞くが、集められた面々はテレビ局関係者や芸能人たちだった。
亡くなったのがテレビ局のプロデューサーであり、その利害関係から、一人の容疑者が浮かぶが、その人物には鉄壁ともいえるアリバイが存在した…



安積班シリーズ2作目。

1作目は個人の感情のもつれから起こった事件でしたが、今回はTV業界が関わる事件です。

感想は追記に収納
(ちょっと内容に触れておりますので、未読の方は注意






[ 2007/11/23 16:41 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(2)

相棒 Season6 第4話「裸婦は語る」 

画家の立花竜平宅でモデルの吉崎妙子が亡くなった。
階段から転落した事故と思われたが、救急への通報に時間がかかっているなど不自然な点があったため、捜査一課が捜査に乗り出した。
立花は吉崎とはモデルと画家というだけの関係と言い張ったが、結局彼女とギャラのことでもめていたこと、言い争いもめ合ってる間に吉崎が転落死したことを告白。立花は過失致死で逮捕される。
しかし、右京は現場に置かれていた西洋甲冑に残されていた指の後から立花が何かを隠している野ではないかと疑う。

吉崎が死んだ直後に立花が妻の光恵に電話していたことを知り、光恵に事情を聞くものの、夫の不始末を嘆くばかり。立花は5年前にも絵を盗まれた事があったらしい。
また、右京と薫は立花の行きつけの喫茶店で飾っていた裸婦像の絵が盗まれていた事がわかる…



しょっぱなから西洋甲冑が出てきたので閣下の事件を思い出しちゃいましたよ(笑)

ま、それは兎も角、開始当初は真相に奥さんが絡むのかなと思いきや、思いっきり意外な結末。
おまけにとんでもない事実が発覚します。
そのことに関することは(たしか)作中に出てなくて、推理しながら見てると「そりゃないよ!!」ってところなのでしょうが、それを差し引いてもちょっと演劇っぽくて面白い回でした。

凄いな。今期どの話もめちゃめちゃ気合が入ってるような気がします(まだ5話ですが)


それにしても今回イタミン(笑)が果たした役割に思わずニヤリ。
一見伊丹が便利に使われちゃってるようにも見えるのですが、特命ができないこと(立花をつれだすこと)をやってきっちり手柄は手に入れる。
伊丹のしたたかさが見えるような気がしました。
でも、昔の「特命の手柄はうちが掻っ攫ってやる」見たいな事を言ってた頃と比べるとそのニュアンスは少し違うような気がする。
そうじゃなけりゃ手柄になるとはいえ、大嫌いな特命に協力して動いたりはしないでしょうから…
(^^)






『二重標的(ダブルターゲット)』/今野敏 

二重標的(ダブルターゲット)―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)二重標的(ダブルターゲット)―東京ベイエリア分署 (今野 敏 / 角川春樹事務所)
(2006/04)
今野 敏

商品詳細を見る

★あらすじ★
高輪署管内のライブハウスで殺人事件が発生。BR>捜査にかり出された東京湾臨海署の安積警部補は、若者向けのライブハウスにそぐわない30代ホステスという被害者に違和感を感じる。
捜査を進めるうちに安積は別の場所で起こった殺人事件との関連を疑うが、そのために本庁の刑事・相楽と捜査方針で対立してしまう…


記念すべき安積班シリーズ第1作。

このシリーズはどの本から読み始めても設定は大体把握できるようになってますが、長らく絶版だった本書が今年(2007年)復刊され、入手しやすくなってますのでこれから読もうと思ったらここからはじめるのが一番いいかと思います。






[ 2007/11/18 20:45 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)

原寮『愚か者死すべし』文庫化!! 

早川書房のサイトをチェックしてたら原寮さんの『愚か者死すべし』の文庫化情報!!
2007年12月10日に発売。価格735円。

『さらば長き眠り』の発表から実に9年ぶりの新作。
事務所を閉める大晦日に偶然巻き込まれた新宿警察署地下で起こった狙撃事件を沢崎が追います。

『愚か者…』が出版された1ヶ月前。
何気なく手に取った原さんの小説に思いっきりはまっていた時期だったので、それからすぐの新作発表は何となく運命みたいなものを感じてしまいました(笑)

いつもは小説は新書か文庫でしか買わないのに、『愚か者死すべし』はハードカバーで持ってます。

さて、既に持っている本ではあるのですが、今までの文庫版には書き下ろしが収録されているので今回も期待していいんでしょうか…?

もし載ってたら絶対買ってしまいます!!






[ 2007/11/17 21:21 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

相棒 Season6 第4話「TAXI」 

本日はサッカー中継のためいつもより30分遅い9時半からの放送でした。
ここんところちょっと寝不足気味なので少し眠い…。
でも、今回の話はかなり面白かったので目が覚めました!!


タクシー運転手の八嶋が多量の血痕を残したまま、タクシーから姿を消した。
何者かに殺害されたらしいが、死体は発見されず。
捜査が進む中で事件が起こった前日に薫が助けた酔っ払い・丸田が容疑者として拘束される。
丸田は行きつけのバーで酒を飲んだ後、矢嶋のタクシーに乗って帰宅したらしい。右京は丸田がそのバーで働くホステス・美紀からストーカー被害の相談を受けていたことを知る。
右京はあることをきっかけに美紀が丸田にストーカーだった矢嶋を殺害するように依頼したのではないかと疑うが…



前回は推理ものと思いきや登場人物たちの心情を描く事に重きを置いたストーリーでしたが、今回は右京さんの頭脳が冴える推理もの。

ストーリー展開もスピーディーで、意外な結末が待っている面白いシナリオでした。

社会派なシナリオ、人間模様を見せるもの、そして本格的な推理。
4話まで観てきましたが、どれも「相棒」でありながら色調が違います。

こういうシナリオのドラマが見られるからこそ、相棒はおもしろい!!






かもすぞ!! 

原作の漫画は読んだことないんですが、近頃アニメ「もやしもん」の菌たちが職場でブームです。

特にオリゼー(麹菌)が可愛すぎる…。
オリゼーマスコット付きDVD1巻を予約してしまいそう…っていうか多分する(笑)

それぐらいはまってます。

アニメのストーリー自体も結構面白い。
身近なのに知らない事の多い菌の世界も勉強できて一石三鳥ぐらいお得なアニメです。






[ 2007/11/13 20:46 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

トライガンマキシマム13巻ついに発売 

トライガンマキシマム 13 (13) (ヤングキングコミックス)トライガンマキシマム 13 (13)
(2007/11/09)
内藤 泰弘

商品詳細を見る

朝はちょっとお間抜けなことをやってしまいましたが(笑)

『トライガンマキシマム』13巻買ってまいりました。

手にとって一番最初の感想は、
「分厚!!!」

とにかく分厚いです。いっしょに買ったHELLSING9巻と比べると一目瞭然。
それなのにお値段据え置き。
大変お徳感があります(笑)

内容は、リヴィオvsエレンディラ戦と、ヴァッシュvsレガート戦を収録。

これから読もうと思います。


ところで、『HELLSING』も佳境に入っておりますがどこかで聞いたと思うんですが本当にあと1巻で終わりなんですか?
ってか、本当に終われるんでしょうか?





[ 2007/11/09 21:28 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ