プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

久々に「相棒」公式サイトを見てみたら…

なんかいつの間にか10月からのseason6が決まってたり、映画のオフィシャルブックの発売が決まってたり、ノベライズ化が決まってたり、コミック化が決まってたり(?)する刑事ドラマ「相棒」です。

なんともジワジワとお財布にダメージを与えてくる番組ですね…。
いや、買わなきゃいいんですよ。わかってますよ。

でも、でるのがわかってると手にとってみたくなるのがファンというもの…。
とりあえずオフィシャルブックは絶対買います。ノベライズは中身を見てから。コミック化は…かなり微妙な気がします。



そして8月29日のAP潜入ルポ見てまた呆然。

1つは着ボイス。2つは「日本映画navi」への映画情報の掲載。

3つめは 
相棒 目覚まし時計

『相棒はどこへ行くのだぁ~!』って、それはこっちのセリフです!!
なんですかそれは~。しかもこれから出るDVDボックス全部買えと!!
私、3season以降は録画に成功してるのでDVDは買うのやめようかと思ってたんですよ!!それなのに…。それなのに~(泣)
これが、抽選とかだったら完全にあきらめられたのになんですかそれ~。
「ガングレイヴ」再びですか!!

こんなのがあると先に知ってたらもうちょっと節約してたのに…。


幸い(幸いなのか?)、応募締め切りはかなり先のようなのでどうなるかわかりませんが、もしまんまとこのおまけに釣られてたら笑ってやってください(泣)



※一応、購入特典の詳細。詳しくは「相棒」の公式サイトをご確認ください。


<シリーズ購入特典(目覚し時計)概要>

●正式名称:右京と薫が起こしてくれる「相棒」特製アラームクロック

●対象商品:以下の 6 BOX を全てご購入の方にプレゼント
「相棒 season 3」DVD-BOX Ⅰ(2007年9月7日発売)
「相棒 season 3」DVD-BOX Ⅱ(2007年9月7日発売)
「相棒 season 4」DVD-BOX Ⅰ(2007年12月7日発売)
「相棒 season 4」DVD-BOX Ⅱ(2007年12月7日発売)
「相棒 season 5」DVD-BOX Ⅰ(2008年3月7日発売)
「相棒 season 5」DVD-BOX Ⅱ(2008年3月7日発売)

●応募方法:対象商品(6 BOX)に同封の応募案内についている<応募券>を切り取り、6種類全て集めて<専用応募ハガキ>(商品内に同封)に貼付の上、必要事項を記入し、所定の郵便切手をお貼り頂きポストに投函ください。
※指定応募ハガキによる応募のみ有効となります。指定応募ハガキは対象商品それぞれに封入されていますので、いずれか1枚をお使いください。

●応募期間:2008年3月7日~6月6日

スポンサーサイト

雨格子の館 プレイ記録(のようなもの)その4・完結編

「雨格子の館」プレイ記録完結編
やっとこさSランククリアいたしました。

以下、感想は「more」以降に。
内容に抵触しておりますので未プレイの方は要注意。

各キャラについての印象も書いております。



続きを読む

オーシャンズ13見てきました!!

25日は映画観にいってきました。
「オーシャンズ13」です。
「ラッシュアワー3」とどっち観にいくか迷ったんですが、行きつけの映画館がこっちしかかけてなかったので。
でも、「ラッシュアワー3」も必ず観にいきたい!!(真田広之さんを見たいのだ!!)

毎度お金かかってるし、脚本も凝っているから観て失敗することは無いと思って見にいきましたがやっぱり面白かった。

めっちゃ爆笑シーンが多かったんですが、周囲が全然笑ってなかったのは何故?

どんなトラブルがおこってもや困難な状況に陥っても、何とかしてしまうオーシャンズ…。
彼らの篤い友情に乾杯!!ホント気のいいやつらです。

今回の注目は成長したライナス君でしょうか。
「11」のころに比べればかなり成長してます。結構重要な役割を担当するし。ちょっと笑えるけど。
それでも家族の方が一枚上手、というのがいかにも彼らしい…。彼が“一人前”扱いで仕事をさせてもらえる日は来るんでしょうか。

あと面白かったのが、メキシコのサイコロ工場のシーン。
作戦を成功させるための重要な役割だったのに、その仕事そっちのけで労働者たちの過激な賃金闘争に突入するのがおかしかった。

これはDVD出たら絶対買います!!


「14」は果たしてないのでしょうか。
「無い!!」と、言われてますが、これまでも無い無いといって続編が作られてるっぽいので期待しております。
渡辺謙さんがキャスティングされるという噂も流れましたが実現して欲しい!!

なんだか泣けてくる… “高校野球・佐賀北 優勝!!”

高校球児たちの長い長い戦いが終わりました。
いつにもまして熱い夏でした。
今年は去年の早実の斉藤選手や駒苫の田中選手のようなスターと呼ばれるような選手はいなかったようにも思う。
でも、1回戦から手に汗握る試合が多く、2回戦以降は本当に見逃せない試合が続きました。

21日にも書きましたが、どの学校が優勝してもおかしくない。そんな夏でした。

思わず応援したくなる高校の多かった今年。あの宇治山田と延長引き分け再試合を演じた佐賀北を何となく応援してたんですが…


仕事の休憩中に確認した試合の途中経過を見たときはもうダメだと思いました。
嫌な話ですが、高校野球で私が応援するチームは負けやすいというジンクスがあるので(^^;やっぱり…と少し落ち込んでしまいました。

なのに帰宅し母から試合結果を聞いてびっくり。

まさかまさか、8回から逆転するなんて…。しかも満塁ホームラン。
その報告を聞いただけでも少しウルッときました。
実際そんな光景見てたら間違いなく泣いてた。


本当におめでとう!!佐賀北高等学校。
そして、全国の高校球児たちにありがとうを言いたいです(^^)


4強出揃う

高校野球も本日準決勝。

今年は雨も降らず日程が順調に消化されていった甲子園です。
そのかわり暑さが続きさぞ辛かったでしょう。
毎年のことですが頭の下がる思いです。

今年は本当熱い試合が多いです。
ここまで勝ち残った4強以外のチームのどこが残ってもおかしくなかったと思います。

今日試合が終れば終に決勝。
個人的には佐賀北を応援していますが、果たして。

ワンピース・プレミアショー

18日は以前から書いていた通り友達とUSJに遊びに行ってきました。

相変わらず暑い1日。
電車の乗換えまでの大阪環状線に乗っていた時、あまりの涼しさにこのままぐるぐる廻ってやろうかしら…などと不届きなことも考えましたが(笑)、結果行ってよかったと思っています。

心配していたアトラクションの待ち時間もそれほど長くなく、涼しい場所で待てるように工夫がされていたのでうんざりすることはありませんでした。

体験したアトラクションやショーは以下の通り。

・ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド
・シュレック4Dアドベンチャー
・アニメ・セレブレイション
・スパイダーマン・ザ・ライド
・トト&フレンズ

USJに行ったのは2度目。しかも6,7年前に行ったっきりなので私の入ったことの無いアトラクション中心にUSJのいいものを紹介してもらいながら廻りました(マジ、ありがとう!!)

何度も入ってみたくなるアトラクションがいっぱいで、特にスパイダーマンが面白かった。
あの写真撮るところは知ってってもかなり難しいと思うけど(笑)

日中はアトラクション廻って、ショー見て、おいしいもの食べてで過ごしましたが、夜からはUSJに行った第1の目的であるワンピース・プレミアショー!!

はっきり言ってかなり面白かったです。
以下、少しショーの内容に触れますので「more」以降に収納。


最初に言っておきますとかなりお勧めです。

入場料+ショー料金は少し高めですが、お金を払ってみても損は無いと思います。
ショーを見る前は「ワンピース」が題材ということでもっと見子供向きの内容になるかとも思いましたがそういうことも無く、大人も子供も楽しめます。

兎に角もう一度みたい!!と、思わせるすばらしいショーでした。


続きを読む

私立探偵・沢崎という男

先日、本の整理をした時に手にとってしまって、原寮の沢崎シリーズを読み返しています。
やっぱり、何度読んでもいい…。

以下の文章は、以前やってたブログから一部再録。

なお、原さんの名前「寮」はうかんむりがない字なのですが漢字変換出来ないのでこの字をあててます。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++

主人公・沢崎は西新宿のはずれに事務所をかまえる私立探偵。
事務所の名前が「渡辺探偵事務所」なのはもとはかつてのパートナー・渡辺が開設した事務所だから。
渡辺は沢崎に事務所を残し、警察とヤクザから億単位の金と麻薬をもって逃亡してしまった。そのために沢崎は渡辺の警官時代の部下である錦織や暴力団幹部の橋爪に目をつけられている。
沢崎は渡辺に怒りを感じながらも昔の名前のまま事務所を続けている。

沢崎は基本的に慎重。しかし自分の気になるものは徹底的につきつめ、その際は大胆な行動をとることもある。
起こっている事件を冷静に見つめ、決して意思を曲げず、暴力に恐怖を感じることはあってもそれが行動を妨げることはない。

沢崎はそういう探偵です。

たまたま短編を読む機会があって興味が惹かれて長編を読んでからというもの、その緻密なプロットと何より活きのいいセリフの応酬にすっかりはまる…。

今までハードボイルドと聞いてちょっと避けてきたのをもったいなかった強くと感じました。やっぱ読書の世界はまだまだ奥深い…。

沢崎シリーズは現在短編1冊。長編4冊。
4作目の「愚か者死すべし」は作年末、実に9年ぶりに発表された新作です。
渡辺との件に一応の決着がついた沢崎がこれからどのような生き方をしていくのか。
これからも注目です。贅沢言うと2、3年のうちに新作が出てくれると嬉しいな(^_^;

※原寮「沢崎シリーズ」
長編
・「そして夜はよみがえる」
・「私が殺した少女」
・「さらば長き眠り」
・「愚か者死すべし」

短編
・「天使たちの探偵」

全て早川書房刊。因みに私が好きなのは2冊目の「私が殺した少女」

盆休み・おわり!!

今日から通常業務~。
でも、今日までお休みのところが多いので電車空き空きで割と快適でした。

ホームで電車を待ちながら相変わらず暑い…と思ったら岐阜県の多治見市と埼玉県の熊谷市で40.9度を記録。実に74年ぶりの記録更新です。
夏、恐るべし…。
今年は冷夏になるんじゃなかったのか。

どおりで仕事になかなか手が付かないわけだ!!って、休み明けは大体そうなんですけど(^^;
とりあえず明日からがんばります。明日行ったらまた休みだけど(笑)

18日は友達と1日中USJです!!
暑いから完全装備で望みたいと思います(^^)

雨格子の館 プレイ記録(のようなもの)その3

雨格子の館プレイ記録(のようなもの)です。

前回隠さなければいけないものを1つ忘れていたばっかりに、殺人事件を防ぐ事に失敗。
そのために後味の悪いエンディングを見る事になってしまいましたが、その忘れていた1つも何かわかり、これでAランクエンドが取れると張り切っていたら…



続きを読む

「ひぐらし」の鳴く頃に

毎日暑い日続いてます。

只今盆休み中ですが何もする気が起きません…。
12日に辛うじて溜った本の整理はしましたが、それだけです。
毎日のようにネットやってるかテレビで高校野球見てるかどっちかです。

そういえば昨日は日大山形の試合を観ました。
待望の『ボーイズビーアンビシャス』を聞けて私的には満足でしたが、残念ながら試合には負けてしまいました。
応援してるチームが負けるというジンクス健在?
でも対戦相手である常葉菊川は今年のセンバツ優勝校。春夏連覇を狙う学校だけに気力が充実してたようにも思います。(もちろん日大山形がそうでなかったとは思いませんが)
今日も球児たちにとって暑い一日になりそうです。


話は本日のタイトルに戻って。
別に今流行りのホラーゲームの話ではありません。

第一「ひぐらし…」は面白いと聞くし遊んでみたいタイトルではありますが、恐いのは超苦手なので(多分ゲームの場合ビジュアルに凝ったのよりテキスト系の方が怖い)一生遊べない気もする。


…昨日はペルセウス座流星群のピークで、オマケに新月も重なったので流れ星を見るには絶好の機会でした。
よし、今年は星を見るぞ!!と気合いを入れて起きたのが4時…。既に空は白みかけていました。

ううっ。せめてあと一時間早く起きてれば…。

後悔しながら布団の中でうつらうつらしてると何処からともなくセミの声が。

『あっ…ひぐらし…』

今年になって初めて聞けました。蝉とは思えない超涼しげな鳴き声。
窓を開けると実際涼しい。

こりゃもったいない。と、早速朝の散歩実行。
暑い夏の日に休みの日の日課を実行するのにこれほど最適な気温はない!と、喜んでましたがやはり4時半起きは少しきつかった…。今無茶苦茶眠いですが普段見慣れない景色が見れたのでよしとする。

カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: