desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

安積班シリーズ登場人物紹介 その2 

途中、途切れてしまいましたがこちらの登場人物紹介の続き。
本日は、高機隊の“ヘッド”速水直樹警部補です。




・速水直樹(はやみなおき)


湾岸分署と居を共にする本庁所属の交通機動隊の小隊長(湾岸分署が閉鎖された時期に一時異動し、神南署の交通課・係長)。45歳。
安積とは警察学校の初任課同期でもある。独身。

本来は本庁所属なのだが、本人は安積たちと同じ所轄である「ベイエリア分署」の仲間であることをやたら強調する。

強靱な肉体と強い意志の持ち主。
一見傍若無人。皮肉な口をきいたり、上を上と思わぬ歯に衣着せぬ言動で、上司には扱いにくい人物と思われがちだが、言動に見合う実力の持ち主であることや面倒見の良さから格下の後輩達には大変慕われている。
そのシンパは交通機動隊、湾岸分署の交通課だけでなく地域課などにも潜んでいるらしい。
そのせいか、署内や管轄地域内の様々な情報にも精通し、安積でも知らないような情報を持ってきて彼を驚かせることもある。

気に入った人間をついからかってしまう癖がある(特に安積と須田…)
鋭い人間観察眼を持ち、一時安積の要請で捜査に加わったこともある。

安積とは時に憎まれ口をたたき合う仲だが、実はお互いをかなり深く信頼している。


★黒猫の一言

安積班のメンバー差し置いて、登場人物紹介の2番目に登場(笑)
それだけのインパクトが速水にはあります。

シリーズ初登場の「二重標的」が一番最初の出版社から発表されたときには、名前どころか名字さえなかった(らしい)というのが未だに信じられないぐらいキャラの立っている人です(笑)

登場するだけで「あっ、安積に一言言うぞ!!」と妙なわくわく感がある。。
普通の人々が活躍するシリーズ内では結構超人的な人だと思う(ドライビングテクニックとか)
車両をこよなく愛し、スピード狂で、親分肌で、一本気。
暴走行為は決して許さない。
部下たちから“ヘッド”と呼ばれるにふさわしい人格の持ち主です。

同期・同年齢・同階級ということで、作中で唯一安積と対等に話す人物でもあり、安積班を外部の視点から浮き彫りにする役割を担ったキャラクターだと思います。たぶん(^^;

スポンサーサイト




[ 2007/09/30 20:16 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)

トライガンマキシマム13巻発売日決定!! 

今夏発売ということで発売日情報を待ち続けて早半年…。
いつまでたっても情報は無く、こりゃアニメの新作が正式に発表されてから発売かもなぁなんて思いつつ久しぶりに少年画報社の公式サイトを見にいったらきました!!


『トライガンマキシマム』13巻、11月9日(金)発売です!!!



よかった。年内発売で(笑)
しかもいつぞやのように「HELLSING」の9巻と同時発売ですよ。
やったー!!


…っていうか、いつの間に発売日発表されてたんですかーー!?
それともヤングキングアワーズ買い続けてた人はもうすでに知っていらっしゃたんでしょうか??
これもトライガン連載終了と同時に雑誌買わなくなった報い?
だって、普段は雑誌買わない派なんですもん。どうせトライガン読むためだけに雑誌買ってましたよ!!
私が悪いんですよ!!うわーーーん



……と、ひとしきり謎の混乱(錯乱?)を装ってみましたが、嬉しいもんは嬉しいのです。うんうん。

こうなると、最終巻14巻の発売もそれほど遠いことではないのかもしれません(早ければ12月。遅くても1月か2月ごろ?)
とにかく、楽しみに11月9日を待ちたいと思います。




[ 2007/09/29 08:13 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)

あーあ、やっちゃったよ 

今野敏さんの『隠蔽捜査』買ってしまいました!!



私にとって久しぶりのハードカバー本のお買い物です。

私は普段、本はできるだけ文庫になってから買うのですが、やはり我慢できませんでした。
我慢しきれずハードカバーを買ってしまったのは、原りょうさんの『愚か者死すべし』と田中啓文さんの『落下する緑』以来です。

吉川英治新人賞を受賞した作品であるというだけでなく、キャリアを主人公にした小説であるという点も楽しみです(今まで読んできた今野作品の警察官たちはほぼノンキャリアの警察官でしたから)
今野さんの描く「キャリア」ですから、一筋縄ではいきますまい。


でも、とりあえず読むのは積んである本を片付けてからかな…(^^;


隠蔽捜査隠蔽捜査
(2005/09/21)
今野 敏

商品詳細を見る
2006年の吉川英治新人賞受賞作品です。
今年続編である『果断~隠蔽捜査2~』が発表されています。
かなり評判がいい作品みたいなので、読み終わったら続編も買ってしまいそうな気がします(泣)







[ 2007/09/27 21:53 ] 今野敏 | TB(0) | CM(0)

安積班シリーズ登場人物紹介 その1 

毎日投稿しようと思ってたのですが、ままならず…。
でも、ぼちぼちやっていきます(^^)

本日は登場人物紹介。
シリーズの主人公安積警部補について。



・安積剛志(あづみつよし)

刑事課強行犯係係長・警部補。45歳。
離婚経験あり。離れて暮らす一人娘の涼子がいる。
刑事に大切なのは真実であり正義であるという心情の持ち主。

部下達と接するときの態度や、自分のとる態度が仕事上どのような影響を与えるかを少々気にしすぎる心配性な面を持つ。
しかし、容疑者が法的に問題ある扱いを受けたり、自分の部下が不当に扱われると上司や本庁の人間であっても食ってかかってしまうこともある。それでまた「自分は大人げないのかもしれない」と嘆くのだが、後悔することはない。

安積が自分に下す評価はすこぶる低いが、階級を重んじる警察という組織のなかで身を挺して部下達を守り、ベイエリア分署という損な役割を演じることの多い所轄で、腐らず、なおかつ手柄を上げている安積に一目置く刑事は多く、部下たちからは厚い信頼を寄せられている。
また、周囲に与える影響力も大きく、やる気の無いものをその気にさせる事も多い。
声は低音で聞く者に安心感を与えるという。


★黒猫の一言

少し心配性なところがあるけれど、部下たちに大いに慕われている係長です。

一見淡々と仕事をこなしているようで、心中で情熱を燃やす。警察という組織からはみだすことなく、それでいて自分の信念を貫いていく安積はものすごくかっこいいです。
決して完璧な人間ではないのですが、そこがまた安積の魅力の一つなのかもしれません。
また、最近の若者たちに対する、理解できないまでも対話することを続ける姿勢も好感が持てます。

普段はポーカーフェイスで沈着冷静だけど、速水小隊長といる時は別。
同期の気安さか、速水の性格のせいなのか…。二人の会話してるシーンは結構笑えます。
速水いわく、若い頃の安積は結構なはねっかえりだったとか…。今の姿からは信じられませんが、そんな安積もちょっと見て見たい気がする(笑)





[ 2007/09/26 22:15 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)

安積班シリーズ既刊リスト 

安積班シリーズは「旧臨海署」・「神南署」・「新臨海署」という3つにわけることができると思いますが、既刊のどこから読み始めても、登場人物がわからなくなったり、設定がわからなかったりで物語世界が楽しめなくなることはないと思います(ある程度の説明は入るので)

登場人物たちを手っ取り早く把握したいなら短編がオススメですが、今から読みすすめていくならば、本の発表年代順(以下の既刊リスト参照)で読んでいくのが、遠回りになるものの、一番解りやすいと思います。


★安積班シリーズ既刊リスト(西暦は作品が発表された年)

ただし、出版社名は、今1番手に入りやすい本のものです。それでも角川春樹事務所の『ハルキ文庫』は大型の書店でないとみかけないので、1番買いやすいのはネットかもしれません…


※旧臨海署もの

・『二重標的 ダブルターゲット』(角川春樹事務所/文庫)1988年
・『虚構の殺人者』(角川春樹事務所/文庫)       1990年
・『硝子の殺人者』(角川春樹事務所/文庫)       1991年


※神南署もの

・『蓬莱』(講談社/文庫)    1994年
・『イコン』(講談社/文庫)   1995年
・『警視庁神南署』(角川春樹事務所/文庫)1997年
・『神南署安積班』(短編集、角川春樹事務所/文庫)1998年


※新臨海署もの

・『残照』(角川春樹事務所/文庫)      2000年
・『陽炎』(短編集、角川春樹事務所/文庫)  2000年
・『最前線』(短編集、角川春樹事務所/文庫) 2002年
・『半夏生』 (短編集、角川春樹事務所/文庫)2004年
・『花水木』(短編集、角川春樹事務所/文庫) 2007年
・『夕暴雨』(角川春樹事務所/文庫)  2010年
・『烈日』 (短編集、角川春樹事務所/単行本) 2010年




[ 2007/09/23 14:41 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)

“東京湾臨海署”、“神南署”について 

安積たちが所属する「東京湾臨海署」、そして一時仕事をしていた「神南署」について。

かなり長い文章になっております(笑)



安積班が活躍する東京湾臨海署(通称「ベイエリア分署」或いは「湾岸分署」。日本に分署という組織はないが、余りにも規模が小さいのでマスコミなどがこのような呼び名をつけそれが警察内部にも定着した)は、80年代、臨海副都心構想を睨み、今後既存の警察署だけではカバーしきれない犯罪が増えることを見越して新設された第一方面本部二十番目の新設署です。
同じ敷地内に本庁の交通機動隊(安積と同期の速水小隊長が所属しているのはここ)、高速道路交通警察隊が同居している状態ですが、どちらかというとこちらがこの署の花形ということになっています。
管轄地区は「有明北」「有明南」「青海」「台場」。しかし、東京湾岸でおこるありとあらゆる事件にかり出され、安積達の手柄は殆ど事件を担当する所轄に吸い上げられる形になり、安積達臨海署員達は割に合わないのに身の丈に合わない激務にさらされています。

バブル崩壊後、臨海副都心構想が一時計画変更を余儀なくると、台場に警察署をおく意義が薄くなり、結果、交通機動隊の分駐所のみ残され、湾岸分署自体は廃止されました。
そのかわり、犯罪が急増しはじめた渋谷原宿署管轄地域内に「神南署」が新設され、湾岸分署の職員の殆どがこちらに異動する事になります。
安積達はここでも複数の所轄が跨る縄張りが今ひとつはっきりしないなかで、管轄外の事件にもかり出され苦労する羽目に…。

しかし、台場へのテレビ局が移転をきっかけに臨海地区が再び脚光を浴び、開発が進むと、再び臨海地区に警察署を設置する必要が生じ、東京湾臨海署は復活します。
その際、安積たちも東京湾岸に戻り、現在に至ります。





[ 2007/09/23 14:36 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)

安積班シリーズについて ~はじめに~ 

本日からしばらく今野敏さんの小説「安積班シリーズ」についてちょこちょこ書いてみようと思います。


安積班シリーズは警部補・安積剛志を中心に、湾岸分署刑事部強行班係の刑事達の活躍を描く「警察小説」です。

ストーリー自体は事件そのものよりも、刑事達の仕事や人間関係において生じる様々な心情を描く事に重点をおいています。

奇抜なトリックも、策を弄して警察を翻弄する犯人もでてこない。天啓を得るがごとく快刀乱麻に事件を解決するいわゆる“名探偵”も登場しないので、普段そういう系統の推理小説を読み慣れている方だと、かなり物足りなさを味わうと思いますが、我々に近い等身大の人間が時には悩み、つまずきながらも、仲間を信頼し活躍するこの小説の読後感は、あくまで爽やかで温かみを感じさせてくれます。

かなりオススメです。




[ 2007/09/23 14:30 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)

安積班シリーズにはまっています… 

以前にも書きましたが、今野敏さんの書く警察小説にはまっています。

特に安積警部補のシリーズには異様にはまってしまって、我ながら凄い勢いで買い集めてしまいました(「相棒」のために貯金しなければいけないにもかかわらず…)

いっぺんに読むのはもったいないので、間に別の本を挟みながら読むのですが、結局そちらを中断して手にとってしまいます。
そんなこんなで残す安積ものは、文庫版が最近出た『最前線』、長編の『半夏生』、先月出たばかりの最新刊『花水木』のみとなってしまいました。

しかも『最前線』は読み終わるの時間の問題だし。(^^;
こうなるとマイルール(本はできるだけ文庫本で集める)を破って、ハードカバーの本を取り寄せてしまいそうです。


ちょっと自分でも笑っちゃうぐらいはまってる安積シリーズ。
そして、今野敏さんの警察小説についてしばらく書いてみようと思います(かなりミーハーな視点でですが)




[ 2007/09/22 08:05 ] 安積班シリーズ | TB(0) | CM(0)

サラリーマンNEO 

今頃NHKの深夜番組「サラリーマンNEO」にはまってしまいました。

NHKとは思えない。でも、NHKっぽいコントが面白いです。
「相棒」ファンとしては浅倉役だった生瀬勝久さんや角田課長役の山西惇さんが見れるのも嬉しい。

コントはどれも面白いですが、一押しは「テレビサラリーマン体操」

最新のサラリーマン工学に基づいて開発された様々なビジネスシーンで使える役に立つ体操…という事になってるけど素人では絶対無理。しかも絶対役に立たないこと請け合い(笑)

解説を噛みまくる体操の先生・近藤さんとスーツ姿で踊り狂う3人から目が離せない…。

しかし残念ながら今期放送の2seasonでの「サラリーマン体操」は昨日9月18日の放送で終了。
寂しい…。

3seasonがあることを期待しております(^^)




[ 2007/09/19 21:12 ] 映画・TVのこと | TB(0) | CM(0)

ひこにゃんに会ってきました♪ 

hikonyan3.jpg


先日予告しておりましたとおり(?)、梅田・ディアモール大阪へひこにゃんに会いにいってきました!!

大阪在住とはいえ、人の多さからあまり梅田へは出かけないのですが、ひこにゃんのためなら話は別(笑)
2月と同じ場所だったにも関わらず大いに道に迷いましたが、何とかたどり着くことができました。

着いた時には一度目イベントのラスト直前。
とんでもない人垣が出来ていて背の低い私はバナナ(ひこにゃんの兜の角)しか見えません。
それでもイベント会場から去っていくひこにゃんの姿はばっちり目に焼き付けました。

さて、今回私が見ようと思ったのは1時からの2回目のイベントだったのですが一時間も早めに来たのには理由があります。

それはひこにゃんジャンケンに参加すること。

1度目は早めに集まってる人も多いだろうし、イベントとイベントの空き時間が短い2度目なら何とかなるかもしれない……


…と思ったら甘かった_| ̄|〇



1度目のイベントが終わり私が帰っていくひこにゃんに和んでいる間に皆さん列び始めたのでした…。
私が整理券配布の列に向かった時には既に定員の30名オーバー。それでもそれを知ってすぐ会場の最前列をキープしたのは私にしては動きが早かったと思う。

さあ、これから一時間ひこにゃんの登場を待たなければいけません。
なんの用意もしてないのですぐお尻が痛くなってきましたが、がまんがまん。
これもひこにゃんのためです。

何もせず時間を待ってるとメールが。
それは前回のひこにゃんの大阪イベントの時もご一緒した職場の先輩でした。

先輩:(メール超要訳)今整理券の列並んでるけど○○さん私のこと無視していっちゃったよーん


…なんですと!!Σ( ̄□ ̄ノ)ノ

私にはよくあることなんですが目的があると周囲に全く目がいかない…。
だから出かけ先で知り合いや友達に会っても気がつかない事が多いのです。
(なのでもし街で私を見たときなんも声かけずに行っちゃっても無視してるわけではありません!!見えてないだけです。冷たい奴と思わないで声かけてくれるとありがたいです。マジで)

しかし、よりにもよって先輩をブッちぎっちゃうとは…。少し落ち込み。

しばらくして整理券を受け取った先輩と合流。
おお、先輩冬に引き続き2度目の整理券ゲットですね…と、思ったらどうぞと譲られてしまいました。

…なんですと!!Σ( ̄□ ̄ノ)ノ(本日2度目)

…えっと、だめですよ。先輩ゲットしたやつじゃないですか!おまけに私ブッちぎって行っちゃったし………

でもなんだかんだで結局受け取ってしまいました。
ありがとうございます、ありがとうございます!!ひこにゃんにエサ用意してこなかったけど、私ジャンケンしてきます!!( ̄ー ̄ゞ

慣れない三角座りしてドキドキしながらひこにゃんの出番を待ちました。


待つこと1時間。
司会のお姉さんが登場。周囲がざわつき始めると、ひこにゃんがイベント会場に入ってきました。
しかも集まってる観客のど真ん中を思いっきり割って…

久々に目にする生ひこにゃんはやはり可愛い…。
真っ白で、ふわふわで、動きがかわいいのです。しかもこれからアレの目の前に立つのか、と思うとさらにドキドキします


あれ…?でも、心なしか1度目に見かけたひこにゃんと比べると背が高くなってるような??

と、思ったら本当にそうだったようでひこにゃんイベントではおなじみのNさんが突っ込みを入れておりました。でもそのつっこみ…いいのか?(笑)

ひこにゃんがイベントスペースに入ると、400年祭の秋のイベントのPR。そして早々にひこにゃんジャンケンが始まります。
どうも今回はジャンケンがイベントのメインだったようです。

今回のジャンケンの景品は以下の通り、


・勝ち…ガイドブック「ひこにゃんとお城で遊ぶ本」、お弁当箱
・負け…クリアファイル、ステッカー、うちわ


1回目の勝ち景品は目覚し時計ようですが、2回目は変更されてました。
でも、お弁当箱は商品在庫の残り少ないのを買い占めた、今ここでしか手に入らないものだったとか。
負け景品のステッカーは途中で数が足りなくなって(なんてったってひこにゃんはジャンケンが異様に強いので)クリアファイル2枚+うちわという景品になりました。


私のもらった整理券番号はわりと最後の方。できるだけ粘って最前列でひこにゃんをカメラに収めると、そろそろとジャンケン待ちの列に加わります。

そしてとうとう私の番…。だめだーー。緊張する…。

やはり、私は異様に緊張していたようです。
司会のお姉さんも、Nさんもろくに見れませんでした。
でも、ひこにゃんの姿は嫌でも目にはいります。なんてったって目のまん前だから。


うわぁぁ!!!やっぱりかわいい。
しかもふわふわ!!!まっしろ!!!!

…思いっきり心が天にに舞い上がりまくる私(笑)
そんな私に勝ち運が付くわけもなく、ジャンケンはアイコ。時間の都合上、アイコも負け扱いです。



hikonyan2.jpg
(こちらが景品の写真)

でも、いいんです。

ひこにゃんといっしょに写真をとってもらえた上に、ふわふわの手で握手してもらえて、思いっきりハグもしてきました。

ああ、嬉しい…。



かつてひこにゃんじゃんけんを体験した先輩は普段ミーハーしない人間でもひこにゃんの前では変わると言ってました。
本当にそうでした。身をもって体験いたしました。

何か私ひとり楽しんでしまってすみません。
本当に幸せな一日でした。





[ 2007/09/15 22:10 ] 遊びのこと | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ