プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

白いタンポポ

tanpopo.jpg
この写真はわかりにくいかもしれませんが両方タンポポの花。
なんとも珍しい、白いタンポポです。

母が出かけた先で見つけたそうで、黄色のタンポポだらけの場所で一箇所だけ白い花だけ咲いてた部分があったそうです。
あまりの珍しさに思わず摘んで帰ってきたと、嬉しそうに話してくれました。


子供のころに図鑑で見て、吉野へ桜を見にいったときたった一度だけ見かけたことのある白いタンポポの花。

もう一度見れるとは思ってませんでした。
スポンサーサイト

ヤングキングアワーズ5月号買ってきました。

朝起きると台風のような嵐が…。何となく因縁を感じます(笑)

と、いうわけでヤングキングアワーズ5月号を買ってまいりました。
表紙は、笑顔のヴァッシュとナイブズ。そしてこれまで『TRIGUN』を彩ってきたキャラクターたち。
これを見るだけでジーンときて涙腺が緩みそうになります…


トライガンが今月で最終回ということで、普段雑誌を買わないコミック派のファンも買っていかれるらしく、いつもよりも心なしか本の減り方が激しかったです。仕事終わりに速攻で買いに行ったのにもう2冊ほどしか残ってませんでした。

ご購入予定の方は早めの方がいいかも(^^;いつも買う本屋さんで「あれ?」と思うかもしれません。

さて、肝心の内容ですが、いかにも「らしい」最終回でした。私は大満足です。
あるいは読んで大泣きしてしまうんではないかとも思ってたんですが、何とか耐えました。
でも、あとでジワジワきました。


きちんとした感想はまた後日書こうかと思っております。

どきどきしてます…トライガンマキシマム完結

明日はヤングキングアワーズ5月号の発売日。

そして10年にわたって連載されたトライガンマキシマム、ついに完結です!!

昨日までそれほどでもなかったのに、今日はかなりドキドキしてます。
よせばいいのにアワーズの公式サイトを見にいってアワーズの表紙を見たらさらにドキドキ…。

ああ、ダメだ(笑)


泣いても笑ってももう最後だと思うとさびしくもあり、楽しみでもあります。
でも今月号の表紙みたいに、笑ってすごせるはず!!

感想も今度は早くにアップしたいぞ!!!

今月のトライガン(2007年4月)

最終回直前!!の感想です
いろいろ長々とは書いてはいますが、言いたいことはただ一言だけ。

「ここまで付いてきてよかった~」

です。



続きを読む

今日から彦根城築城400年祭

今日からマスコット「ひこにゃん」ですっかり有名になってしまった(笑)彦根城築城400年祭が始まります。

ひこにゃんは最近はテレビでも取り上げられるようにもなり、東京などで行われたPRイベントも大盛況だったみたいですね。
私も大阪でイベントがあった時に見てからというもの(わざわざ見るためだけに梅田まで行ってきました…)もうメロメロです。
イラストや写真ももちろん可愛いんですが、実物(着ぐるみ)の真っ白でふわふわのモコモコさ加減を見てしまうともう…ダメです(笑)

今日久々に公式サイトを見にいったらなんと!キャラページ「ひこにゃん倶楽部」ができてました(気づくの遅っ!!!)

プロフィールやギャラリー、400年祭開催中のひこにゃんの彦根城出没スケジュールもチェックできます。
そして待望のダウンロードコーナーが!!(まだCOMEING SOONですが)

壁紙とかアイコンとかがダウンロードできたら嬉しいなvv

そんなわけで、とうとう400年祭が始まりました!私もできれば現地に行ってもう一度生ひこなんに会いたいと思います(笑)

風邪

今年はたいした風邪をひかなかったなぁ。ラッキー!とか思ってたら風邪ひきました(^^;

ここんところ年度末で仕事が忙しかったのに加え、昨日事務所に大量の書類などが運び込まれた時に舞った埃ですっかりのどを痛めてしまいました。

とりあえず明日は休めるので明日一日で風邪を治したいと思いまーす。
そしてトライガンマキシマムの感想もアップするぞ!!(熱が出なければ!!)

相棒 5 最終回スペシャル

秋から春にかけてのお楽しみ!!
今日ドラマ「相棒」の5シーズンが完結しました。

最終回はいかにも最終回にふさわしい2転3転あるストーリーで、右京さんのアクションありーの、右京さんの激昂ありーので盛りだくさんな内容でした(笑)
ラストシーンの辞職する警察庁長官が職員や小野田に見送られるシーンは音楽とあいまってゾクゾクしてしまいました。

あいもかわらず相棒らしいモヤモヤ感が残る内容でしたが(そこがいいんだけど)何とか亀山くんも免職を免れ、来シーズンに繋がったようなのでまた秋になるのが楽しみです(気が早すぎ)


さて、今シーズンの「相棒」ですが、通して見ると右京さんにとっての亀山さんの存在の大きさがより強く感じられたシーズンだったような気がします。
自らの正義に基づいて事件を探求するあまり、ついやりすぎてしまいがちの右京さんが亀山さんの言葉で思い止まったり、怪我をおっても人を信じようとした亀山さんのために右京さんが奔走したりする姿が印象的です。
かつて小野田官房長が美和子に言った通り杉下右京を動かしているのは、亀山さんということなのかもしれません。

脚本は相変わらずバラエティーに富んだ一時間みっちり楽しめるものが多かったのですが、右京さんがだんだん何でもありの万能超人めいてきてるのが少し気になります。
それだけ「杉下右京」が引き出しを作りやすいキャラクターだということなのかもしれませんが、あまり何もかもできるのはやりすぎなような…。
水谷さんが茶めっけをたっぷりに演じていらっしゃるので嫌みな感じはまったくないですけどね(でも気になる)

因みに今回お気に入り回は、「名探偵登場」、「赤いリボンと刑事」「バベルの塔」「裏切者」「女王の宮殿」


長々書きましたが“最後にもう一つだけ”(笑)最終回について一言


小野田さん真っ黒過ぎ!!!


久々に小野田官房長の黒さを思いしりました

寒の戻り

先週の日曜の暖かさが嘘のよう。
寒さが戻ってきて裸足の足がジンジンと冷たいです。

おまけに寒さで肩がこってるのか歯が痛い。
最初虫歯かと思ったんですが、水を飲んでも沁みないのでやっぱり肩こりが原因(だと思う)
なんとなく、嫌な感じ~。

まあ、奈良のお水取りも今日で終わりなのでこれが終われば暖かくなってこの不快感からも開放されるでしょう!!


最近、年度末の慌しさのせいか自室に下がるとすぐ寝てしまいます。
サイトの更新やTRIGUNの感想も中々書けずにいます。

4月号の感想については今週中には是非アップしたいと思います(って、先週も言ってたけど ^^;)

PSP版「ファイナルファンタジータクティクス」

最近すごーく気になってるゲームがあります。
「ファイナルファンタジータクティクス」移植版です。

プレステ版はもちろん遊んだ事があるんですが、結構時間をかけて遊んだ一本です。
世界の歴史に潜んでいる「真実」を解き明かしていくというストーリー。作りこまれた世界観。やりこみがいのあるシステム。
オープニングタイトルで流れるBGMを聞くだけでドキドキしてきます(公式サイトで流れる曲です。今でも鳥肌もの)

今までPSPには全然興味なかったんですが、これはやばいです。
本体買ってしまいそう。

新要素として対戦ができるそうですが、そちらは兎も角新ジョブは増えるはキャラクターイラストを描いてる吉田明彦さん(めっちゃ好き)の絵は動くは大変です。

隠しキャラ(追加キャラ?)としてFF12のバルフレアが出るそうですがこちらも楽しみ。
そういえばFF7のクラウドはまた出てくるんでしょうか…

発売日は5月10日。
その頃の日記では「買いました!!」とか書いてるかもしれません

「銀河英雄伝説」再放送

今日からWOWOWで銀河英雄伝説の再放送が始まります。
アニメ「銀河英雄伝説」は、田中芳樹の原作10巻と外伝をほぼ忠実に映像化した異例の作品です。
何が異例かというと買う人が限定されるセルビデオ作品で全部つくったこと。
それだけ作ったスタッフとそれを支えたファンが熱心だったということでしょう。

DVDは全部揃えると高いので今回の再放送は渡りに船だったんですが、様々な問題が発生…。

そのことはまた夜にでも書きます。

カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: