FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

聖闘士星矢Ω 第92話「星矢の本心!偽りからの帰還!」

・今週は何かと忙しかったので結局次回放送日当日の更新となってしまいました。
「聖闘士星矢Ω」第92話の感想です。


・と、感想を書くその前に、前々から気になっていた4月以降の日曜朝6時半の番組内容が遂に発表されました。
多分アニメなんだろうなーとは思ってたんですけど全く予想外の内容。まさかの「相撲アニメ」…。
しかもちばてつやの「のたり松太郎」(アニメタイトルは「暴れん坊力士!!松太郎」)って…。

更に主役の声優はまさかの超大物って!一体誰やねん!!この記事書く為に番組内容検索したらそんな事が書いてあってめっちゃ気になるじゃないですか!!!(笑)
しかも水谷優子さんがヒロインて!懐かしいな!!

…等などと書き出すと次々と脱線していきそうですが、そんな訳で(どんなわけだ)『聖闘士星矢Ω』は2014年の3月末で終了となる事がついに確定いたしました。

1つの番組で2年ってのは長かったな~。
最近は1クール、長くても2クールのアニメを見る事が多くて、あの内容が1年続くだけでも凄い!!って思ってたのにそれが2年目に突入してしまって…。しかも2年目の方がノリノリになってしまったという(勿論、1期目も好きなんだけど)。
誰がこの状態を予想できたでしょうか?

いや、まさか軽い気持ちで書き始めた感想が今まで続いて我がブログの割と大きめなコンテンツになるとは思ってなかったですけど。
今更ながら感慨深い…。

このブログの他の記事にも言える事ですが結構いいたい放題、思うままに書いてる記事でしたので、不快に思われる方もいるんじゃないかと心配なんですがここまでくれば、もう最後まで突っ走るしかないと思っています。
1年目ではもう終わりと思って走ってたらまだ半分だったと言う事でひるんだりもしたんですが、今回は完全に終わりが見えてきたので、出来ましたら最後までお付き合いいただければと思います。

よろしくお願いいたします。


・女神の対決に一応の決着がつき、戦いは女神の守護者、星矢とタイタンの戦いへ。
しかし、この戦いは別の性質を帯びる事になります。

そう、愛する女性を守る為の戦いへと…。


・伝説と呼ばれる聖闘士でもある星矢はこれまで年長者として。聖闘士達のリーダー格としての振る舞いを続けてきましたが事ここに至って、神に命じられたわけではない、自分の意志で沙織を守るために戦っているという本心を明らかにします。
星矢はこれまで神と人という立場を超え、一人の愛する女性としての「沙織」を守る為に戦っていたのです。

星矢はここでもっともらしい沙織に対する恋愛感情は公言しません。
でも、そこがいかにも星矢らしい…。あえて言わないところに、沙織を一人の女性として尊重してる部分が感じられてより彼女に対する愛情を感じるような気がします。

「(自分が)アテナ、アテナ言ってないと下の者に示しが付かない!」と言い切っちゃうところも良い(笑)
自分の本心を明らかにした時には言動も13歳の頃の星矢を彷彿とさせるものになっていて、ああ、やっぱり星矢はこうでなくっちゃいけないなーとも感じました。
(勿論、1期や2期でも所々で見られた神々しい「聖闘士の鑑」のような星矢もあれはあれで好きなんですけどね~)

そして、タイタンはそんな星矢の人間らしい言動を嘲笑するどころかすっかり共感してしまします。

今のタイタンの立場はまさしく、星矢と同じ。
彼もまた一人の女性を守る為に戦おうとしている。

星矢とタイタンの戦いは神々の代理人同士の戦いでは無い。一人の女を守りたいと願う、男同士の戦いとなりました。

贅沢を言うならばこの戦いを丸々一話分使って見たかった…。
それぐらい二人の戦いは短時間でしたが見ごたえのあるものになっていました。
でも、話の展開上長い時間がとれるわけではないので仕方ない。でも見たかったな~(笑)


・タイタンの行動を見たパラスが本当の愛に立ち返り、アテナとも和解。
でもこれでめでたしめでたしとは終わらない。

本性を表したエウロパ(何と新刻衣で登場!!お前も羽が生えるのかよ!!)が、ウロボロスの蛇を使ってアテナとパラスの力を一気に弱体化させ、その場に駆けつけた昴を真の姿へと導く。

この時エウロパは遂に真の主の名を口にします。
その名はサターン!!

…って、クロノスじゃねーのかよ!!!

そりゃあサターンはローマ神話の農耕神サトゥルヌスの英語読みで、サトゥルヌスはギリシャ神話のクロノスと同一視されてるから予想と大きく外れてる訳じゃないけど…。
ここに出てくるサターンは時の神のクロノスも混ぜ込んで作ってるキャラクターっぽいし、今更『聖闘士星矢』で神の設定に対してツッコミ入れるのも野暮かとは思うけど。…でも、突っ込まざるを得なかった。


・ついに“真の主”サターンが復活してしまいました。
昴は一体どうなってしまったのか?そして今後の戦いの行方は?

残すところ今日の放送を含めて後5話となってしまいましたが、冒頭にも書いた通り最後まで付き合っていきたいと思ってます。
[ 2014/03/02 00:40 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)

聖闘士星矢Ω 第91話「アテナとパラス!女神の決戦!」

・聖闘士星矢Ω第91話の感想です。


・ついに沙織とパラスは対決の時を迎えた。
神話の時代、アテナが人間側についたことで自分が見捨てられたと感じ、再びアテナの愛を得ようと人間を滅ぼそうとしたパラス。地上の人々を守る為、パラスをやむを得ず倒したアテナ。
沙織は何とか話し合いで説得を試みるが、パラスにはその言葉は届かない。

意を決した女神たちは、聖衣と刻衣を纏い最後の戦いへと突入する!


・沙織VSパラス戦が遂に開始!!
OP見てた時から思ってたけどやっぱり女神たちの聖衣と刻衣姿はかっこいいですね…。


・それにしてもパラスは業が深いというかなんというか…。
「愛」の女神ではあるんだけど、彼女の愛はあくまで姉と慕う女神に対する一方通行な思い。
決して万人に向けられる慈しむ心では無い。それどころか利己的な恋愛感情にも近いものでした。

それゆえに、アテナが愛する人間に憎しみを抱いて害悪を為し、ついにはアテナによって命を断たれてしまった…。

この時のアテナはそうするしか彼女を止める術はなかったのでしょうが、この事でパラスのアテナに対する執着が強まったようにもみえるのですが…。


・恐らくなにもなければ、パラスは戦女神であるアテナに勝てなかったでしょう。
しかし、あの方(って、もういい加減名前言おうよ…と思ってしまう)が作り出した鎧と剣を纏い、アテナから生命を奪い続けてきたパラスは一時はアテナを追い詰める。

でも、迷いを抱きながらも結局は自己の欲望を優先してかなえようとしてるパラスが、多くのもの(地上の人々、自分の為に命を賭けてくれる聖闘士達)を背負い、迷いがないアテナに勝てるわけがないんですよね……。


・常々、星矢にパラス殺しを任せたのは人選ミスだと思ってたんですがここの部分にフォローがありました。
沙織はパラスの復活を知りながらも、彼女の命を断つ事に迷いが生じた。星矢は沙織の苦しみを知り、彼女に何も告げず神殺しの短剣を握って行ってしまった。沙織をそれを知りながら止めなかった…という。

パラスを殺す事は星矢の一存だったわけですね。
まあ、沙織は星矢の性格を熟知してるでしょうに知ってたのに止めなかったって言うのもちょっと罪深いな~と思ったけど(お陰で星矢は苦しむ事になったわけだし)、人選ミスで今の事態になったわけではなかった事が明らかになったし、理由も納得でないわけではないからこのフォローは入って良かったかも。


・ここにきて神々の戦いに割って入る事に躊躇する昴。
らしくは無い言動ですが、自分の中に得体の知れないものがいた事を知った今となっては致し方が無い…。
(自分の実力もそいつの力あっての事なのかもと思ってる?)

でも自分たちの行く末が知らない間に決められたくない光牙達は決して歩む事をやめません。

神の意志では無く、自らの意志で未来を繋いでいこうとしている若者達。彼らこそ、女神アテナが信じる「未来の人類」の姿であると察せられる一場面。


・パラスは追い詰められ、アテナが止めを刺そうとした時、それを止めたのはタイタンでした。
彼はもう本物の主の為に戦うのではない、真のパラスの尖兵「パラサイト」として女神を守ろうとしていました。

そして、沙織の遺志を尊重し今まで沙織がピンチに陥っても見守り続けてきた星矢も遂に動く!!

聖剣を投げ捨て、刻衣を纏うタイタンに対し、星矢のサジタリアスの聖衣も変化しました。
まあ、この場面が燃える燃える!!
これは星矢の小宇宙の高まりに応じて光牙達のように聖衣が変化したと言う事?ハービンジャーが「神の血を受け…」って言ってたから神聖衣何でしょうか?
まあ、どちらでも良くなるほどかっこ良かったです。

次回は星矢VSタイタン。
「星矢の本心!偽りからの帰還!」というタイトルが意味深ですが、何はともあれこの対決非常に楽しみです。!!
[ 2014/02/16 16:01 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)

聖闘士星矢Ω 第90話「牡牛突進!到達、パラスの間!」

・「聖闘士星矢Ω」第90話の感想です。


・遂にパラスのいる玉座にたどり着いた沙織達。
しかし、そこにはパラスと最後の四天王であるタイタンが待ち受けていた。

いきなりの先制攻撃を仕掛けるハービンジャーだが、その一撃はタイタンにいとも簡単に止められてしまった。
自分の敵を星矢と見定め、ハービンジャーを相手にしないタイタン。

そこでハービンジャーは自分が預かるアテナの聖衣を餌にタイタンと一騎打ちの勝負を挑んだ。


・まさに牡牛座の見せ場!!
アテナの聖衣を預かったり、最近の言動を考えるとこれは死亡フラグに違いないと戦々恐々としていましたが、生き残った上で見事にその任を果たしました。

初めて登場した時は「戦う相手の骨が折れる音が好き」という何だかアレな人だったというのに、今回は素直に感動してしまいました。本当に2期目まで生き残った黄金聖闘士達は視聴者の見たいものを見せてくれる…。


・自他共に認める荒くれ者で、高潔な「聖闘士」という存在にはあまり相応しいと思えないキャラクターであるハービンジャー。
しかし突き詰めると彼をそのような人間にしたのは、理不尽な環境と弱さ故に虐げられてきた過去でした。

強くなければ生きていけない。
弱ければ強いものに好きなようにされてしまう。

その事に対する怒りがハービンジャーを突き動かし、戦いの原動力となっていたのです。(勿論、純粋に強い相手と戦う事が好きだと言う事もあるんでしょうが)

このパラスとの闘いはハービンジャーにとっては、理不尽に対して怒りを示す闘いでした。

クズの自分はいい。しかし何故善良な人々が理不尽な目に合わなければいけないのか?
正義を示す為に戦う人々が血を流し倒れなければいけないのか?
神に人を好きなように扱う資格があると言うのか?

ハービンジャーの「理不尽」に対する激しい憤り。その叫びは力となり、倒れそうな足を踏みとどまらせる。
そして聖剣を折り、星矢以外の聖闘士は眼中にも無かったタイタンに一人の武人として認めさせました。


・特に、神に対する人の怒りの部分は、私も感じていた部分でした。
『星矢』世界では神々の尖兵となった人々はどんな理由があれ「神に逆らった」という理由で死後、救いは訪れず地獄に落ちるとされている(ハーデスが消滅してるので、今連載中の『星矢』ではどのような扱いになるのかわかりませんが)。
神に逆らう事はそれほど悪い事なのか?
神がそんなに偉いのか?

それをハービンジャーが正面切って言い切った事に強い共感を感じました。


・また、車田先生の牡牛座の扱いに常々疑問を持っていたので(アルデバランといいオックスといい…)、今回のハービンジャーの活躍は溜飲がさがりました。


・神に対して怒りを示し、生に対して光を見出す。

『Ω』は2期目に入ってから数々の名場面を残してきましたが、今回は一、二を争うすばらしい内容だったと思います。
ほんと、朝っぱらから泣かされるとは思ってもみませんでしたよ。

あと、聖衣を守って死ぬと言う展開にならなくて本当に良かったと思います。(←これが一番に感じた事かも)
[ 2014/02/09 12:01 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)

聖闘士星矢Ω 第89話「目覚めろ!究極のΩ!」

・聖闘士星矢Ω第89話の感想です。


・ハイぺリオンのクロノカタストロフィーによって時を奪われてしまった昴。
すばるを元に戻すため、光牙はハイぺリオンに立ち向かうが、実力差は歴然。ついには聖衣を粉々に砕かれてしまう。

一方、精神世界に閉じ込められた昴はその中で謎の男と出会っていた…。


・ハイぺリオンVS青銅聖闘士。決戦。

時を止められた昴を救う為、ハイぺリオンに立ち向かう光牙達。
しかし、聖剣を失っているとはいえその実力差は歴然。まともに戦う事も出来ず、大事な聖衣さえも砕かれてしまう。

しかし、ここで諦めてしまう光牙達では無い。
ただ「昴を助けたい」と一心は聖闘士達を何度も立ち上がらせ、ついにはハイぺリオンに恐怖を生じさせる。
やがてハイぺリオンが青銅達の小宇宙増大の原因となった昴を砕こうとした時、絆で結ばれた小宇宙は大きな奇跡を起こす!!


と、いうわけで究極の小宇宙「Ω」に目覚めた光牙達は粉々に砕かれた聖衣を新たな姿で復活させ、更にハイぺリオンを倒すことにも成功する(最後の止めは昴でしたが)という流れ何ですが…。

新しい聖衣には「おおっ!!」と、思ったんですがそれまでの光牙達が立ちあがるシーンがしつこいしつこい…。
そして段々と恐怖に顔をひきつらせるハイぺリオンさん…。
何か思わず「さん」付けしたくなるほど気の毒な状態に。

常々ハイぺリオンはたった一人職務に真面目な印象で変な同僚ばっかで気の毒だな~と、思ってたんですが今回はついにキャラが崩れて非常に気の毒でした。黄金のアテナエクスクラメーションで倒されていればこんな事にはならなかったかもしれないのに…。
なんだか主人公側のパワーアップの為に割を喰ってしまいました。

とはいえ、真の主に忠誠を示して自爆しようとしたのは流石でした。
でも、結局昴にやられたのである意味真の主に口封じでやられちゃったような気もしないでもないけど…(^^;


・新しい聖衣はゴテゴテしてるけど、見ててテンションが上がるかっこいいです!皆は羽が生えてるし。
ちょっと神聖衣も意識してるようなデザイン。

でも、聖衣の位置づけとしては神の血を受けてないから神聖衣とはまた違う系統になるのかな(と、原作とは違う派生作品のΩだから厳密な事はいわないんでしょうが)


・ところで昴とその中にいた男(恐らく「真の主」)の対話のシーンを見てると昴はやっぱり依り代のような存在って事なのでしょうか?
最後にその場を去ったようなシーンが入ってたけどあれの意味するところは?

あと、昴の姿に合わせてるからかOPの姿と比べると幼い印象のような気がするんですが、これも後々意味があるのかな?


・来週は遂にハービンジャーの出番。どうやらタイタンと戦う展開になるようです。
遂に年貢の納め時。建てられたフラグが回収されてしまうのか?

もー嫌な予感がして仕方ないんですが、やはり続きが気になるので来週も見たいと思います。

できれば生き残って欲しい…(涙)

[ 2014/02/03 23:55 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)

聖闘士星矢Ω 第88話「残された意志!大いなる聖闘士の教え!」

・都合で『Ω』の感想が続いてしまいます(^^;
『聖闘士星矢Ω』第88話の感想です。


・大きな小宇宙の爆発を感じた光牙達はその場に足を踏み入れる。その場には誰もおらず、ただ壊された聖剣だけが残されていた。

紫龍達の行動の結果を知った光牙達は言葉を失うが、その遺志を継ぎ先へ進もうとする。
しかし、刻衣で守られたハイぺリオンは倒されていなかった。
真の主に対する忠誠の証しである聖剣を破壊されたハイぺリオンはその怒りを光牙達にぶつける。
光牙達もΩの片鱗を見せ、戦うが…


・前話の引きは何だったのか思うほどハイぺリオンが無傷だったので絶望しそうになりました。
紫龍達の犠牲は無意味だったのかと。

いや、それだけハイぺリオンが他の四天王とは段違いの敵だったという事でしょうか。
例え聖剣を失っても、強くなった光牙達でも太刀打ちできないハイぺリオンの力。
タイタンも、彼こそが四天王一の武人と認めています。

ハイぺリオンは真の主が授けた聖剣を破壊された事に怒り、仲間を思いやる心など無駄だと嘯く。
その証拠に、力を合わせた黄金聖闘士達の攻撃も自分には通用しなかったと。

しかし、紫龍達の遺した物を確実に受け取った人間たちが確実にいます。それは光牙達も勿論のことなのですが一番影響を受けたのはなんと、昴でした。


・昴は自分が神となる為に聖闘士となり、強い敵に戦いを挑んできました。
勝てないならば意味がない。どちらかというと元々はハイぺリオンと同じ考え方をしていたのです。
しかし、今の昴は違う。

数々の戦いの中から、他者を思いやる心の強さを受け取り、人間が起こすとんでもない奇跡の数々を目にしてきた。
そして、今の昴は共に戦う事の喜びを知っている!!
今度は自分がその奇跡を起こすと例のとんでもない小宇宙を発揮した昴は、誰も動かす事ができなかったハイぺリオンの身体を動かし、吹き飛ばす事に成功します。

子供っぽい欲から戦っていた昴の成長。これこそが一番眼に見える紫龍達の遺した「遺産」だったように思います。


・しかし、不穏な気配は去らない…。
昴は自分の中から、「その力は私の力だ」と話しかける謎の声を聞き、初めて自分の正体に疑問を持つ。
そして昴の力を危険視したハイぺリオンは昴の刻を止めてしまった。

一方、真の主の復活が近いと感じたエウロパは瞬と氷河の追撃をかわし、変わりに聖衣の破壊者、シラーが姿を表した。
アテナとパラスの対面が近づくと共に、四天王やエウロパ達の計画も着々と実を結びつつある。

そして遂に昴は自分の中にいる存在と対面を果たすようで…!!

一体どうなってしまうんだろう。
物語は着々と終盤に差しかかっていますが、本当に先が楽しみです。
ここのところ、ブログの更新がなかなかできなかったりもしてるんですがここまで来たらこの物語の結末を最後まで見届けたいと思います!!

[ 2014/01/26 11:31 ] 「聖闘士星矢Ω」 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ