プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック

10月の連休一日目

・休み明けにちょっと忙しい仕事があって、その準備に追われてもしかしたら連休は無しかな~と思ってたんですが、何とか休めることが決まりました。
今日は連休一日目。

久々に映画を見に行く。
絶対観に行こうと思っていた『屍者の帝国』

伊藤計劃さんのオリジナル長編3作目にして遺作。実際書きつづられたのは冒頭の部分だけで、その続きを盟友といわれる円城塔さんが書き継ぎ「一つの作品」として完成させた小説。

結構複雑な物語ですが、謎を追いながら地球一周をする冒険譚になっていて他2作に比べると娯楽性もあるので個人的には一番映画にしたら面白いじゃないかと思っていた作品です。(そして私にとって初めてまともに読みとおせた円城さんの小説でもある)

大変長く、複雑な原作を人間関係を整理し、上手い具合に改変を入れながら上映時間2時間の作品にまとめている。
本当素晴らしい映画でした。

屍者の動き(フランケン・ウォーク)は想像していた以上に不気味でしたが…。

一番良かったのはエンドロール終盤に流れるある人物の言葉。
原作でも一番胸にぐっときた部分だったのであれが入ってたのは本当に嬉しかった。
(だからこれから観る人はエンドロールが流れても立ち上がらず最後まで見て頂きたいです)


・思わず「ハーモニー」の前売りも今日ゲットしてきたんですが、12月上映だと思い込んでたけど11月中旬上映に繰り上がってた事に今頃気づく。
11月は休日色々ありそうだけど大丈夫かな~と今更心配になってきた(^^;


・明日は弟夫婦が遊びに来る予定。
アニメ『血界戦線』最終回の感想はもう少し先になりそう。

スポンサーサイト

「Fate/EXTRA CCC」と「サモンナイト5」

・趣味としては長らく放置気味だったんですが『海賊無双2』を買って遊んで以降、またゲームで遊ぶようになりました。

ちょっと前までは少し空いた時間にサクサクできる無双系のゲームや、テキスト系のアドベンチャーゲームを中心に遊んでいたんですが、今年になって好きなRPGの続編が発売され思わず時間をかけて遊んでしまってます。

今遊んでいるのは「Fate/EXTRA CCC」。

フェイト/エクストラ CCC (通常版) 特典 フェイト/エクストラ CCC Virgin Bride付きフェイト/エクストラ CCC (通常版) 特典 フェイト/エクストラ CCC Virgin Bride付き
(2013/03/28)
Sony PSP

商品詳細を見る


人気ゲーム「Fate/stay night」の派生作品「Fate/EXTRA」の続編。
しかし、「EXTRA」のエンディングからの続きでは無い。もうひとつの「EXTRA」の物語。

作中に登場する保健室の少女・桜を中心にストーリーが展開します。

発売日当日に購入し、GWに入る直前ぐらいから遊び始めましたが、いや~面白い!!

ゲームシステムは前作を踏襲しているものの、雰囲気が全然違う。
ストーリー展開は前半は割とお笑いシーンが多く、1作目にも登場したある人物の変わりっぷりにかなり面食らったりもしたんですが、後半からの怒涛の展開にかなり感動してしまいました。

ただし、このゲームのCERO「D」。
公式サイトの雰囲気からちょっと大人な雰囲気なのかな~というのは感じてましたが、実際遊んでみると「ああ、こりゃDだね」と納得…。兎に角、凄いの一言です(特にCCCルートと呼ばれるルートに登場するラスボス)。
結構きわどいCGとかもあるし、音声もアレだし、携帯ゲーム機のゲームなのに外で遊ぶ事は全くオススメできません(笑)

でも、ゲーム自体は面白いのでつい何度も遊んでしまうんですが。

現在、女性主人公×セイバーで1週目、女性主人公×アーチャーで2週目をクリア。男性主人公×キャスターで3周目をプレイ中。
我ながら強烈なハマりっぷり。一応、今回初登場のギルガメッシュで4週目までは遊ぶ予定。


今の勢いだと4週目クリア後、逆の性別の主人公の組み合わせで更にもう一周いけそうな気もしますが、今年はもう一つのお楽しみが。

それが本日発売の「サモンナイト5」。

サモンナイト5 (初回封入特典ソーシャルゲーム「サモンナイト コレクション」の特設ページで入力すると「5」の主人公カードが入手できるシリアルコード 同梱)  予約特典『サモンナイト5』特別設定集 付サモンナイト5 (初回封入特典ソーシャルゲーム「サモンナイト コレクション」の特設ページで入力すると「5」の主人公カードが入手できるシリアルコード 同梱) 予約特典『サモンナイト5』特別設定集 付
(2013/05/16)
Sony PSP

商品詳細を見る


制作会社のフライトプランが解散してしまったので、もう続編は出ないだろうと思ってたので感激もひとしお。
1~4作目は何周も遊んだ本当に好きなゲームです。

あまりに嬉しくて「Fate…」で遊んでいるにもかかわらず買ってきてしまったんですが、一応お預け。
ネット情報一切断って遊ぶつもりです♪






「ワンピース海賊無双」2!

・先週『相棒season11』の放送が終了。
本来なら最終話の感想を書いておきたいところなのですが、何となく書けずにいます。

感想を書くのに困るような内容だったのかといえば、そうでは無くてむしろ最終回に相応しい内容だったと思います。

では、何故書いていないかというと実は久々にゲームして遊ぶようになってしまったからです。
そのゲームとはこれ↓


ワンピース 海賊無双2ワンピース 海賊無双2
(2013/03/20)
PlayStation Vita

商品詳細を見る



『ペルソナ4G』を遊ぶ為にプレイステーションVitaを買ったのは良かったものの、他に遊びたいソフトがなかなか無く宝の持ち腐れ状態だったのですが、『無双』も『ワンピース』も好きだしこれなら面白いかも?と軽い気持ちで買ってみました。

…で、思いっきりハマってしまった(^^;

このゲームの1作目はかなりネット上での評判がかなり悪かったのでどうなんだろうという心配もありましたが、実際遊んでみるとそんなものは吹っ飛んでしまいました。

かなり面白い!!

アクションゲームが苦手な私でも簡単に技が出るし、それでいて戦況が目まぐるしく変化していくステージは緊張感があります。
操作できるキャラクターや遊べるステージも多く、コレクション要素もあるのでメインのシナリオをクリアしても遊べる要素がいっぱいあって全然飽きません。
操作キャラが多いと、一体一体鍛えるのが大変そうですが、ゲーム中で得られるベリーを使ってレベルアップする事も出来るので、どのキャラも即戦力に出来るのも嬉しい所。

まー兎に角楽しくて、ついつい毎日遊んでしまってます。

そんな訳で、先週は日曜にかろうじて『Ω』の感想は書いたものの『相棒』と『血界戦線』の感想には手をつけられない状態に陥ってます…。

自分でもブログに書こうと思っている感想を書かないのは宿題を残し続けてるような気分になるので何とかしたいのですが、他の事が気になってる状態だと中々文章も浮かばないので、もうしばらくは更新が停滞してしまうと思います。

それでも『相棒』に関しては来週末までに、『血界』は次の雑誌発売日の4月19日までに書けたらな~と、思っています。(『相棒』映画はできれば今度の土日には観に行きたい!…最近突発的な予定が入りやすいのでどうなるかわからないけど)

水都大阪2012

今年も「水都大阪2012」に参加してきました!!
お目当ては勿論、世界を旅する「ラバーダック」。

mini_121020_1120.jpg

昨年行った時は生憎の天気でしたが、今年は台風一過の快晴。
更にラバーダックの展示は明日21日までということもあってか、心なしか昨年よりも大勢の人があひるちゃんを囲んでいました。

ラバーダックが大阪の川を初めて浮かんだのは2009年。
今年で4回目の展示、ということで今年はもう見に行かなくてもいいかな?とも思ってたんですが、やはり目の前に立つと幸せな気分に浸る事ができます。誘ってくれた友達に感謝。

そしてこの「ラバーダック」という巨大アート作品の力も改めて感じる事ができました。
見てる人みんなが笑顔になれる作品って凄い!!


水都大阪の開催中、中之島公園界隈は、このラバーダックの他、様々なアート作品の展示があるのですが今年は更にこんなもののがありました。

mini_121020_1139.jpg

巨大なバルーンのこけし!花子という名前だそうです。足元(?)は足湯になっています。
ずーっとおしゃべりしたり、歌ったりしてるみたいなんですが…ちょっと不気味(^^;


昨年は、あひるグッズを購入する為に1時間ほど並んだりもしたんですが、今年はグッズ購入は見送ったので、作品を見たり、景色を楽しんだり、食べ物屋さんを覗いたりしているうちに、小型船のクルーズ乗り場を発見!

この期間限定で、公園からバラ園周辺を周遊するものだそうです。

小型船に乗る機会なんてなかなか無いし、出発時間もそれほど待たずにすみそうなので気まぐれで乗って見る事にしました。

で…船上から撮った写真がこれ↓

mini_121020_12220003.jpg


mini_121020_1228.jpg


そう!あひるちゃんの真横に来る事ができるのです!!

陸からは撮れない角度から写真を撮りまくることができます(と、いっても私の写真の腕がいまいちなのでわかりにくいかもしれませんが…)


mini_121020_1237.jpg

あひるの横を通過するのはほんのひと時ですが、写真を撮るには十分な時間。
炎天下でも川を渡る風は涼しく、景色も充分堪能する事が出来ました。
たまたま乗船場を見つけて、ほんの気まぐれで参加したクルーズでしたが、本当にラッキーでした。

幸せ気分で下船した後は、移動販売の石窯焼きのピザを購入し、芝生の上でピクニック気分で食べました。
生まれて初めて昼間からビールを飲みたくなりましたよ…(暑かったし)


そんなこんなで今年も、水都大阪を充分堪能してしまいました。
来る前は迷ってたんですが、やっぱり参加して良かったです。

来年は(展示があるとすれば)果たして…と、思いつつもやっぱり行ってしまうような気がしています(^^;

mini_121020_12030002.jpg

やっぱり今年もあひるちゃんは幸せそう…(私も幸せだけど)

しりとりカラオケ

昨日は久々に友人とカラオケしに行ってきました。
しかも、曲のタイトルを繋げていく「しりとりカラオケ」…。

以前二人だけでやってみた事があったんですが、曲が流れている間に次の曲を見つけなければいけない為にトイレにも行けない過酷さ(いや、曲止めてもらっていきゃーいいんだけど)でしが、今回は4人という事で比較的余裕がありました。

それでも自分が曲を入力する番に廻ると、友達が歌ってるのを聞く余裕はなくなるんですが…。

なんてたってまわってくる文字によっては自分の持ち歌が歌えるとは限らないので、ある程度うろ覚えの歌でも歌わなければいけない破目になる。
これがこのカラオケの怖い所でもあり、面白いところ。

普段のカラオケなら絶対歌わない歌を歌う友達がみれるところが結構楽しい(余裕が無くて聞けない場合もあるけど)


このカラオケをやる上で大事な事はある程度、曲のリストアップをしておくこと。

いざとなると曲のタイトルが全く思い浮かびません!!
やたら「ん」で終わる曲ばかりが思い浮かぶ無限ループに陥ったりする事も。

昔は、曲リストは冊子だったのでざっと目を通せば歌えそうな歌がすぐ見つかったものですが、最近はデンモクなどの端末しか無かったりするのでわりと探しにくかったりします。

私もポータブルオーディオ機器にだいぶ助けてもらいました。

あと、当たり前のことかもしれませんが曲のレパートリーはある程度広く持ってた方が有利に進められる。
J-POP、歌謡曲、アニソン…なんでも。こんな歌を歌うなんて…なんて考えてると繋げられない。

結局、フリータイム6時間のうち5時間は「しりカラ」でもたせ、最後の1時間のみ歌いたい歌を歌ったんですが少し物足りなさを感じるほどでした。すごいよ「しりとりカラオケ」。また是非やりたいです。


ちなみにみんなで60曲あまり歌ったんですが私が歌った歌は以下の通り(友達の分も記録してるけど一応自分のだけ)

・遠くまで/Do As Infinity
・不自然なガール/Perfume
・愛・おぼえていますか/中島愛
・やさしくなりたい/斉藤和義
・Automatic/宇多田ヒカル
・託す者へ/まつざわゆみ
・すすめなまけもの/斉藤和義
・Love涙色/松浦亜弥
・天体観測/BUMP OF CHICKEN
・君のとなり/hitomi
・ずっと好きだった/斉藤和義
・素敵だね/RIKKI
・Blood teller/飛蘭
・ムーンライト伝説/DALI
・片翼の鳥/志方あきこ

しりとり関係無しで歌った曲

・地球ぎ/まつざわゆみ
・only my railgun/fripSide
・ペガサス幻想/MAKE-UP

書きもらしもあるかも…。
斉藤和義とアニソン多し。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
読書メーター


KUROさんの読書メーター

KUROさんの読書メーター

KUROの今読んでる本

KUROの最近読んだ本

ブクログ
ブクログ
RSSフィード
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: