FC2ブログ

desert season

KUROの(全く方向性の定まっていない)趣味のあれこれ。

2019年8月の読書メーター 

危なかった!
2月に引き続き更新を忘れるところだった!!

9月も終わろうとしていますが8月の読書メーターまとめです。

8月は2冊。
一冊は怪獣が災害として対処されている世界観を描いたSF。一冊はウルトラマンシリーズのニュージェネレーションヒーローをテーマとしたムック本。

近頃の私の趣味が非常にわかりやすいラインナップ(笑)


8月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:368
ナイス数:39

MM9 (創元SF文庫 )MM9 (創元SF文庫 )感想
自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代を舞台に、対怪獣のスペシャリスト軍団として気象庁内に組織された
「特異生物対策部」の活躍を描くSF怪獣小説。並はずれた苦闘を余所に相手にする“災害”の性質からどうしても非難の的になってしまう職員達の日々を描く「お仕事小説」のような一面を持つ一方、怪獣の存在自体は理屈抜きに存在するファンタジーの産物などでは無く、存在理由が理論的に説明されるSFとしての側面が強い事が印象的(それ故に怪獣に相対する主役が自衛隊では無く自然相手の気象庁の職員というのもさもありなん)。
読了日:08月13日 著者:山本 弘


ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーションぴあ 超大全 (ぴあ MOOK)ウルトラマンタイガ&ニュージェネレーションぴあ 超大全 (ぴあ MOOK)感想
最新作『ウルトラマンタイガ』のグラビア、紹介を皮切りに2013年からスタートした新たなウルトラシリーズのカテゴリー「ニュージェネレーションヒーローズ」を紹介したムック本。作品紹介が中心ですが出演したキャストインタビューにページが結構割かれている。アイテムの設定画やスタッフインタビューも収録。インタビューはウルトラ兄弟とも平成ウルトラとも違う、“今”のウルトラマンを現在進行形で作り上げている人達が感じている責任と強い想いがひしひしと伝わってくると共に今後のシリーズ展開への楽しみも増してくる。
読了日:08月31日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト





テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌



2019年7月の読書メーター 

・またしての1日更新ができなかった…。
2019年7月の読書メーターまとめです!

とはいえ、またしても「まとめ」というのもおこがましい冊数(^^;
ぼちぼち本は読んではいるのですが感想をかけるところまでは中々至らず。お恥ずかしい限りです。

仕事が変わって疲れが出てるのもあるとは思いますが、時間の使い方の下手さがこの結果を招いているような気がします。

昨日からお盆休みです。休み中は『ONE PIECE』の劇場版を観に行く以外はゆっくりするつもりですが、できれば本も読んでいきたいと思います。

7月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:129
ナイス数:39

決定版 全ウルトラ怪獣 完全超百科 ウルトラマンメビウス~ウルトラマンタイガ編 (テレビマガジンデラックス)決定版 全ウルトラ怪獣 完全超百科 ウルトラマンメビウス~ウルトラマンタイガ編 (テレビマガジンデラックス)感想
『ウルトラマンメビウス』から現在の最新作である『ウルトラマンタイガ』の4話までの登場怪獣、宇宙人のデータを掲載。テレビシリーズはもちろんの事、ネット配信、映画、ビデオ作品まで網羅しています。「ウルトラ怪獣」と銘打ちながらウルトラマンの情報も。写真も大きく、パラパラと眺めているだけで楽しい。主な読者対象はお子さんなので平易な文章で書かれているのですが、文字数の関係なのか突如難しい漢字がルビつきで登場したりしていて、改めてこの手の本の文章て実は書くの難しいかも…と本の内容と関係ない部分で感心してしまいました。
読了日:07月31日 著者:



読書メーター


テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌



2019年6月の読書メーター 

・2019年6月の読書メーターまとめです。

・時間の使い方が下手くそで読み始めた本もなかなか本を読みきれず(しかも、今も読み終わってない💦)
結局、過去に読んだ本の感想を書いて終わってしまいました。

しかも『血界戦線B2B』の5巻ですよ!!
もう6巻も出てるというのに(^_^;)

今月はもう少し頑張りたいと思います。

6月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:188
ナイス数:40

血界戦線 Back 2 Back 5 ―My Life as a Doc― (ジャンプコミックス)血界戦線 Back 2 Back 5 ―My Life as a Doc― (ジャンプコミックス)感想
設定上出番は少な目ながら、ある意味強烈なインパクトを持つドグ・ハマーと、ドグとやむにやまれぬ共生関係にあるデルドロ・ブローディを主役とした「獄中の聖者、その中の咎人」。“命を助ける医師であること”を第一義としてしまった為に人であることを捨てざるを得なかったルシアナの矜持を描く「My Life as a Doc」の二編を収録した第五巻。自分の感情や意志よりも周囲の人間の感情や意志を第一に受け入れる。余りにも無垢すぎて、この人物は本当に人間なのか?と、思わず心配になってしまうドグ・ハマーの性格が浮き彫りに。
読了日:06月30日 著者:内藤 泰弘

読書メーター


テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌



2019年5月の読書メーター 

・2019年5月の読書メーターまとめです。

・「5月はゴールデンウィークもあるし楽勝♪」なんて思ってたんですが、結局ゴールデンウィーク中は殆ど本を読めず…。

更に読書時間をなかなか確保できず(仕事から帰って晩御飯食べたらすぐ眠くなる…)、結局今月もたった二冊だけの登録となってしまいました⤵️⤵️

ただ時間をかけて読んだ『ウルトラマンデュアル』は結構面白かったです!!

続編も近々読みたい。

5月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:635
ナイス数:43

『科捜研の女』コンプリートBOOK (ぴあMOOK)『科捜研の女』コンプリートBOOK (ぴあMOOK)感想
シリーズ放送20周年を記念した『科捜研の女』のムック本。主人公である榊マリコを演じる沢口靖子さんと、彼女の良き“同志”である土門薫を演じる内藤剛志さんをはじめ、彼女らの脇を固めるレギュラー俳優陣、プロデューサー、監督、脚本家、作曲家のインタビューや対談。シリーズ211話の紹介に、キャラクター紹介。ドラマの見所の一つである鑑定シーンで使われている道具の解説等々、昔からのファンから最近『科捜研』を観始めた人まで楽しめる一冊。鑑定道具は撮影用の“嘘”はあるとしても実際の鑑定に使われている物である事に驚き。
読了日:05月03日 著者:
ウルトラマンデュアル (ハヤカワ文庫JA)ウルトラマンデュアル (ハヤカワ文庫JA)感想
M78スペース(ただし地球にウルトラマンどころか宇宙人・怪獣も現れたことがない)をベースとした世界。地球を侵略するヴェンダリスタ星人とそれに相対する光の国の戦士。その狭間に立った人類は中立を宣言しその陰で光の国の聖女ティアが“侵略”した光の国の「飛び地」と密かに飛び地に渡り、ウルトラ化した人間たちを支援する。苦しい立場に立った人類の選択と様々な戦いを描く物語。“デュアル”とは地球と光の国、二つの国籍を持つ者の意。異なるものを爪弾くこと無く共に歩む、否応無く新時代を迎えた人類が侵略者に対して出した“答え”。
読了日:05月31日 著者:三島浩司

読書メーター


テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌



2019年4月の読書メーター 

・2019年4月の読書メーターまとめです!!

・4月に転職し、慣れない仕事で気疲れするからか、帰宅して一通りの事をしたらすぐに眠くなる生活。
そのせいで張り切っていたにも関わらず4月はいきなり失速してしまいました(T_T)

電車通勤では無くなったので本を読むまとまった時間が取れなくなってしまったのも痛いです。
唯一読んだ一冊も年号が変わるギリギリでようやく読了(^^;

来月はできるだけ上手く時間をやりくりして読書時間を捻出したいです。

・今月唯一読めたのは円谷プロと早川書房のコラボ企画である「TUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE」の一冊。
『ウルトラマン』に登場する「巨大フジ隊員」というネタを大いに膨らませついにはウルトラマンにしてしまった奇想天外な作品。

一歩間違えば色物っぽくなりかねない題材をとりつつ、「ヒーローとは出自ではなく行動」であることが非常に真っ直ぐに提示されて
いたように感じます。
結末から「ウルトラマンF」そのものの登場は難しそうですが、小林先生にはまたウルトラマンで書いて欲しいなーと感じてしまいました。


4月の読書メーター
読んだ本の数:1
読んだページ数:334
ナイス数:37

ウルトラマンF (ハヤカワ文庫JA)ウルトラマンF (ハヤカワ文庫JA)感想
ウルトラマンが地球を去った後、各国で怪獣や異星人に対抗するため新戦力の開発競争が勃発。科特隊の井手がメテオールの実用化に成功する一方、某国では非人道的な方法で人間を巨人兵士化する技術が生み出された。そんな最中、かつてウルトラマンだった早田に施された実験中に事故が発生。それに巻き込まれた富士隊員は以前メフィラス星人に操られた際同様「巨大富士隊員」の姿になってしまう。富士隊員がウルトラマンになる奇想天外な物語。しかしマルチバースの導入で広がり続けるウルトラの世界においてはこれもまた存在しうる世界でもある。
読了日:04月30日 著者:小林 泰三

読書メーター


テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌



プロフィール

KURO

Author:KURO
漫画家・内藤泰弘さんファンのKUROがお送りする趣味に関することを色々書いているブログです。不定期更新。

主に「ジャンプSQ.」「ジャンプSQ.クラウン」掲載の『血界戦線』の感想で構成されています。

『血界戦線』は次回掲載までに更新が目標です。

※現在更新停滞ぎみです…。アニメ『血界戦線』第2期までには調子を戻したい…

コメント、ブログ拍手ありがとうございます。
返信はかなり遅いので、ご了承ください。

image2.jpg

twitterやってます。
http://twitter.com/kuro_no

月別アーカイブ