FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

『血界戦線 Back 2 Back -ライツ、カメラ、アクション!-』 前編

大変大変遅くなりましたが(笑)「ジャンプSQ.CROWN」創刊号掲載の『血界戦線 Back 2 Back』の感想です。

『次の雑誌の発売10月だし時間たっぷりある~♪』などと余裕ぶっこいてたらもう9月も末ですよ。
信じられん…

(今回サブタイトルが不明なので便宜上記事タイトルを「B2B」第1話とさせていただきました。サブタイトルがつけられたらタイトル編集します)

(2015/10/16追記:サブタイトル判明したのでタイトル変更しました)

『血界戦線-大脱走ハンドカフス-』後編

・『血界戦線』を読む為、G.W中なのでいつもよりちょっと発売日が速い「ジャンプSQ.」6月号買ってきました!!
(いつもここで雑誌の書影を貼ったりするところですがFC2のAmazonのリンクはる機能が壊れてるので省略)


・前作同様「出張版」という事で、いつも以上にライブラの“日常”を描いたお話になっています!!
今回は前号の続き。

「超高度魔術付帯式絶対安全手錠☆」ゴルディオンEX+で拘束され、異界の深淵へ連れて行かれようとしていたザップとチェイン。

普段犬猿の仲である二人が連携し、窮地を脱するというお話なんですが、もう二人のやり取りが笑えて仕方ない!!
互いに能力がほとんど使えない状態での脱出で、互いに協力しなければいけない状況にあってやっぱり言い合いになってしまう。
チェインが何でザップの事を見下す発言を連発するのか説明する台詞があるんですが、本当にこれでもかというぐらいダメ男のロイヤルストレートフラッシュな理由を並べたてられてて、それを聞いたザップが全然反論できないのが凄い(笑)

と、色々言われてしまうザップですが、車が横転しハイウェイから落下しそうになり、チェインがその拍子に奪ったカギを落としてもその事に対しては怒って無かったり(チェインに何か言う前に蹴られた事は怒ったけど)、やっぱりいい奴なんだよな~というのが垣間見える台詞があったりする。

そして何だかんだ言いながらも仲間としての気は合う二人。
悪漢を蹴りだし、絶妙な連携で落下する車両からも無事脱出!!命が助かった二人は思わず互い笑いあう………と、非常に綺麗な終わり方をしています。

でもこの漫画『血界戦線』なんだよね…(笑)

・以前にもこのブログで書いた事がありますし、コメントででも頂いた事がある事なんですが、
内藤先生はザップのファンを試し続けているとしか思えない!!!(笑)

彼が登場する以上決していい話で終わる事は無理だったのかもしれません…(涙)
ああ…擬音が嫌過ぎる…。そして天然で罪は無いけど止めを刺しに来る台詞!!!
チェインのザップに対する仲間同士の和やかな共感の表情を返して…。

漫画読んでて作中人物に思わず共感する事なんてごまんとありますが、今回ほどチェインに共感した事は無いはない。

『死んで…お願いだから存在ごと掻き消えて…爆散しろ』!!!(笑)

・短いお話でしたがオチも含めて本当に爆笑しました!!
本当の戦いはこれからだ!!!(笑)

いかにも『血界戦線』らしいお話だったと思います(お前の『血界戦線』のイメージはどうなっとんじゃと突っ込まれそうですが、漫画の一面を端的に表したお話だったという事で…)

・次回掲載は7月発売の新増刊の予定…ということでちょっと先なので寂しいですが、本格始動への助走期間と考えて楽しみに待ちたいと思います。
その間は既刊を読み返したりアニメを堪能します!!


『血界戦線-Wacky Jive in HL-』

少年ジャンプ 2015年4月27日号少年ジャンプ 2015年4月27日号
(2015)
集英社

商品詳細を見る


『血界戦線』出張版が掲載されている週刊少年ジャンプ20号を買ってきました!

ずっと『血界』の為に「ジャンプSQ.19」買ってた人間が言うのもなんですが、この齢になって「週刊少年ジャンプ」を買う事になるとは思わなかったよ…。
でも「SQ.」掲載の出張版からそれほど時間もたたずに新作が読めるなんて嬉しすぎです!
ほんとアニメ化様様です。(内藤さんは大変だったと思いますが…)

・今回掲載分はセンターカラー20ページの読み切り作品。

いきなり頭に変な胎児っぽい魔獣が浮かんでる容器をつけられ、空中にほっぽり出されるレオから始まるお話。

実はこの魔獣は堕落王フェムトが暇つぶしで産みだした新生物で、6時間6分6秒しか生きられないが、その間は異界人界老若男女有象無象生きとし生けるものは全て手あたりしだいに食べてしまうという代物。
更にその間に爆発的に成長し、倍々ゲームで進化するらしい。
フェムトの都合で夕方までにこの騒動は終了する事が決まっているが、その間に地球人口が10分の1に減ってしまう可能性も無くはない。

クラウス達「ライブラ」はこの地上の危機に立ち向かうが…。

・初読みの読者の為に、異様な街で繰り広げられる“日常系”バトルアクションという『血界戦線』という作品の雰囲気とノリを端的に伝えるお話になっています。
特にたった1Pで「技名を叫びながら殴る漫画」を体現する(ザップ以外)全員が技を繰り出す場面は見事と思ってしまいました。

オチは結構強引ですが(ネタバレのため文字色反転:多分、クラウスが非常に生々しく魔獣をくりぬいてしまった為にその断面を見て食いしん坊の魔獣たちは一気に食欲を無くしたために無事タイムアウトし、助かった)ザップとレオのやりとりといい、うんうんこれこそ『血界戦線』だよね、と。

週刊誌はあっという間に買えなくなってしまうので、このアニメが盛り上がってる時にリアルタイムで読みたい方はお早めに…。


『血界戦線-大脱走ハンドカフス-』前編

今日はアニメ『血界戦線』の第1話放送日!
そして漫画『血界戦線』が掲載されている「ジャンプSQ」5月号を買ってきました!

ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2015年 05 月号 [雑誌]ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/04/04)
不明

商品詳細を見る


・今回は放送直前の雑誌発売ということで結構アニメ『血界戦線』の情報が掲載されています。
内藤先生とアニメのキャラクターデザインを担当された川元利浩さんとの対談が結構読み応えありますよ~。


・出張版、ということでページ数は少なめ。
しかしこの話の続きは次号6月号に掲載されるとの事。ちょっとした連載です。

・突然始まるヘルサレムズ・ロットで放送されている通販番組。
そこで売られている「超高度魔術付帯式絶対安全手錠☆」で繋がれているのは何とザップとチェイン!!

拘束された二人は運び屋に訳もわからないまま連れ去られてしまうが…。

・通常、このような場合は好きを見てチェインが手錠から脱出し、手錠を外すなり壁をすり抜けて助けを呼ぶなりする状況。
しかし、ある意外な理由で彼女は現在弱体化中。ステルスと質量希釈まではできるものの、壁抜けのような集中力のいる能力の使い方は全くできない状態。

一方のザップも運び屋に血液がサラサラになる注射を打たれていていつものように血を刃にする事ができない(固めても乾き方のボンド程度の硬度)

どうしてそのようになってしまったのか、一切の説明はなし!
ただ、ほとんど何もできない状況で異界へと運ばれるという、とんでもないピンチであるという事だけははっきりしている…というところでこの回は終わり。次号に続きます…

・この回からセカンドシーズンということで、違う雰囲気の話にシフトしていくのかと思いきやノリはいつも通りでした(笑)
犬猿の仲の二人が手錠でつながれてるという状況で行われるやり取りが非常に面白い。
同じような雰囲気の仲のザップとツェッドの会話とはまたちょっと違いますね~。

体調が悪いといわれて突然額に手を当てて熱の有無を確かめようとするザップの天然行動がちょっと微笑ましい。
そしてチェインに能力が使えない日があるというのは…ちょっと納得してしまった

・尚、この話の続きは次号の「ジャンプSQ.」ですがなんと「週刊少年ジャンプ」No.20号にも出張版が掲載されます。
ますます見逃せない!!!


『血界戦線-妖眼幻視行-』Chapter5

今日はアニメ『血界戦線』の放送10日前です!!
アニメ化が発表された時はまだまだ先の話…なんて思ってたんですが何だかあっという間でした。
(もう2015年も3カ月目が終わろうとしていることも恐ろしいですが

月始めの頃は10日前になったら久々に10カウントダウンなどしながら作品について語ってみようかなーんて思ってたんですが、あれよあれよと時間が経過し、結局何の準備も出来ないままこの日を迎えてしまいました…。
ちょっと情けないですが(^^;

とはいえ、文章書くのが遅い私がこれから何か用意するのもなかなか難しいので、とりあえず(?)『血界戦線-妖眼幻視行-』Chapter5の感想でお茶を濁そうと思います。


連載始まって以降、最も長い物語と「妖眼幻視行」でしたがそれもこの回で遂に完結。
またしても雑誌発売から時間が経ってからの更新となってしまいました。本当ならこの感想ももっと早く書いておきたかったんですけどね…(^^;


※一回更新したんですがちょっととっちらかってたので書きなおしました。

プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ