desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

知らなかった… 

相棒の映画化…_| ̄|〇

…でも、こないだ友達にメール貰ってたやん!(゜゜;)\(--;)
と、セルフツッコミ。

不覚です。
全然チェックしてなかった。
「敵は海賊」の新刊でる~と浮かれて相棒のこと忘れてるうちにこれです。
いや~まいったまいった。

エキストラ募集とか楽しそうなことしてたんですねー。
何か乗り遅れた気分。知ってた所でいけないけどさ…(..)(__)

公開は2008年春予定。
これからはチェック忘れないでいよう(^_^;)
スポンサーサイト




[ 2007/06/27 18:43 ] 相棒 | TB(0) | CM(0)

有栖川有栖・学生アリスシリーズついに脱稿?? 

今日仕事帰りに「SFマガジン」をちらりと覗いてきました。

「敵は海賊」の新作が出たし特集記事あったら買おうかな?と思ったんですが2ページだったので諦めました…。
2ページのために買うにはちょっと高いよ。SFマガジン…_| ̄|〇

気をとり直してその隣にあった「ミステリマガジン」もちょっと手にとってみる。

面白そうとパラパラ内容を見てみると好きな作家さんの有栖川有栖さんが1ページエッセイを書いてて、その1行目に驚いた。

(この本がでるころ、江神シリーズ脱稿?)

マジですか(^_^;)

作者と同名の大学生・有栖川有栖が所属するミステリ研究会の先輩・江神二郎が事件を推理する「江神シリーズ」(あるいは学生アリスシリーズ)は、私が新作を待ち遠しく思っていたシリーズの一つです。

現在短編が何作かと長編が3作(因みに私は「双頭の悪魔」が一番好き)発表されてますが、何年か前に「新作執筆中」の話を聞いてからなかなか新作発表の報を聞くことができませんでした。

これが超寡作な作家さんならまだ我慢できるのですが、作者のもう一つの代表的シリーズある「火村英生」ものが比較的頻繁に新作が発表されてるだけに、心の中でいったい何年隠し玉なんだー!と叫んでおりました。。(by「このミス」)

でも、あのミステリマガジンで脱稿時期を仰ってるんですから今度こそ今年中に読めると信じていいんですよね!!

ほんと、信じてますから~(泣)




[ 2007/06/26 22:18 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

ついに発売!!「敵は海賊・正義の眼」 

敵は海賊・正義の眼 (ハヤカワ文庫 JA カ 3-37)敵は海賊・正義の眼 (ハヤカワ文庫 JA カ 3-37)
(2007/06)
神林 長平

商品詳細を見る
本日仕事帰りに買ってまいりました!!
「敵は海賊」シリーズ、実に10年ぶりの新刊
「敵は海賊・正義の眼」です。

表紙のアプロがか…かわいい…。

でも、この外見にだまされてはいけません!!
ホントとんでもない猫、いや、宇宙人なんです…(^^;

とりあえず今読んでる本が終わったら(飛浩隆さんの「グラン・ヴァカンス 廃園の天使1」結局買ってしまいました)是非取り掛かりたいと思います。

早くアプロやラテルやラジェンドラやヨウ冥の活躍を読みたい!!





[ 2007/06/22 20:48 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

UPLIFTかくかたりきセカンドシーズン 

ネット徘徊していたら以下のの情報を知ったので忘れないように覚え書き

ネットラジオに内藤先生がゲスト出演されるようです。
番組タイトルは「UPLIFTかくかたりきセカンドシーズン」。
2007年6月15日(金)から毎週金曜更新。

内藤先生は第3回目に登場です。




[ 2007/06/21 21:16 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールドエンド 

昨日ようやく見てきました!!

やっぱり期待通りの面白さ。自体が入り組んでて少々わかりにくい部分もありましたが、シリーズ最後を飾るにふさわしい盛り上がりを見せてくれました。
ラストは一抹の寂しさと共に、未来を予感させるエンディング。
本当にこれでシリーズ終わっちゃうんでしょうか?
パンフレット読む限りはそうみたいねんですが、ファンとしては期待してしまいます。

以下は思ったことを箇条書き。
映画をまだ見てない人はご注意ください。






[ 2007/06/17 15:13 ] 映画・TVのこと | TB(0) | CM(0)

最近買った本(2007年6月) 

読むスピードがみるみる落ちていってるのに本は買ってしまいます(笑)
積ん読本がたまる一方…。

逆転裁判 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)逆転裁判 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)
(2007/06/06)
前川 かずお

1、『逆転裁判』第2巻(前川 かずお / 講談社)

カプコンのゲーム「逆転裁判」のコミック化作品の2巻目。
前巻の事件の解決編ともう1作を収録。今回は御剣検事も登場してます。

ゲームの雰囲気そのままをコミック化というのはやはり難しいみたいで、裁判のやり取りよりは事件の推理に重点をおいた内容になってます。
でもこれはこれで面白い。

まだ続巻でるみたいなので、これからも楽しみです。


天と地の戦い (ハヤカワ文庫 FT エ 1-49 タムール記 6)天と地の戦い (ハヤカワ文庫 FT エ 1-49 タムール記 6)
(2007/06)
デイヴィッド・エディングス
2、『天と地の戦い タムール記』(デイヴィッド・エディングス /早川書房)

長かったタムール記もついに完結!!
…なんですが、実は前巻の『冥界の魔戦士』もまだ読めてません…。

今年の秋、未邦訳だった「ドリーマーズ」(仮)が刊行されると本についてた帯に書いてありました。
「ベル・マロ」「エレ・タム」と読んできてエディングス作品はかなり肌に合うことを知りましたので、こちらも刊行されたら是非読んで見たいと思います。

それまでにタムール記は読んでしまおう(^^;

象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)
(2004/09/08)
飛 浩隆

3、『象られた力』(飛 浩隆 / 早川書房)

83年にデビュー。しかし92年以降沈黙し、2003年に復活するまで「伝説の作家」と化していた飛浩隆さんの作品集。
飛さんの作品は初めて読みましたが、視覚、聴覚、嗅覚、味覚に至るまで、様々な感覚に訴えてくる、激しくイメージを喚起される美しい描写のすばらしい作風です。これははまる…。
星雲賞、日本SF大賞W受賞は伊達じゃありませんでした。

2003年に「SFを読みたい!」のベスト1に選ばれた「グラン・ヴァカンス1 廃園の天使」も読んでみたい!!!




[ 2007/06/15 22:53 ] 本のこと | TB(0) | CM(0)

親知らずを抜く 

昨日無事親知らずを抜いてまいりました!!

当初心配してた腫れや発熱は無く、今は歯茎が荒れ気味のときと同じぐらいにしか痛みません。

抜いた時も麻酔の注射をされた時は兎も角、麻酔が効いてくると全然痛くなかったですし、麻酔が切れてからもそれほど痛みはありませんでした。
ただ、抜いた歯を見たんですが、全然虫歯があるようにはみえなかった…。
やっぱり、全然記憶に無かったけど遠い昔にどこかの歯医者に治療をしてもらっていたらしい。

欠けているので、その部分を埋めた痕はありましたが、それ以外は綺麗なもんでした。
これなら別に抜く必要なかったんじゃ…(^^;

でも、親知らずは無くてもいい歯であることは確かなので(対応してる下の歯が無いから)、抜いたとろで影響はそれほどありません。
むしろ傷が治る途中の方が怖そうなので(弟に怖い話を聞いてしまいました…)、しばらく口腔内の衛生には気をつけようと思います。






[ 2007/06/10 10:10 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

出張から帰ってきました!! 

と、いっても帰ってきたのは昨日の夜です。昨日はもう疲れてそのまま携帯にも触れませんでした…。

今日はいつもどおり仕事に行ったのですが、ほとんど手がつけられず。
先輩すみません。月曜から頑張ります…。

明日はお休みなのでゆっくり休みたかったのですが、以前から気になってた欠けてる左奥の親知らずを抜く事になったので歯医者に行ってきます。

上の親知らずだと発熱はしにくいと歯医者には言われましたが果たしてどうやることやら…(^^;




[ 2007/06/08 21:00 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

明日から出張です 

毎年恒例。大体この時期になると出張にでかけます。

正確には雑用係に付いてくだけで通常の仕事とは違うんですが、仕事と思わないとやってられません…。今年は宴会に付き合わず帰ってこれるのでその分気が楽ですが(^^;

一泊の泊りがけなので今準備をしてるんですが、何か異様に荷物が少ないのが気にかかる。
昔は荷物いっぱいで行ってたのに、私はもしかして持って行くべきものを何か忘れてるんだろうか?

旅行鞄がスカスカでなんか恥ずかしいのですが、それ以上に小さい鞄を持ってないので仕方が無くこれで行く事にしました。

帰ったらもう少し小さな鞄を買うことを考えよう!!




[ 2007/06/05 20:59 ] 日常 | TB(0) | CM(0)

コミッカーズアートスタイル Vol.4 

“漫画やイラストを描く人のための雑誌”「コミッカーズアートスタイルvol.4」に内藤先生のインタビューが掲載されています。

ネットで情報を知って早速買ってきました。
雑誌なのに1890円という価格だったので買うのにちょっと怯みましたが、結局買ってしまいました。インタビュー記事なんかは見つけた時に買っておかないと読めなくなるのも多いし…(^^;

さて、インタビューの詳しい内容についてはこれから買うかもしれない方のために触れずにおきますが、とりあえず次のコミックスは2冊同時発売ということは無いようです。
生涯通して2度と無い!!と断言していらっしゃるのでこれは間違いないです(笑)

最終回までの怒涛の展開を一気読みできないのは少し残念ですが、最終巻もそれほどあけずに頑張りますともおっしゃってるので、気長にお待ちしたいと思います(^^)


内藤先生のインタビューのページ以外は絵をまったくといいほど描かない(描けない)私には縁の無い雰囲気の雑誌ですが、ピンナップが付いてるし、今まで見たことのあるカラーイラストも綺麗な色で見れるし、貴重なアナログ原稿の製作過程(現在はカラーだけでなく原稿のほうも全部デジタルで描かれているそうです)も見れるので、ファンなら持ってても損の無い1冊だと思います。




[ 2007/06/01 22:04 ] 内藤泰弘 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ