desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

相棒season13 第19話「ダークナイト」  

相棒season13最終回「ダークナイト」の感想です。
とはいっても、ドラマの内容には詳しくは触れていない、自分の中の頭の中を整理する為のもののような内容になってます。

そもそも本当ならばこの文章は最終回、少なくても1ヶ月までには書いておきたかったものではあるんですが、だらだらとしている間にこんな時期、あと2ヶ月で新しい相棒を迎える新シーズンが開始する、現在になってしまいました。

季節がめぐるのはあっという間です。年々早くなっているように感じる。

…それは兎も角、あくまでここで感想を書いて行く事は自己満足なので別に改めて書く必要は無いのですが、新シーズンが始まる前のけじめとして、やっぱり書いておこうかなーと思いました。

あの最終回を見て唖然としながらも、やっぱり来シーズンが楽しみと感じているところを見ると私はまだまだ『相棒』が好きだなーと思うので(感想を書くかどうかはまた、別の話ですが…)。


なお、最終回だけいきなり日付が飛びまくっているのが個人的に気になるので、日付は最終回放送日翌日にわざと修正してあります。(実際に書いた日は2015年8月14日です)

それとこの感想を書く前に最終回はあえて見ていません。やっぱり未だにもう一度見るには勇気のいる回なので…。

更にこの感想は、最終回当時のメモに基づいて書いていますので、もしかしたら本当の内容とずれた事を書いているかもしれません。
そちらをくれぐれもご了承ください…。
スポンサーサイト


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



相棒season13 第18話「苦い水」 

・『相棒13』第18話「苦い水」の感想です。

・久々に議員の片山雛子登場!!…ということで社会派ドラマな展開になるのかしらと思いきや、意外や意外。
彼女の過去が垣間見える少しほろ苦いお話でした。

・片山雛子議員は世間的には清廉潔白な人物とみられ、その美貌とはっきりとした論説で人気を博し、若手ながら初入閣も目前で、将来日本初の女性総理になるのではないかともいわれている人物。

しかしその実態は、様々なところに自分の情報元を持ち、たとえ事件の渦中にあろうとも情報を駆使して自分に不利な状況を巧みに隠蔽し、むしろ自分に有利な材料とする恐ろしい女(それが亡き父親の不正であっても自らのイメージアップの為に利用する事も厭わない)。
今回も強権を発動して事件を事故で終わらせようとしたり(ただし、これはかなりうがった見方だけど右京に事件を追わせる為だったようにも思う…)、自分と瑕疵のある人物と結婚させて陥れようとしていた先輩女性議員に対して「残念ながら顔も実力も私の方が上です」と大上段で切り捨てるような驚愕の台詞を平気で吐いたりしています。

右京に立ちはだかる「敵」となった人物はこれまで数々いましたがその中でも彼女は屈指の「強キャラ」です。
しかし、今回の話で明らかになった彼女の少女時代は今の姿からは想像できないものでした。


・過去の雛子は父親から自分の地盤を継ぐ事を期待され、その重圧のせいもあってか自分に自信が持てず、勉強はできるがクラスメイトからの支持を得る事ができず生徒会長選挙に立候補しても当選した事がない、暗くて地味な女の子でした。

そんな彼女を変えたのは今回発生した事件で謎の死を遂げた饗庭。
饗庭は雛子に自分が美しい事を気付かせた男でした。やがて雛子は自信を持ち、外見はガラリと変わり、それに伴って性格も明るくなって学校でも注目される存在へと変化したのです。

しかし、雛子の幸せは長くは続きませんでした。
饗庭は浮気性な男で、雛子以外の女の子とも付き合っていたのです。
生徒会選挙に勝つため、自分のライバルの情報を探っていた彼女は偶然この事実を知り、その際に撮れたスキャンダル写真を使ってライバルと不実な恋人の未来を葬ったのです。

周囲に情報網を敷き、得た情報を「有効に」使い、自分に不利益をもたらすものは簡単に切って捨てる。
冷徹でしたたかな「片山雛子」はここに誕生したのです…。

・過去の経験から男嫌いとなり、今回のラストでは「日本国国家と結婚する」と豪語するに至る雛子ですが、饗庭との初恋の思い出はほろ苦くても彼女にとって非常に「大切なもの」だったように感じられます。

“可愛げが無い”彼女が一人チョコを食べる時間(饗庭とデートした思い出。また、彼はかつてチョコレート職人を目指していた)を大事にしていたり、饗庭との関わりを示唆するチョコレートの箱を持ち歩いていたり…(箱は事件解決のために必要だったがずっと持ち歩く必要までは無かったと思う)。
事件が解決し、箱が帰って来た時、開けた蓋を再び閉じるシーンは彼女が「大切なもの」を仕舞うようにも見えました。
号泣していた少女時代の雛子は、現在の彼女の心境のようにも思えます。
その姿を見た時はちょっと切ない気分になってしまいましたよ…。


・最初の方にもちょこっと書きましたが、今回雛子は相変わらず強権を発動し、右京にも冷たい態度をとり続けていましたが、そうする事でかえって右京を深く事件に興味を持たせ、真相を明らかにしようとしていたようにも思います。うがった見方かもしれませんが…。

・全く雛子らしからぬ行動が数々あるストーリーではありましたが、非常に面白かったです。
完全無欠で挫折を知らないように見えた彼女にあった“古傷”は、彼女の強さを裏付けているようにも思います。
片山雛子の素の一面を描く事でキャラクターが膨らむ、いいエピソードでした。

雛子は自分の言葉通りこれからも駆け上がるのでしょうが……『相棒』なので何が待っているのか判らないのが怖い(笑)
彼女にはいつまでも右京が勝てそうで勝てない「強敵」で在り続けて欲しいものです。

・それにしても饗庭という人物も不思議な人物でしたね。
浮気性なナンパ師だけど変に「いい人」なところがあって何となく憎めない。

偶然手に入れた雛子の婚約者候補の秘密を自らの利益の為に使わずに、自分を陥れた上に振った雛子にすんなり提供。
彼女の事を今でも大切に思っているような感じもする。
結局、悪い人物ではなかったんですよねー。
とはいえ、こんな浮気男に真剣になってしまって悪戯のつもりが死なせてしまった「犯人」のことは非常に気の毒なのですが…。


・次回19話は今シーズン最終回。そしてカイト君がついに卒業してしまいます。
予告から非常に不穏な空気が漂っていますが…。
願わくばカイト君が大怪我したり、殉職したりってのは悦子さんの為にも無しにして欲しい!!





相棒season13 第17話「妹よ」 

・『相棒13』第17話「妹よ」の感想です。


・毎シーズン登場するのが楽しみな陣川警部補の話。
今回はなんと!妹の存在が明らかになりました!!

妹の美奈子は企業から依頼を受けて人材を探すヘッドハンター。しかも結構有能な人物。
彼女が突然姿を消した事から、ある犯罪と不正が明らかになります。

・美奈子さんのキャラクターはまさしく「この兄にしてこの妹あり」

よく言えば一本気、悪く言えば融通が利かない。
そのあたりは恋愛面にも表れていて、思い込んだら一直線。しかもかなり惚れっぽい。
流石人川君の妹といわざるを得ない(笑)
また、変に行動力がある所や(結局捕まっていた犯人から自力脱出、次に狙われてたお宅に自ら突撃)情報収集に熱心なあたりも似ている。

ただし、兄が優秀な捜査一課の刑事のふりをしている事を理解しながら、その嘘にのってあげてるあたり、妹の方が兄より少し“大人”といっていいキャラクターかもしれません。

・妹の存在も面白かったですがストーリーも「へッドハンティングがらみのトラブル?」→「美奈子がヘッドハントした人材宅で起こった窃盗」→「実は社長による自社利益の為の情報漏えいが発覚」、と二転三転し非常に面白かったです。

それにしても何で目立ってんだろうと思ってたあのおばちゃんが犯人だったとは…。
シュレッダーされたゴミから情報を得ていたというのは、そんなアホなと思いながらも、それを実行する技術と根気のある人は存在する以上、有り得ない話ではないのかもしれない。
それでもアホなと思うけど。

・あのおばちゃん、捜査を気にして右京さんをつつきにいかなえれば事が露見する事は無かったかもしれないね…。
(だからこそ怒ったんだろうけど)

・ところであのおばちゃんが犯人だと露ほども思わなかったので、情報が漏れ、窃盗に利用されているとわかった時、てっきり情報を盗み出しているのは美奈子さんが惚れたあの男の人が情報漏えい・犯罪利用の主犯なのかと思ってしまいました。
「許せない」といわれた事に対して嘘の理由を言っていたのかと…。

・本当に便利に使われている米沢さんが遂に自覚。
「米沢守、都合のいい男…」

でも、本当に便利に使い過ぎ!!右京さんは本当に感謝しなきゃいけないと思う。

・今回妹が登場するので陣川君の恋愛系話は全くなしなのかと思いきや、美奈子の勤める会社の女社長に対して好意をもっているという流石な展開。
陣川公平、お約束を守る男…。

でも、勿論…といっては可哀想かもしれませんが今回の恋も彼女が不正に手を染めていたという事が発覚しておジャンとなってしまいました。
あの社長さんは何回か食事に言ってたらしいし、ちょっとは脈があったんでしょうかね?

個人的にはカイト君どころか右京さんまで部下扱い(?)した事に対する罰があたったんじゃないかと思わないでも無い(笑)

・とりあえず、今回も花の里で酔いつぶれて終了!!
本当に陣川君はお約束を守ってくれる男です。大好きだ―!!!!

今回の話は、ストーリー自体の面白さもさることながら陣川君らしいエピソードいっぱいで観てて非常に楽しかったです。



相棒season13 第16話「鮎川教授最後の授業」解決編 

・『相棒13』第16話「鮎川教授最後の授業」解決編の感想です。

・「人を殺してはいけない理由」という完全に答えがあるわけではない命題を提示し、その答えに納得しない事で人を殺す事を行おうとした鮎川教授。
しかし、事件は教授の身の回りをしていた女性・黎子が教授を射殺するという予想外の展開で幕を閉じる。

銃は教授から黎子にあらかじめ護身用に渡されていたもの。
狩猟を趣味とし、多くの動物を射殺してきた教授が動物たちから復讐される事を恐れて…というおおよそ生前の教授らしからぬ理由で渡されていたものだった。

教授は及第点の答えを出せない生徒たちの解答を理由に殺そうとしたのは黎子だった。
殺意を向けられ、それに対して黎子は自らの身を守った。つまり正当防衛で教授は殺された事になる…。

しかし、右京の捜査で黎子が実は教授と大学時代の同級生との間にできた子供である事が判明する。
鮎川は子供ができた時、彼女に堕胎するよう迫ったが相手は納得せずそのまま別れてしまっていた。
その女性は鮎川に内緒で黎子を産んだ。

黎子は自ら鮎川に連絡を取り近づいていた事から、彼女は父親に胎児の頃に殺されようとした事に対する「復讐」を考えていた節がある。一方、鮎川も真実を知り、黎子の周辺に彼女が復讐を果たせるような様々なものを用意して(今回の教え子たちを読んで行った事もその一環)、彼女に殺されるのを待っていたようである…。

黎子が銃を撃った瞬間、彼女の心に宿ったものは一体何だったのか?
殺される事に恐怖した「正当防衛」か?復讐のための殺意か?


・開幕は大げさであったものの、その端緒にあるのは「親子の間に横たわる感情のもつれ」だったいう比較的ありがちともいえる「事件」。
しかし、ストーリー上最も重要なのは鮎川を撃った黎子に「殺意があったか無かったか」という事。
それを証言できるのは撃った黎子本人だけといっても過言ではない。

右京はそれに対し「殺意はあった」ということを黎子に肯定させる事で、一種彼女の背負う重荷(彼女は善良な人だったので、法的には正当防衛として罪に問われなかったとしても、やがて罪の意識にさいなまれる事は目に見えている)を一旦下ろさせたとも言える。

正直、彼女の証言があった所で検事は公判は維持できない。
例え裁判になったとしても、証拠不十分で不起訴になるか、正式に正当防衛と認められ無罪となる可能性が高い。
そうなれば彼女にはどうどうと「あれは殺人では無かった」という根拠が与えられる。
納得できれば黎子は新たな人生を歩む事も可能なのだ。

右京があまりにも厳しいとも言える「断定」を行ったのもこの辺りに理由があったのではないかと思う。
「正義」のもとに行動しつつも、彼女の心の苦しみを解消する事を第一に考えたのではないかと…。

・無いかもしれない殺意をあると断定する事は右京なりの優しさとも言える。
しかし、本当にそうなのでしょうか?美彌子は右京の言葉が彼女の心理を決定づけたのではないかという事をいいますが、まさしくその通りで本当は殺意なんか無かったのかもしれない。あったのは殺されるという恐怖だけだったのかもしれない。

そうであった場合、右京がやった事は犯罪者の心を操り、都合のいい方に結論付けただけとも言える。
本来ならば自分自身が気づかなければいけない部分を他人がやっていいのかと考える事も出来る。

今回のお話は事は単純そうに見えて色々と考えさせられる。そんなお話でした。

・そして今回のお話は兎も角…悦子さんがみまわれた災難(といっていいものか)が本当に辛い。
なんでそーなるかな…。

悦子さんって出番はそれ程多いわけではないけどそれでもいい人なのが判る。
子供の命どころか、自分の命さえ危険な状態なのに一番心配なのは、享と彼の父親峰秋との仲の事なんですよね…。

『相棒』って結構酷な展開があるので非常に怖いんですが、できれば享と甲斐次長が仲直りして、悦子さんと子供も助かって、カップルがハッピーエンドを迎える展開であって欲しい…。
そういう甘いものを『相棒』に望まない人もいるかもしれないけど、これだけは叶って欲しいと切実に思ってます。

・来週の放送はお休み。
次回はまっていました!!今シーズン初の陣川君の出番です!!

どうやら妹さんが登場?彼女も一筋縄ではいかない人なのか?
今シーズンの結末も気になるところではありますが、ひとまずは次回の放送を楽しみにしています。


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



相棒season13 第15話「鮎川教授最後の授業」前編 

・『相棒13』第15話「鮎川教授最後の授業・前編」の感想(のようなもの)です。

・久々の前後篇です。

・右京は東大法学部時代の恩師・鮎川の古希のお祝いの会に招待される。
初めは乗り気ではなかった右京だが、結局は享の後押しもあり出席する事にした。

その場に集められたのは鮎川が優秀と認めた者ばかり。そのなかにはあの社美彌子もいた。
祝いの会は滞りなく進んだが食事の席で鮎川は不穏な質問を教え子たちに投げかける。

「何故人を殺してはいけないのか」と。

初めは鮎川の戯れと思われたが、右京たちは食事の最中に眠りこんでしまう。次に目を覚ますと彼らは地下室に閉じ込められていた…。
鮎川が本気だと知った右京たちは、彼の投げかけた問いを答えつつ、脱出経路を探る。
右京は美彌子の協力を得て、なんとか外部に連絡を取るが…。

・「刑事もの・事件もの」というドラマの性質上、また杉下右京というキャラクター上仕方が無いのでしょうが、右京さんの知人・友人・先生はロクな人がいない…

変人の周りには変人しか集まらないのか??と、思うぐらい右京の恩師・鮎川教授はキレた人物。

「人を殺してはいけない理由」という明確なようでいて、正解も不正回も出題者次第な問題を教え子たちに投げかけてくる。
しかも、右京の推測によるとどのような答えを提示しようとも“この回答を理由として”兎に角、誰かを撃つ気でいるらしい…。

・正月スペシャルに引き続いて大ピンチの右京さん。
ここは“相棒”甲斐享の出番…なのですが、こちらはこちらで「恋人の妊娠」というおめでたい事実が発覚。
享は大いに喜びますが、そのせいで右京からのSOSを受け取り損ねてしまう、という擦れ違いが発生してしまいます。

しかも、米沢さん(休日であろうとも右京からの電話と知ると思わず出てしまういい人)のお陰で事態を察知できたものの、肝心の右京たちの身柄は別の場所に移されてしまっていた為助けられず。
享は果たして右京たちを見つける事ができるのでしょうか?…と、言うところで次回に続く。

・監禁されたメンバーに右京と社美彌子という非常事態に才能を発揮する二人がいるので、なんか結局助けが無くても脱出してしまいそう(^^;…なんて思ってしまいますが、ここは是非とも右京の相棒であり、弟子でもある享に自力で右京の元にたどり着いて欲しいところ。

・しかし、一方で妊娠した享の恋人・悦子に不穏な雰囲気が。
どうやら悦子の身体にあまりよくない事が起きているみたいなんですよね…。

享『相棒』卒業でもある最終回にむけて色々ブッ込んでくるなー。私できれば、あのカップルには幸せになって欲しいんですが…。(だからカイト君にも大怪我しないでほしい)

・右京と美彌子の即席“相棒”はピンチな事もあり、非常に息が合っているように思う。
世間で言われているように彼女が新しい“相棒”である可能性もあるようなきがします。

ただし、お互い頭が良すぎるしプライドが高いので全く気が合わなさそう(笑)

・今回はスピーディーな展開でしたが、笑いどころもちらほら。

個人的に受けたのは、美彌子が右京さんの邸内を探っているのを見とがめられた時使うという「広くて迷った」という言い訳に呆れながらも、思わず使ってしまうところ。
でも、人間とっさの場面ではあれぐらいのことしか言えないかもしれない…。


テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ



プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ